7/1(土)開催のDevelopers.IO 2017、登録受付中!

Developers-IO-2017-400x400
244件のシェア(すこし話題の記事)

Developers.IO 2017

00 00 00 00
DAYS HOURS MINUTES SECONDS

Developers.IO 2017、参加登録好評受付中!

Developers.IOを運営するクラスメソッドが開催するカンファレンス、その名も Developers.IO2017、今年は趣向を変えて、夏に開催することになりました。 ちょっと先のテクノロジー をテーマに、完全技術に特化した8トラック・32セッション(予定)をご用意しています。

基調講演:History of AWS, Still Halfway through

スピーカーは、AWS事業部 部長であり、シニアソリューションアーキテクトでもある佐々木大輔がお送りします。

2006年に正式サービスインし、昨年10周年を迎えたAWS。たった2つのサービスで開始したAWSも、現在ではそのサービス数は70を越え、更に増え続けています。カスタマーの声に真摯に向き合い続けてきたAWSは、IaaSからPaaSへ、更にはSaaSへと、大きな変化を遂げながら、カスタマー自身のビジネスやIT技術の選定にも変化を与えてきました。
この10年のAWSの歩みを振り返ると共に、近年のAWSのサービスリリースの傾向から、今後のAWSの進化と、更にはパブリッククラウドを含めたIT技術とビジネスの未来についてお伝えします。

その他のセッション

AWSはもちろん、データ解析や監視、プログラミングにデザインまで選べる、8レーンのマルチトラックになりますので、興味に合うものをお選びください。

ハンズオンや、今さら聞けないAWSシリーズ、ちょっとマニアックな技術部屋やMongoDBなど、あらゆる技術に興味あるかたが楽しめる内容となっています。

最後は懇親会(Festivals.IO)もありますので、熱い1日にしましょう!

タイムテーブル(5/19更新)

DevelopersIOのタイムテーブル

文字が小さい場合は、画像をクリックしてPDFをダウンロードしてご覧ください。

スポンサー(あいうえお順)

申し込みはこちらから

Tシャツ???

今回、チケットは3種類ご用意しました。
通常チケットをご購入いただくと、すべてのセッション(満席を除く)にご参加いただけます。ランチや懇親会も登録されたかただけ、参加できますので、なくなる前にお早めにお申し込みください。

なお、お求めになるチケットの数量を変更して「申し込む」ボタンを押すと、セッションが選択できます。支払いはセッション選択後になりますので、ご安心ください。

オリジナルTシャツ(+3,000円)

オリジナルTシャツ

めそ子Tシャツ(+4,000円)

めそ子Tシャツ

開催概要

開催日程 2017年7月1日(土)
開場と開始時間 開場 10:30(受付開始)
開始 11:00
 懇親会開始 17:00
終了 18:00(予定)
会場 SAP JAPAN株式会社 (麹町)
東京都千代田区麹町1-6-4 SAPジャパンビル
 東京メトロ半蔵門線 半蔵門駅3B出口直結
 東京メトロ有楽町線 麹町駅3番出口徒歩6分
対象 テクノロジーに強い興味のあるエンジニア
定員 300名
参加費用 有料 (1,000円〜) 費用にはランチセッションや懇親会への参加権(先着順)も含まれます

公開からの変更点

  • 2017.5.17 AM B-1セッション:セッション名と概要を変更(テーマの変更はありません)
  • 2017.5.17 AM C-1セッションとH-1セッション:入れ替え。
  • 2017.5.17 AM 全般:一部のセッションで参加定員数の増加
  • 2017.5.19 AM F-1セッション:セッション名変更「設計に答えはないから探してみよう 〜 iOSアーキテクチャ 意見交換会」
  • 2017.5.19 AM A-3セッション:セッション名変更「開発環境でのDocker活用事例と本番運用に向けて考えたこと」
  • 2017.5.19 AM 全般:一部のセッションで参加定員数の増加

申し込みはこちらから

スポンサーのお問い合わせはこちらから

去年のDevelopers.IO

様子は以下記事でまとまってますので、ご覧ください。

#cmdevio2016 Developers.IO 2016 イベントフォトレポート