AWSオンラインラボ『qwikLABS』の月額55ドルですべてのラボが利用可能な「アドバンテージサブスクリプション」プランを試してみた

qwiklabs-logo

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

明日4/29(金・祝)からはゴールデンウィーク期間となりますが、皆様は今年のゴールデンウィークをどの様なスケジュールで過ごされる予定でしょうか。思い思いのスケジュールで羽を伸ばして...と今から休暇モードになっている方も居るかも知れませんが、まとまった休みが取れるのならばじっくりあるテーマについて勉強してみようか、そしてAWSについて学んでみようか、という人も中にはいるかも知れません。

以前(昨年11月)、渡辺による以下『qwikLABをやってみた』エントリが公開されましたが、こちらのサービスはAWSの各種サービスを学ぶカリキュラムを、所定の料金を払うことで実践出来るというものになります。興味深いサービスではありますが、使えば使うほど料金が掛かってしまうというのは気になるポイントではありました。

そんな折、先日(4/18)AWS公式ブログにて、このサービスに『月額定額で全てのラボが使い放題』というのプランが追加されました。月額$55を支払えば、費用についてはそれ以上気にする事無くAWSサービスを使いまくれるというものです。がっつりAWSを触って色々覚えてみたい!実践してみたい!というケースであればこの値段はむしろかなりお買い得になるのではないでしょうか。

今回、用意されている教材(※後述)に関する内容が結構良い感じでレパートリーとして揃っていそうだったので、実際にアカウントを作成し、関連するサブスクリプションを購入して使ってみようと思いました。当エントリはその実践記録となります。

目次

 

アカウント作成&サブスクリプション支払

今回発表のあった『アドバンテージサブスクリプション』の記載があるページは以下となります。

qwiklabs-getting-started_01

メッセージの部分を日本語訳してみましょう。こんな感じになってますね。

qwiklabs-getting-started_02

QwikLABSを利用するにはまず最初にアカウントを作成する必要があります。右上の[Create New Account]をクリックし、必要事項を入力してアカウントを作成します。

qwiklabs-getting-started_03

アカウントを作成したら左上のメニューから[BUY CREDITS]を選択。

qwiklabs-getting-started_04

[Advantage Monthly Credits]を選択した上で、

qwiklabs-getting-started_05-01

[Pay with Credit Card]をクリック。

qwiklabs-getting-started_05-02

Creditsを購入する際はクレジットカードが必要となります。別ウインドウで情報入力を求められますので必要事項を入力、$55を支払いました。購入後のステータス情報として以下の様な形で情報が表示されます。

qwiklabs-getting-started_06

ちなみに購入日は4/28だった為、『もしかしたら4月は数日しか使えないんじゃ...』と若干不安ではありましたが、表示されている内容を見る限りでは購入日換算で1ヶ月の有効期間があるようです。更新期間は1ヶ月を過ぎた時点で自動継続される様で、止めたい場合はキャンセルの手続きを取る事で対応が可能となります。

qwiklabs-getting-started_07

 

ラボ実践

ダッシュボードに表示されているオススメのラボ(セッションの様なもの)を1つ、実践してみましょう。

qwiklabs-getting-started_08

すると、以下の様な形でスライド資料とメニュー画面が表示されました。[Start Lab]をクリック。

qwiklabs-getting-started_09

右上の方の[CONNECTION]タブをクリックすると、以下の様な形でAWSにアクセスする為の各種情報が表示されました。これらの情報はラボ毎に毎回異なるものが表示され、都度異なる情報でAWSにアクセスする形となっているようです。

qwiklabs-getting-started_10

情報を控えてAWS管理コンソールからログイン。以降は、スライド資料を読みながらAWS管理コンソールやターミナルで手順を実践して行く形となります。

qwiklabs-getting-started_11

ラボ手順が一通り終わりました。手順に従い、最期に[End]をクリック。

qwiklabs-getting-started_12

ダッシュボードの情報も変わりました。

qwiklabs-getting-started_13

言語設定で日本語表示とする事でメニューの日本語表示も可能となっています。ユーザープロフィールにて[Language]から変更します。

qwiklabs-getting-started_14

日本語表示した状態で、[クエスト]で選択出来るラボを見てみます。ラボの概要、想定所要時間、タグ情報や対応言語等が細かく記載されています。[選択]をクリックすると

qwiklabs-getting-started_15

同様にラボが準備されました。日本語対応されているラボはスライド資料も日本語なのが嬉しいですね。

qwiklabs-getting-started_16

 

クエスト&ラボ一覧(2016年04月末現在)

上記で出て来た『クエスト』というのは、『ある特定のトピックを習得するために役立つラボや学習資料を集めたもの』(by 公式サイト説明文)となります。特定テーマに沿った幾つのラボを全て実践すると、そのクエストを完了したとみなし、バッチがもらえるという仕組みになっているようです。その他詳細な説明については以下キャプチャ等をご参照ください。

qwiklabs-getting-started_17

以下は2016年04月末時点でのクエストおよびラボ一覧です。ラボ数96、クエスト数16とかなり盛り沢山な内容となっています。クエストは現時点でService Area,Use Case (Beginner),Use Case (Experienced),Exam Prep,AWS for Windowsの計5つのカテゴリ分けされたものが存在しています。*印のついた項目は『バッチ』です。体系立ててこれらのテーマの学習を、AWS費用を気にせずに使いまくれるというのは良いですね。

Compute & Networking[Service Area]
- Creating Amazon EC2 Instances (for Linux)
- Creating Amazon EC2 Instances with Microsoft Windows
- Working with Elastic Load Balancing
- Maintaining High Availability with Auto Scaling (for Linux)
- Using Dynamic Registration and Dashboards for Amazon EC2 Instances
- Building Your First Amazon Virtual Private Cloud (VPC)
- Launching Amazon EC2 Spot Instances with Auto Scaling and Amazon CloudWatch
- Creating an Amazon Virtual Private Cloud (VPC) with AWS CloudFormation
- *Compute & Networking Badge
Deployment & Management[Service Area]
- Bundling Amazon EBS-Backed AMIs
- Launching and Managing a Web Application with AWS CloudFormation
- Creating an Amazon Virtual Private Cloud (VPC) with AWS CloudFormation
- Auditing Your Security with AWS Trusted Advisor
- Auditing Changes to Amazon EC2 Security Groups
- Working with AWS OpsWorks
- Working with AWS Elastic Beanstalk
- Deploy a Java EE Application on AWS Elastic Beanstalk Using Docker Containers
- *Deployment & Management Badge
Storage & CDN[Service Area]
- Creating Amazon EC2 Instances (for Linux)
- Creating Amazon EC2 Instances with Microsoft Windows
- Introduction to AWS Identity and Access Management (IAM)
- Using Open Data with Amazon S3
- Working with Elastic Load Balancing
- Maintaining High Availability with Auto Scaling (for Linux)
- Building Your First Amazon Virtual Private Cloud (VPC)
- Websites & Web Apps Badge
Websites & Web Apps[Use Case (Beginner)]
- Creating Amazon EC2 Instances (for Linux)
- Creating Amazon EC2 Instances with Microsoft Windows
- Introduction to AWS Identity and Access Management (IAM)
- Using Open Data with Amazon S3
- Working with Elastic Load Balancing
- Maintaining High Availability with Auto Scaling (for Linux)
- Building Your First Amazon Virtual Private Cloud (VPC)
- *Websites & Web Apps Badge
Big Data on AWS[Use Case (Beginner)]
- Creating Amazon EC2 Instances (for Linux)
- Creating Amazon EC2 Instances with Microsoft Windows
- Introduction to Amazon Elastic MapReduce (EMR)
- Working with AWS Elastic Beanstalk
- Building Your First Amazon Virtual Private Cloud (VPC)
- Using Open Data with Amazon S3
- Working with Amazon Elastic Block Store (EBS)
- *Big Data on AWS Badge
Digital Media[Use Case (Beginner)]
- Creating Amazon EC2 Instances (for Linux)
- Creating Amazon EC2 Instances with Microsoft Windows
- Introduction to Amazon DynamoDB
- Working with Elastic Load Balancing
- Maintaining High Availability with Auto Scaling (for Linux)
- Working with Amazon Elastic Block Store (EBS)
- Using Open Data with Amazon S3
- *Digital Media Badge
Websites & Web Apps[Use Case (Experienced)]
- Caching Static Files with Amazon CloudFront
- Working with Amazon DynamoDB
- Launching Amazon EC2 Spot Instances with Auto Scaling and Amazon CloudWatch
- Working with Amazon CloudFront for Dynamic Content Acceleration
- Creating an Amazon Virtual Private Cloud (VPC) with AWS CloudFormation
- Building Search into your Applications with Amazon CloudSearch
- Hosting WordPress Using Amazon S3
- Auditing Changes to Amazon EC2 Security Groups
- * Websites & Web Apps Badge
Big Data on AWS[Use Case (Experienced)]
- Working with Amazon DynamoDB
- Launching Amazon EC2 Spot Instances with Auto Scaling and Amazon CloudWatch
- Working with Amazon Redshift
- Launching GeoServer on AWS
- Launching Microsoft HPC Pack on AWS
- Exploring Google Ngrams with Amazon EMR
- Building Real-Time Dashboards with Amazon Kinesis Dynamic Aggregators
- *Big Data on AWS Badge
Digital Media[Use Case (Experienced)]
- Caching Static Files with Amazon CloudFront
- Working with AWS OpsWorks
- Automating AWS Services with Scripting and the AWS CLI
- Streaming Dynamic Content using Amazon CloudFront
- Building a Media Sharing Website - Part 1: Media Upload
- Building a Media Sharing Website - Part 2: Transcoding
- Building Search into your Applications with Amazon CloudSearch
- *Digital Media Badge
SysOps Administrator - Associate[Exam Prep]
- Introduction to AWS Identity and Access Management (IAM)
- Creating Amazon EC2 Instances (for Linux)
- Creating Amazon EC2 Instances with Microsoft Windows
- Bundling Amazon EBS-Backed AMIs
- Working with Elastic Load Balancing
- Using Amazon RDS for Applications
- Performing a Basic Audit of your AWS Environment
- Building Your First Amazon Virtual Private Cloud (VPC)
- Maintaining High Availability with Auto Scaling (for Linux)
- Automating AWS Services with Scripting and the AWS CLI
- Launching and Managing a Web Application with AWS CloudFormation
- *SysOps Administrator - Associate Badge
Solutions Architect - Associate[Exam Prep]
- Introduction to AWS Identity and Access Management (IAM)
- Building Your First Amazon Virtual Private Cloud (VPC)
- Working with Elastic Load Balancing
- Maintaining High Availability with Auto Scaling (for Linux)
- Working with Amazon Elastic Block Store (EBS)
- Creating Amazon EC2 Instances (for Linux)
- Creating Amazon EC2 Instances with Microsoft Windows
- Caching Static Files with Amazon CloudFront
- Launching Amazon EC2 Spot Instances with Auto Scaling and Amazon CloudWatch
- Creating an Amazon Virtual Private Cloud (VPC) with AWS CloudFormation
- *Solutions Architect - Associate Badge
Solutions Architect - Professional[Exam Prep]
- Working with AWS Elastic Beanstalk
- Building a Media Sharing Website - Part 1: Media Upload
- Working with Amazon CloudFront for Dynamic Content Acceleration
- Working with Amazon DynamoDB
- Building Scalable Web Applications with AWS Elastic Beanstalk
- Hosting WordPress Using Amazon S3
- *Solutions Architect - Professional Badge
Programming Windows on AWS[AWS for Windows]
- Creating Amazon EC2 Instances with Microsoft Windows
- Working with AWS CodeCommit on Windows
- Programming Amazon SQS and Amazon SNS with .NET
- Programming Amazon S3 with .NET
- Programming Amazon DynamoDB with .NET
- Programming AWS Lambda for Windows
- Programming AWS Security Token Service (STS) with .NET
- *Programming Windows on AWS Badge
Corporate Apps on AWS for Windows[AWS for Windows]
- Creating Amazon EC2 Instances with Microsoft Windows
- Windows Server Website Hosting on AWS: Getting Started
- Running Microsoft Exchange on AWS
- Installing Microsoft Dynamics CRM 2015 on AWS: Getting Started
- SharePoint Server on AWS (part 1): Getting Started
- SharePoint Server on AWS (part 2): Traditional Topology
- *Corporate Apps on AWS for Windows Badge
Databases on AWS for Windows[AWS for Windows]
- Creating Amazon EC2 Instances with Microsoft Windows
- AWS Tools for Windows PowerShell: Getting Started
- Using Windows Server Storage Spaces with Amazon EBS
- Introduction to Amazon Relational Database Service (RDS) (Windows)
- Administering Amazon RDS for Microsoft SQL Server
- SQL Server in Amazon EC2: Getting Started
- *Databases on AWS for Windows Badge
SysAdmin on AWS for Windows- AWS for Windows
- AWS Tools for Windows PowerShell: Getting Started
- Using Windows PowerShell Desired State Configuration in AWS
- Using Windows Server Storage Spaces with Amazon EBS
- Using the AWS Management Pack for Microsoft System Center
- Microsoft ADFS and AWS IAM
- Using AWS Systems Manager for Microsoft System Center Virtual Machine Manager
- *SysAdmin on AWS for Windows Badge

 

まとめ

今回ご紹介したqwikLABS、ラボ1つあたりは30分〜1時間程度で終わる規模のものとなっています。なので、少しずつ進めて行って理解度を確認しながら進めて行く事も勿論可能です。クエスト全て制覇した、もうあまり使わないなと思ったら途中で止める事も出来るので安心ですね。日本語で用意されているカリキュラムも結構ありそうなのでその辺りも嬉しいところです。AWSを学んでみたいけどどうやって始めてみたら良いものか...とお悩みの方は、今回ご紹介したqwikLABSを使って雰囲気を掴み、当ブログでより深い内容について理解を深めて行く、なんて方法でまずは始めて見てはいかがでしょうか。こちらからは以上です。

その他参考情報

AWS Cloud Roadshow 2017 福岡