2016年12月1日からAmazon S3が値下げされます

Amazon S3
144件のシェア(ちょっぴり話題の記事)

ども、大瀧です。 本日、AWSのストレージサービスであるAmazon S3の値下げが発表されました。

値下げする時期

今回の値下げは2016年12月1日から適用されます。AWSの価格設定は自動で適用されますので、既存のユーザーは特に作業は必要なく値下げ後の価格でS3を利用することができます。

値下げの対象

S3にはスタンダード、低頻度アクセス、低冗長化の3種類がありますが、今回の値下げはスタンダードのみのようです。他の種類の値下げ情報も後から出てくるかもしれないので、そのときはブログを更新しますね。

値下げ額

取り急ぎ、東京リージョンのみ抜粋しました。

東京リージョン 現在の価格 新価格(12/1以降) 値下げ率
1GB〜50TBまで $0.0330/GB(1TBまで) $0.0250 24.2%
50TB〜500TBまで $0.0319/GB $0.0240 24.7%
500TB以上 $0.0313/GB(4PBまで) $0.0230 26.5%

東京リージョンは他のリージョンと比較して、今回の値下げ幅が大きいようです。また、今回の改定でシンガポール、シドニー、ソウル、ムンバイリージョンと同価格になりました。 また、従来は合計サイズ毎に6段階だったテーブルが3段階に変わりました。現在の価格に括弧付けになっているのは、段階が減少して統合された分のうち、サイズが小さい方を指したものになります。

まとめ

AWSの値下げは恒例行事となりつつありますが、今回のS3の値下げは過去2番目の値下げ幅となる大規模なものです。よりリーズナブルにクラウドが利用できようになりますね。

AWS Cloud Roadshow 2017 福岡