#cmdevio2016 『Developers.IO 2016』追加セッション情報のお知らせ : 木戸 国彦(Elasticsearchセッション)

devio2016_eyecatch

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

DevIO2016_Eventregist_Top

イベント参加申込はこちら

今月2016年02月20日(土)に開催する弊社カンファレンスイベント『Developers.IO』。先日の時点で明らかとなっていなかったクラスメソッド社員によるセッションの追加情報をお知らせ致します。

新規セッション情報

新たにお知らせするセッション情報は1つとなります。本日JOINしたメンバーが早速イベントに登壇致します!

cm-kido.kunihiko Elasticsearch で、自由自在に検索・分析できるようになるためのヒント
いざ、データを Elasticsearch にインデックスしてみたものの、思ったように検索・分析できないで悩んでいることはないでしょうか? Elasticsearch のパワーを極限まで引き出すには、ドキュメントプロセッシングやサーチプロセッシングといったサーチエンジン特有の仕組みを理解して、ドキュメントの解析方法を設計する必要があります。ブログ「Hello! Elasticsearch」では、まだお伝えしきれていない Elasticsearch ドキュメント解析設計ノウハウをご紹介します。
(by 木戸 国彦)

本日2/1付けでジョインした木戸によるElasticsearchのセッションをDevelopers.IOで実施致します。

kido-joined-entry

セッション紹介文で言及されているブログ『Hello! Elasticsearch』はこちら。

hello-elasticsearch_00

Hello! Elasticsearch』内の木戸の記事一覧はこちらとなります。

hello-elasticsearch_01

Elasticsearch、Kibana、Python、Django、自然言語処理等を得意とする木戸のセッション、ご期待ください!

まとめ

以上、クラスメソッド社員による追加セッションのお知らせエントリでした。イベント参加申込は以下のサイトからとなります。皆様の参加申込み、お待ちしております!

イベント参加申込はこちら

AWS Cloud Roadshow 2017 福岡