10月11日(火) クラスメソッド会社説明会 in 札幌編

eye_setsumei_sapporo

banner_setsumei_sapporo

00 00 00 00
DAYS HOURS MINUTES SECONDS

説明会の主旨

クラスメソッドという会社について、まずはどんな会社かを知って頂きたい!というのが主な目的です。そして仕事の内容や文化、雰囲気、部活など、ご興味がある方に(だいたい)全てをさらけ出します。

クラスメソッドではAWSに興味のある方、Java、Ruby、Scalaエンジニアの方、Android、iOSアプリエンジニアの方、モバイルアプリのデザインに興味のある方を絶賛募集しています。説明会後には懇親会として軽食を食べながら社員と話せる場もご用意します。

今回はクラスメソッドの支社もある札幌での開催となります。札幌オフィスには現在14名のメンバーが在籍しており、本社秋葉原オフィスとフラットに、先進技術を駆使したコンサルティング、設計、構築、開発、運用保守をしています。

まずはお気軽にご参加ください!

イベント概要

概要

開催日時 2016年10月11日(火) 19:00〜21:00 (受付開始 18:30〜)
募集締切日時 2016年10月10日(月)
主催 クラスメソッド株式会社
会場 クラスメソッド株式会社 札幌オフィス 北海道札幌市中央区北3条西1丁目1-1 札幌ブリックキューブ 9階
定員 10名

タイムテーブル

時間 タイトル 内容 スピーカー
18:30 - 19:00 受付 - -
19:00 - 19:05 ごあいさつ 会場の説明と開催趣旨 AWSコンサルティング部 マーケティング/採用 担当マネージャー

嵩原 將志

19:05 - 19:25 クラスメソッド株式会社ついて クラスメソッドの社風、文化、事業内容についてご紹介します。2016年7月より13期目に突入し、今期計画の概要、今後の展望などもご紹介します。 AWSコンサルティング部 部長

佐々木 大輔

19:25 - 19:45 AWSコンサルティング部について AWSコンサルティング部の仕事、進め方、雰囲気などについて AWSコンサルティング部 ソリューションアーキテクト

梶 浩幸

19:45 - 20:05 オペレーションチームについて オペレーションチームの仕事、進め方、雰囲気などについて AWSコンサルティング部 オペレーショングループ ソリューションアーキテクト吉江 健斗
20:05 - 20:20 データインテグレーション部について データインテグレーション部の仕事、進め方、雰囲気などについて データインテグレーション部 エンジニア

石川 覚

20:20- 20:40 モバイルアプリサービス部について モバイルアプリサービス部の仕事、進め方、雰囲気などについて  モバイルアプリサービス部 iOSエンジニア

田中 賢治

20:40- 21:00 事業開発部・製品開発チームについて 事業開発部・製品開発チームの仕事、進め方、雰囲気などについて 事業開発部 システムアーキテクト

川原 邦男
21:00 - 21:30 懇親会 その場で簡単な飲食を用意いたします。スピーカー以外のメンバーも参加しますので是非弊社メンバーと交流を深めさせて下さい! -

※説明の順番、スピーカーは変更になる可能性があります

お申し込み

当会社説明会へはこちらからお申し込みをお願いいたします。

 

よく聞かれる質問

Q. ハイスキルな人しかいない印象がありますがどうですか?

A. よく言われますが、実際に会社説明会に参加して社員と会話をしていく中で「レベルは高いが自分でもついていけると思った」と気付く方が多く、実際に何人も入社しています。

Q. 仕事中に技術的なことでわからないことがあったら、周りの社員に質問できますか?

A. できます。誰でも得意なことと不得意なことがあります。不得意なことは得意な人に助けてもらって、得意なことでチームに貢献してください。クラスメソッドは助け合いです。

Q. ブログはノルマですか?

A. 1エントリー/1週間のペースを目標にしていますがノルマではありません。速報系や Tips 系の記事をハイペースでたくさん書ける人がいれば、手間のかかる検証系の記事をじっくり書きあげる人もいます。スタイルにあわせて書いてもらえればいいので、誰でも1エントリー/1週間である必要はありません。 ですが、AWSチームでは10エントリー/1ヶ月のペースでブログを書いた人は「プロ」を名乗ることが出来、同僚たちから讃えられます。

Q. ブログのネタが他の人とかぶったりしませんか?

A. たまにかぶりますが問題ありません。同じAWSエンジニアとはいえ、背景が異なる人が書いたら技術に対する切り口は異なり、結果的に違う内容になります。また、AWSは既出サービスもガンガンアップデートされるので、半年や1年前に書かれたネタを書きなおして新しいエントリーとして公開することも可能です。