WWDC17開催直前!今までのiOS の歴史を振り返ってみる #WWDC17

WWDC2017

はじめに

2017年6月5日のAM10時(日本時間は、6月6日AM2時)からWWDC17が開催されます。弊社からも、AKIBA.swiftを運営している、ダンボー田中こと田中賢治とコーメイ田中こと田中孝明が参加しています。明日の開催前に今までのiOSの歴史をまとめてみました。本記事は以前書いたこちらの記事を改訂、追記しております。

iOSの歴史

iPhone OS(OS X iPhone)

ios1logoこの当時、日本ではガラケー全盛の時代でした。また初代iPhoneは、日本で発売されるわけではないのでよっぽどのガジェット好きじゃないと手に入れられない商品でした。

  • 配布日:2007/6/29
  • 主な特徴(製品)
    • 電話機能
    • メール機能
    • デスクトップPCにも劣らないブラウザを装備してのインターネット
    • 高性能なタッチスクリーン
    • Googleマップ

iPhone OS 2

ios2logoApp Storeが提供されたのがこのバージョンの大きな特徴です。またSDKが提供され、開発者がApp Storeにアプリケーションをリリースできるようになりました。日本では、ソフトバンクからiPhoneが発売されたので、アーリーアダプターの方がiPhoneを購入し始めたののもこの時期です。

  • 配布日:2008/7/11
  • 主な特徴(製品)
    • App Store搭載
    • ソフトバンクからiPhone OS 2が搭載されたiPhone 3Gが発売
  • 主な特徴(開発)
    • SDKが提供され、サードパーティー製のアプリが作成可能になった(App Storeで配布可能)

iPhone OS 3

ios3logoiPhone 3Gの後継である、iPhone 3GSに搭載されたOSになります。日本で爆発的にiPhoneが流行したのもこの時期からになります。今でこそスマホでPush通知は当たり前ですが、Push通知ができるようになったのも、iPhone OS 3からになります。

  • 配布日:2009/6/17(日本時間は18日)
  • 主な特徴(製品)
    • Spotlight
    • テキストや画像のカットやコピー&ペースト
  • 主な特徴(開発)
    • サードパーティのアプリケーションから音楽ライブラリへのアクセス、周辺機器のコントロールが可能になった
    • アプリケーションからのプッシュ型通知機能(Push Notification Service)が可能になった

iOS 4

ios4logoバージョン3までは、iPhone OSという名称でしたが、バージョン4になってから、iOSという名称に変更されました。iOS 4の一番大きな点としてはマルチタスクになったということです。

  • 配布日:2010/6/21(日本時間は22日)
  • 主な特徴
    • マルチタスキング
    • FaceTime
    • フォルダ機能
    • iBooks
    • iTunes搭載PCからのアップデート
    • Retinaディスプレイサポート
  • 主な特徴(開発)
    • オーディオ、位置情報通知のバックグラウンド動作サポート
    • Game Center用APIのGameKitが提供された
    • AssetsLibraryを利用して、フォトライブラリ内の全データを取得できるようになった

iOS 5

Ios5logoiOS 5からついにiTunesを利用せずに本体のみでアップデートできることが可能になりました。また音声認識アシスタントのSiriが搭載され、Siriにくだらない質問をするユーザーがいた事も記憶にあたらしいです。また開発としてはStoryboradを使えるようになりました。

  • 配布日:2011/10/12(日本時間は13日)
  • 主な特徴(製品)
    • Siri
    • 通知センター
    • iCloudと連携
    • iTunesを経由せず直接アップデート可能
    • Twitter連携
    • 緊急地震速報への対応
  • 主な特徴(開発)
    • Storyboardを利用できるようになった。iOS 5.0(Xcode 4.2)から
    • ARC対応
    • 顔検出APIが利用できるようになった

iOS 6

Ios6logoiOS 6といえば、これまで地図情報にGoogle Mapsを使っていたのを自社開発に変更したことが大きいと思います。

  • 配布日:2012/9/19(日本時間は20日)
  • 主な特徴
    • Apple製のMapアプリ
    • Passbook
    • Facebook連携
  • 主な特徴(開発)
    • 「制約」ベースのレイアウトシステムAuto Layoutが利用できるようになった

iOS 7

ios7logoiOS 7の特徴といえば、なんといっても今までのスキュモーフィズムからフラットデザインへの変更でしょう。また、今まで設定画面からしかできなかったWi-Fiの切り替えがコントロールセンターから行えるようになり、より便利になりました。細かい内容は、iOS 7特集を参考にして下さい

  • 配布日:2013/9/18(日本時間は19日)
  • 主な特徴
    • フラットデザイン
    • コントロールセンター
    • AirDrop
  • 主な特徴(開発)
    • 64bitのサポートされる
    • 2Dゲームを作成するためのフレームワークSprite Kitが提供される
    • 領域観測サービス「iBeacon」

iOS 8

ios8iOS 8では、連携機能や共有機能をより強化し、全世界AppleユーザーにしようとしているAppleの意気込みが伺えます。PhotoKit、HomeKit、HealthKit、CloudKitなどサードパーティの開発者がより色々な機能を提供できるようになりました。今は当たり前に利用しているTouch IDが導入されたのもiOS 8からです。細かい内容は、iOS 8特集を参考にして下さい

  • 配布日2014/9/17(日本時間は18日)
  • 主な特徴
    • ファミリー共有機能
    • iCloud Driveとの連携
    • Macとの連携
    • Apple Music ※8.4から
  • 主な特徴(開発)
    • Swiftの発表
    • Touch ID
    • PhotoKit
    • HealthKit
    • HomeKit

iOS 9

ios9iOS 9は、新しい機能というよりは今までの機能がより使いやすくなったという発表が多かったです。開発者視点で言うとATS対応やNAT64対応などアップデートに向けての対応の発表が印象的でした。

  • 配布日:2015/9/16(日本時間は17日)
  • 主な特徴
    • Siriの機能向上
    • 各種アプリ(メモ、地図、Safari)が刷新
    • 3D Touch対応
    • Passbookが「Wallet」に改名された
  • 主な特徴(開発)
    • NAT64対応
    • ATS対応
    • Swift 2.0

iOS 10

ios10_400x400 iOS 10ではメッセージアプリの大幅な刷新や、なんといってもApple Payが日本で対応されたことが大きいと思います。Swiftも3.0になり言語自体も大幅にアップデートされました。細かい内容はiOS 10 特集を参考にして下さい
  • 配布日:2016/9/13(日本時間は14日)
  • 主な特徴
    • Apple Payの日本対応
    • 純正アプリ(マップ、メール等)が削除可能
    • メッセージアプリが大幅に刷新されスタンプなど利用可能になった
  • 主な特徴(開発)

まとめ

正直なところ、ここ最近のWWDCでは、開発者が驚くような発表が少なかったかなと思っていますが、このスケジュールのタイトルを見ると期待したくなるタイトルばかりです。iOSが発売されて10年目になりますが、今年はiOSの集大成の発表があると期待して、日本から夜中ですがWWDCに参加したいと思ってます。

日本時間の6月6日のAM2時からライブストリーミングでも見れますので是非!ライブストリーミングはこちらから