[CeBIT2017] ドローン・ロボット・VR! – 世界最大級のIT見本市・CeBIT – Day1 #cebit17

cebit_logo

はじめに

IMG_6120

世界最大級のIT見本市・CeBIT情報をいち早くお届けする、CeBITシリーズ

このシリーズでは、いち早く皆さんに会場の様子をお届けしたいと思います。

ここまでの CeBIT シリーズ

安倍・メルケル両首脳

abe-merkel-2017

今朝、安倍・メルケル両首脳が会場内を巡回されました!

CeBITは両国にとってとても大事なイベントです。

今日のポイント

本日は、ドローンの他、ロボット・VRのブースを回りました!

VR meets センサー付きグローブ

RIMG0658

はじめにご紹介するのは、センサー付きのグローブを使ったVRデモのブース。

Manus VR という製品です。

参考:Manus VR | The Pinnacle of Virtual Reality Controllers.

グローブ型センサーと、手首につけるセンサーで、腕や手のひらの動きを検知します。

RIMG0648

ヘッドマウントディスプレイをつけ、VR空間の中に入ります。

デモでは、バーチャル空間の中に、キーボードや、フルーツが入ったスーツケース、コントロールパネルなどが置かれています。

手をキーボードの所に持っていけば、キーを打てます

スーツケースや、フルーツは掴むことができます。

単なる3D空間を見るだけでなく、バーチャル空間の中で、手で物体を掴めるのは、とても新感覚でした!

変形するロボット

RIMG0611

はじめは車ですが…

RIMG0603

徐々に変形して行き

RIMG0604

これが…

RIMG0605

ロボットになりました!

定番の人間型ロボット

IMG_6223

人間型ロボットの展示も。

動き回れるほか、話しかけると、答えてくれるロボットです。

現在の人型ロボットの主流は、コマンドワードをを聞き取って答える(今日の天気は?と聞かれて「晴れです」と答える)レベルです。

しかし、人型ロボットは、ビッグデータや人工知能の進化によって進化していきます。

今後はドラえもんのように、コマンドワードの先にある、ヒトが本当に求めているものを解釈して、最適な提案をするようなレベルに進化していくでしょう。

鳥になれるVR!

RIMG0624

体を傾けることで、前後左右に傾く装置に乗り、ヘッドマウントディスプレイをつければ、そこは別世界!

グライダーに乗り、行きたい方向に旋回できます!

詳しくは、サイトを御覧ください。

参考: http://ready-for-takeoff.net/

今日のランチ

RIMG0597

RIMG0596

今日のランチです!

スープとチキンサラダを頂きました!

まとめ

とうとう始まった CeBIT 2017。会場の広さ、熱気に圧倒されました。

また、私達のブースで、クラスメソッドメンバーズや、アプリ開発に関する展示ができ、とても感慨深いです。

来場していただいた方々の多くから、好感を持っていただけたのは、とてもうれしいことでした。

クラスメソッドがこのようなイベントでブースを構えることができたのは、JETROドイツメッセ日本代表部の方々をはじめ、ここまでお手伝いいただいた皆さんのおかげです。ありがとうございます!

明日も会場からお届けします!