お手軽リソース監視 〜 Zabbix編 | アドカレ2013 : CFn #6

アドベントカレンダー 2013 AWS CloudFormation #6

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

『アドベントカレンダー2013:AWS CloudFormationビッグバンテンプレート』の6日めです。

昨日のCactiに続き、監視ツールのZabbixを構築するテンプレートを作ってみました。

以前のエントリーエントリーでZabbixの構築手順を紹介しましたが、その手順をCloudFormationのテンプレートで表現したものになっています。

公開テンプレート

Zabbixサーバを起動

Zabbixサーバを所属させたいVPCのサブネットを指定すると、そのサブネット内にZabbixサーバが立ち上がるようになっています。

スタックの立ち上げる前に準備が必要なものは

  • Zabbixサーバを起動するVPCとサブネット
  • Zabbixサーバ用キーペア

です。

これらを作った上で、下記のスタックパラメータを指定してください。

スタックパラメータ

VpcId
Zabbixサーバを所属させたいVPCのVPC ID
SubnetId
Zabbixサーバを所属させたいサブネットのサブネットID
InstanceType
Zabbixサーバのインスタンスタイプ
KeyName
サーバにSSHでログインするための鍵
SSHFrom
サーバにSSHログインする際のアクセス元IPアドレス
HTTPFrom
Zabbix管理が面を閲覧する際のアクセス元IPアドレス
AgentFrom
Zabbixの監視対象サーバのIPアドレス

起動デモ

上記リンクをクリックすると、自分のAWSアカウントのCloudFormationのスタック作成画面に遷移します。

スクリーンショット 2013-12-06 21.12.59

そのまま「Continue」を押すと、スタックパラメータ指定が面に遷移します。「Stack Name」は好きなものに変えても大丈夫です。

スクリーンショット 2013-12-06 21.15.41

ご自分の環境に合わせてパラメータを指定してください。必ずかえる必要があるのは「VpcID」、「SubnetId」、「KeyName」の3つです。

VpcIDとSubnetIdはAWSマネジメントコンソールで「VPC」➡「Subnet」へアクセスし、利用するサブネットを選択すれば確認できます。
下記の例では「VpcID: vpc-71527b19」、「SubnetId: subnet-73527b1b」です

スクリーンショット 2013-12-06 21.23.44

スタックパラメータを指定し、あとは「Continue」を選択していくと、スタックの作成が始まります。
Zabbixサーバが立ち上がるまで10分ほどお待ちください。

スタックが完成後、「Output」タブを選択すると、立ち上がったZabbixサーバの管理画面へのリンクが表示されます。
「ZabbixServer」の項目です。

スクリーンショット 2013-12-06 21.33.09

リンクは表示されるのですが、すぐにアクセスしてもZabbix管理画面は表示されません。Zabbixサーバ用インスタンス内でZabbixのインストールや初期か処理が実行中だからです。

Outputで表示される内容は以下の通りです。

ZabbixServer
起動したZabbixサーバのURL
DBName
Zabbixが利用するデータベースの名前。初期設定で利用します。
DBUser
上記DBを利用するユーザ名。初期設定で利用します。
DBPassowrd
上記ユーザのパスワード。初期設定で利用します。
ZabbixAgentInPriveteNetwork
Zabbixエージェントの設定項目「Server」の値。監視対象がZabbixサーバと同じプライベートネットワークにある場合の値です。
ZabbixAgentInPublicNetwork
Zabbixエージェントの設定項目「Server」の値。監視対象がZabbixサーバとは別のネットワークにある場合の値です。

10分ほど待ってからアクセスすると、下記のような初期設定画面が表示されます。

スクリーンショット 2013-12-06 21.35.55

「Next」で進んでください。

「3. Configure DB connection」は「Output」で表示された値を入力してください。

スクリーンショット 2013-12-06 21.46.02

「Next」で進むと、ログイン画面が表示されます。

「Username: Admin」、「Password: zabbix」でログインしてください。

スクリーンショット 2013-12-06 21.49.24

ログインできました。

スクリーンショット 2013-12-06 21.54.33

最後に

明日のテンプレートもご期待ください。