GitHub にカンバン機能が追加されました!

octcat-eyecatch
80件のシェア(ちょっぴり話題の記事)

待望のカンバンが標準搭載された

GitHub のカンファレンス「Universe 2016」にて、待望のカンバン機能が追加されることが発表されました!「Project」という機能名で、すべての GitHub リポジトリで利用できるようになっています。

機能の概要は次の通りです。

  • Code, Issue, PullRequest をリストできる
  • ワークフローに合わせたカラムを設定し、ソートすることができる
  • カードはドラッグアンドドロップで自由に移動できる
  • Waffle.io と ZenHub がパートナーとなって開発している

GitHub のリポジトリベースのタスク管理といえば Waffle.io や ZenHub が有名ですが、これらのサービスの開発チームが携わっていることは、今後も含めて非常に期待が持てますね。

ということで、ゆる〜く使ってみました。

プロジェクトを作成する

「Projects」というカラムが増えています。「Create Project」をクリックします。

ghp-01

名前と説明を書きます。

ghp-02

もう出来上がりました!

ghp-03

カラムを作成する

「Add Column」をクリックするとカラムを増やせます。カラムの作成は、名前を決めるだけです。

ghp-04

できました。

ghp-05

「Backlog」「TODO」「WIP」「Done」などといったように、ワークフローに合ったカラムを増やしていきます。

ghp-06

カードを追加する

各カラムの「+」をクリックすると、カードを追加できます。

ghp-07

カードはドラッグアンドドロップでソートすることもできますし、別のカラムに移動することもできます。

ghp-08

「+ Add Cards」をクリックすると、Issue や PullRequest をカラムに追加することができます。

ghp-09

リストからドラッグアンドドロップで追加します。一目見て、カードの種類や現在のステータスが確認できます。また、カードを Issue に変換することもできます。

ghp-10

プロジェクトは1つのリポジトリに複数作成できる

「Projects」タブのトップに戻るとわかりますが、1リポジトリに対して、複数のプロジェクトを作成することができます。モバイルアプリチーム、サーバーサイドチーム、みたいな分け方も簡単にできますね。

ghp-11

まとめ

ひとまず、一通りの機能をざっくりと紹介しました。ZenHub や Waffle.io に比べると機能がまだまだ少ないですが、きっと今までのように、必要な機能をピンポイントで実装してくれることでしょう。期待しています! (個人的にはカードにポイントを入れられるようにして欲しい)

また、Universe Conference で発表された、レビューをサポートする機能(レビュー中ステータス、コメントの種類の設定)なども追加されています。チェックして速攻で使い倒しましょう!