[iOS 8] SpriteKit でミニゲームをつくる #11 ホバリングアクション

iOS8

ホバリングアクション

ホバリングアクションといっても、ただのムーブアクションを組み合わせただけです。。。
ゲームを開始すると、ペンギンが画面外から画面上部から降りてきて、ホバリングします。
それと同時に左右に行ったり来たりします。今回はそのアクションを作ります。

まず、画面外から画面上部に降りてきて出現するところまでを作ります。
とりあえず、「#8 ボタンみたいなスプライトボタン」で作ったボタンをタップしたときに、アクションが実行されるように処理を書いてみます。

    func pinButtonDidTouch() {
        println("pinButtonDidTouch")
        
        let penguin = addPenguinBlock()
        movePenguin(penguin)
    }
    
    func addPenguinBlock() -> SKSpriteNode! {
        let isLandLayer = childNodeWithName("scrollLayer")?.childNodeWithName("isLandLayer")
        
        // ペンギンを生成する。
        let atlas = SKTextureAtlas(named: "assets")
        let penguin = SKSpriteNode(texture: atlas.textureNamed("block_adelie_normal"))
        penguin.position = CGPointMake(-280, 600)
        penguin.name = "flyingPenguin"
        
        // 風船を生成する。
        let balloon = SKSpriteNode(texture: atlas.textureNamed("balloon_small"))
        balloon.position = CGPointMake(0, 80)
        balloon.zPosition = -1
        balloon.name = "balloon"
        penguin.addChild(balloon)
        
        // ペンギンをレイヤーに追加する。
        isLandLayer?.addChild(penguin)
        return penguin
    }
    
    func movePenguin(penguin: SKSpriteNode!) {
        let appearAction = SKAction.moveToY(348, duration: 1.0)
        appearAction.timingMode = SKActionTimingMode.EaseOut
        
        penguin.runAction(SKAction.sequence([
            appearAction
            ]))
    }

ひとまず、ペンギンが出現するところまで作って、座標の調整を行います。
そこまでできたら、上下にふわふわしつつ、左右に行ったり来たりするアクションを作ります。

    func movePenguin(penguin: SKSpriteNode!) {
        let appearAction = SKAction.moveToY(348, duration: 1.0)
        appearAction.timingMode = SKActionTimingMode.EaseOut
        
        penguin.runAction(SKAction.sequence([
            appearAction,
            createBlockMoveLeftRightAction()
            ]))
    }
    
    func createBlockMoveLeftRightAction() -> SKAction {
        var moveDuration = 6.0
        var moveRight = SKAction.moveToX(280, duration: moveDuration / 2.0)
        var moveLeft = SKAction.moveToX(-280, duration: moveDuration / 2.0)
        moveRight.timingMode = SKActionTimingMode.EaseInEaseOut
        moveLeft.timingMode = SKActionTimingMode.EaseInEaseOut
        
        // x軸アクション
        var sequenceX = SKAction.sequence([moveRight,moveLeft])
        
        // y軸アクション
        var sequenceYRepeatCount:Int = 8
        var moveTopBottomDuration:NSTimeInterval = moveDuration / 2.0 / Double(sequenceYRepeatCount)
        var moveBottom = SKAction.moveToY(348 - 20, duration: moveTopBottomDuration)
        var moveTop = SKAction.moveToY(348, duration: moveTopBottomDuration)
        moveBottom.timingMode = SKActionTimingMode.EaseInEaseOut
        moveTop.timingMode = SKActionTimingMode.EaseInEaseOut
        
        var sequenceY = SKAction.sequence([moveBottom,moveTop])
        var repeatSeqY = SKAction.repeatAction(sequenceY, count: sequenceYRepeatCount)
        
        // x軸アクションとy軸アクションを同時に行う。
        var group = SKAction.group([sequenceX, repeatSeqY])
        return SKAction.repeatActionForever(group)
    }

では、アクションができたので、動かしてみます。

stack_penguin_11_01

矢印の方向に動きます。
ふわふわ動いていますが、静止画なので伝わらないと思いますので、
動きを見たい方は、ぜひ「つみペンギン」をダウンロードしてみてください。

次回へ続く。ではでは。

完成品はこちら。つみペンギン
つみペンギン stack_penguin_qrcode

姉妹品はこちら。ペンギン陸上-スプリント-
ペンギン陸上-スプリント- athlete_penguin_sprint_qrcode