Genymotion で Android の超爆速エミュレータ環境を構築する | アドカレ2013 : SP #6

アドベントカレンダー 2013 スマートフォン #6
461件のシェア(そこそこ話題の記事)

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

爆速を超える"超爆速"エミュレータ!

genymotion_eyecatch

最近、巷で話題となっている"超爆速"なエミュレータ環境を構築できる Genymotion を使ってみました。 所感では以前話題となった Intel 製システムイメージを使う方法 (下記リンク参照) よりも速い印象を受けました。

【番外編】Androidの爆速エミュレータ環境を構築する | Developers.IO

起動までも非常に速いですし、動作もサックサクでまさに超爆速!です。
ということでインストール手順から便利な使いかたまでまとめてみました!

動作環境

今回 Genymotion を導入した環境は以下の通りです。

  • Mac OS X 10.9
  • VirtualBox 4.3.2
  • Genymotion 2.0.1

Genymotion を動作させるためには VirtualBox が必要になります。インストールされていないかたは以下のリンクからダウンロードしてインストールしてください。

Download | Oracle VM VirtualBox

Genymotionをインストールする

まずは以下のURLにアクセスし、右上の「Sign in | Sign up」をクリックします。

Genymotion

genymotion01

次に「Sign up」フォームに必要事項を入力してアカウント登録します。Genymotionを利用するにはアカウント登録が必須です。

genymotion02

アカウント登録が完了したら Genymotion がダウンロードできるようになります。

genymotion03

次の画面では自分のライセンスを選択します。今回は無償版を使いたいので「FREE」をクリックします。有償プランである Indie や Business には動画キャプチャ機能や加速度センサ、マルチタッチなど便利な機能が使えるようですね。

genymotion04

こうしてたどり着いた先がダウンロードページです。「Other platforms and versions」の「Mac OS X 64 bits」のダウンロードアイコンをクリックします。本記事執筆時点の最新バージョンは 2.0.1 でした。

genymotion05

ダウンロードしてきた dmg を解凍し、表示されるままに Genymotion.app と Genymotion Shell.app をアプリケーションフォルダに入れてインストール完了です!

genymotion06

エミュレータを起動する

それでは Genymotion を立ち上げてみましょう。

genymotion07

「仮想デバイスがないみたいだけど作る?」といきなり聞かれます。作りましょう。YESをクリックし、次に表示されるのは仮想デバイスのイメージを指定する画面です。まずは「Connect」をクリックします。

genymotion08

するとログイン画面が出てくるので、先ほど登録したユーザー名とパスワードを入力してログインします。

genymotion09

ログインが済むとGalaxy Nexus や Nexus 4 といった端末が API レベル別に一覧で表示されます。APIレベルは16〜18がほとんどですね。19は Comming Soon... らしいです。適当な端末を選んで「Next」をクリックします。

genymotion10

新規作成する仮想デバイスのスペックが表示されます。デバイス名は自由に変更可能ですがそのままで良いと思います。「Next」をクリックします。

genymotion11

ダウンロード中…さほど大きなデータではないのですぐに終わると思います。

genymotion12

Finish!!

genymotion13

次に Android SDK の場所を指定します。「Settings」をクリックし「ADB」タブを選択し、Android SDK のインストールフォルダを指定します。

genymotion14

これで準備完了です。あとは「Play」をクリックしてエミュレータを起動します。

genymotion15

ほどなくしてエミュレータが起動できると思います。標準のエミュレータはスナップショットなしの場合、かなりの起動時間を要しましたが、ほんの数秒で起動できるのが感動ですね!

genymotion16

ちなみに私のプライベート用の MacBook Pro は 2009 Mid モデルなのでかなり古いんですが、それでもかなりいい感じにヌルヌル動きました!

ADT や Android Studio と連係させる

とっても速い Genymotion エミュレータ。ADT や Android Studio から起動するためのプラグインも配布されているので導入しましょう。

ADT Bundle のプラグインをインストールする

ADT へのプラグインのインストールはいつもどおり「新規ソフトウェアのインストール」から行います。下記 URL で検索するとプラグインをインストールできます。

http://plugins.genymotion.com/eclipse

genymotion_adt01

インストール後はツールバーにアイコンが表示されます。

genymotion_adt02

アイコンをクリックするとエミュレータのデバイスが一覧で表示されるので、ここから起動できるようになります。

genymotion_adt03

Android Studio のプラグインをインストールする

Android Studio の場合は、まず「File」>「Preferences」を選択して設定画面を開きます。

genymotion_as01

この中の「IDE Settings」セクションの中の「Plugins」を選択し、「Browse repositories...」をクリックします。

genymotion_as02

検索キーワードに「Genymotion」と入力するとプラグインが表示されるので、ダブルクリックしてインストールします。

genymotion_as03

インストール後、再起動するとプラグインが使えるようになります。ツールバーに新しく Genymotion のアイコンが増えているはずです。

genymotion_as04

初回起動時は Genymotion の設定画面が表示されるので、Genymotion のアプリケーションの場所を指定します。

genymotion_as05

こちらも ADT Bundle のプラグイン同様、デバイス一覧からエミュレータを起動することができます。

genymotion_as06

まとめ

ということで"超爆速"な Genymotion の紹介でした。実機とほぼ同じような感じで利用できるのでかなりオススメです!それでももちろん実機でなければ確認できないことは多いですが。
起動と動作の早さにびっくりしたい人はぜひインストールしてみてください!w