iPhoneでAmazon Alexaを簡単体験!「Astra」を使ってみよう

alexa_icon

はじめに

本シリーズの過去記事は以下の通りです。

これまでお伝えした通り、日本国内ではAmazon EchoAmazon TapといったAlexaファミリーデバイスは技適が通ってないために使うことが出来ません。そのため、日本国内でAmazon Alexaを体験するためには、AVSを組み込んだAlexa対応デバイスを自分で作る必要がありました。これはとても敷居が高いです。

そんなに難しいことをせず、簡単にAmazon Alexaを使ってみたい!そしてCustom Skillを開発したい!という方に、iPhoneでAmazon Alexaを使うことができる、「Astra - for Alexa Voice Services」というアプリを紹介します。

やってみた

インストールとセットアップ

iPhoneから、App Storeで「Alexa Astra」で検索すると、「Astra」が見つかります。有料アプリなので360円かかりますが、日本国内でAmazon Alexaが使えるとなると安いものです。サクッと購入しインストールします。

IMG_0355

インストールすると以下のアイコンが追加されます。タップして起動します。

IMG_0356

起動すると以下画面が表示されます。[Sign in]をタップします。

IMG_0357

Amazon.comのページにリダイレクトされます。Amazon.comのアカウントとパスワードを入力し、[Sign in]をタップします。

IMG_0358

規約への同意を求められます。[I agree]をタップします。

IMG_0359

Astraの画面に戻ります。マイクへのアクセスを求められますので、[OK]ボタンをクリックします。

IMG_0360

使ってみる

認証が通ると、以下のように[ready to listen]と、音声入力が可能になります。画面下部のマイクボタンをタップしっぱなしにして話しかけてみましょう。例えば「What's weather?」とか[What's time?」とか簡単なものでテストできます。

IMG_0361

音声入力中は[listening]となります。

IMG_0362

音声入力後、Alexaから応答が戻って来るまでの間は[thinking]となります。

IMG_0363

Alexaからの応答時は[speaking]となります。

IMG_0364

これで簡単にAlexaを試すことが出来ます!もちろんプロポーズも出来ますよ:-)

設定の確認

Amazon Alexaの管理画面を確認すると、DeviceとしてAstraが追加されていることがわかります。必要があればここでDevice Locationやtime zoneの変更が出来ます。が、日本国内だとあまり意味がありません。

Amazon_Alexa 2

さいごに

iPhoneがあれば(そして少しのお金があれば)お手軽にAmazon Alexaを試すことが出来ます。是非Alexaの素晴らしさを体験して頂ければと思います!