[CeBIT 2017] ベルリン紹介編 – 世界一のIT見本市・CeBITに行ってきます #cebit17

cebit_logo

はじめに

世界最大のIT見本市・CeBIT情報をいち早くお届けする、CeBITシリーズ。

いよいよ開催間近!

今回は、ドイツ、そして同国の最大都市ベルリンのご紹介をしていきます。

ドイツ

IMG_6061

ドイツは、西ヨーロッパ地域にある工業大国です。

かつて東西に分かれていましたが、1990年に統一され、現在に至っています。

正式名称は、ドイツ連邦共和国(Bundesrepublik Deutschland)。人口は約8,000万人で、面積は約357000平方キロ。日本と割と近いことがわかります。

平均年齢は46歳。

日本は47歳ですので、単純比較はできませんが、比較的高齢化が進んだ、落ち着いた社会ということができると思います。

ベルリン

ベルリンは、ドイツに16ある州の一つで、東部にあります。

900平方キロメートル程のエリアに約350万人が居住しています。

人口密度的には東京(6,160[人/km²])の2/3ほどで、賑やかではありますが、そこまで混雑はしていないエリアです。

東京ーベルリン間の距離は約8,900キロメートル。時差は8時間です。

日本が朝8時を迎えたとき、やっとベルリンでは同日の午前0時、ということになります。

市内には比較的大きな湖があったり、川が流れています。

ドイツは海に面していませんが、水とふれあえるスポットがあることを今更ながら知りました。

街の様子

RIMG0451

街の中には、歴史的・文化的な建物が、数多くあります。

今回、あまり写真を撮れませんでしたが、落ち着いた佇まいの街だと感じました。

街の主な産業と構成

ベルリンは、IT系の会社が多く集まる場所です。

ベルリン中心部にある、スタートアップが多く集まるFactoryのメンバーとして、SoundCloud、Google、UBERなどが名を連ねています。

ベルリンの壁にはグラフィティが多く描かれています。

ベルリンは、ドイツの州のなかでも平均年齢が低いです。

若者の街・アートの街ということができると思います。

物価は安く、まだお金が無い若者や、最初はお金の工面が必要なアーティストには暮らしやすいと言った理由があるのでしょうか。

アーティストビザといったものまで用意されています。

IMG_6017

ドイツには、ベトナムから移住されている方が多くいます。

そうした方々が、ベトナム料理と寿司の両方を提供するといったことがあります。

ドイツは、想像していたよりも、様々な文化が混じり合う都市だと感じました。

まとめ

次回は、クラスメソッドオフィスに行ってみたいと思います。

このオフィスを訪問するのは、私にとって今回が初めてで、ワクワクしています。お楽しみに!