(レポート) AWSモバイル/IoTサービス徹底攻略!! 「CognitoとMobile SDKでサーバレスプッシュ通知を実現した話」 #cmdevio

aws-mobile-iot-report

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

(レポート) AWSモバイル/IoTサービス徹底攻略!! 「CognitoとMobile SDKでサーバレスプッシュ通知を実現した話」 #cmdevio

橋本です。
11/21(土)に目黒のAWSJにて開催された「AWSモバイル/IoTサービス徹底攻略!!〜Developers.IO Meetup番外編〜」のレポートです!

イベント概要

本勉強会は、基本的な内容のBasic Track、応用的な内容のAdvanced Track、実際に試すことの出来るHands Onの3トラックに分けてAWSのモバイルサービスや、サーバーレスアーキテクチャ、IoTのお話をするというものです。

セッション内容

DSC_0207_resize

クックパッド(株) 小室 直氏さん

RailsやAndroidを担当されている小室さんによる,CognitoAmazon Mobile SDKを利用した 2Tier アーキテクチャーに関するセッションです。

事例紹介

  • Android アプリで一括プッシュ通知を行う
  • プッシュ通知の基盤はできていたので、Androidアプリとプッシュ配信のバッチ処理部分を作成する必要があった
  • 当初の見積もり 30 営業日だったが、実際の日数 6 営業日!
  • CognitoとAmazon Mobile SDKで、Androidアプリから直接AWSサービスを利用することでAPIサーバが不要になった
  • 利用したAWSのサービスはCognito以外にも、Tokenの保存にDynamoDBなども利用した

嬉しかったこと

- Amazon Mobile SDKが オープンソース

今後利用したいもの

  • Mobile Analytics
  • AWS Lambda

今回やらなかったこと

  • Cognito の Tokyo region 対応
  • Cognito パブリックプロバイダ
  • GCM Topic Messaging
  • Azure Notification Hub
  • mBaars

まとめ

Cognito , Mobile SDKの良かった点

  • 実装コストの削減
  • サーバ運用からの解放
  • スケール性能

さいごに

最近よく耳にする、2Tierアーキテクチャーによる事例を紹介してもらいました。一番驚いたことは、 30 営業日が 6 営業日に短縮されたことですね。 少しずつ数が増えている2Tierアーキテクチャーは今後もチェックしていく必要があると思います!