[イベントレポート] Android オールスターズ #dotsandroid

eyecatch_android_allstars
116件のシェア(ちょっぴり話題の記事)

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

report_android_allstars_top

Android オールスターズ最速レポート公開!

こんにちは!Android 大好き横山です。
今回は iOS オールスターズ勉強会に続き、Android オールスターズに参加してきたのでその内容をざくっとまとめて紹介したいと思います。

会場

dots. logo
会場は先日 2015/8/1 よりオープンした イベント&コミュニティスペース dots.
イベント情報検索サービス「dots.」に登録している会員であれば、誰でも利用できます。イベント開催時以外にはコワーキングスペースとしても利用できます。
会場についての詳細な情報はこちらをご覧ください。

イベント&コミュニティスペース dots.
[レポート]イベントスペース dots. プレオープニングPartyに行ってきました | Developers.IO

android_allstars_start

イベント概要

以前開催した iOS オールスターズ勉強会に続き、今回は日本を代表する Android エンジニアが一堂に会し、様々な視点から Android 開発のノウハウを紹介してくれました。
登壇者の紹介や当日のタイムテーブル等はイベントページをご覧ください。

Android オールスターズ | イベント情報検索サービス「dots.」

iOS オールスターズ勉強会参加レポートはこちら↓

[イベントレポート] iOS オールスターズ勉強会

開会挨拶の様子

コミュニティマネージャーの小沢さんから開会の挨拶がありました。

android_allstars_aisatu

REST API in Android world

黒川 洋 氏

android_allstars_sp_1

Android アプリに適した REST API の設計方針やクライアント側を実装する際の注意点について説明します。

ハイパフォーマンスAndroid

Masahiro Hidaka 氏

android_allstars_sp_2

Androidアプリケーションのパフォーマンスに焦点をあてて内部処理の解析とチューニング手法を解説します。アプリ最適化に必要な知識、ツールに触れつつ、これらの作業を効率的に行う、LeakCanaryライブラリや最新の開発環境を紹介します。

gRPC for Android

降矢 大地 氏

android_allstars_sp_3

gRPCとはGoogleが開発しているRPCのフレームワークで、gRPCを採用する上で、開発に必要な知識とProtocol Buffersを用いた実装方法を紹介します。

How to start testing

片渕 真太郎 氏

android_allstars_sp_4

JUnit, Android Testing Framework, Robolectric, Espresso,...巷には多くのテストフレームワークが溢れていますが、実際にテストを書けている現場がどれだけあるでしょうか。本セッションでは、どこまで、どうやってテストを書くのかといったプロセスのプラクティスと、実際に利用するテクノロジーのプラクティスについて論じます。

Web API Clientを考える

gfx 氏

android_allstars_sp_5 ※こちらの都合で懇親会の時に写真を撮らせていただきました。ゴメンなさい!そしてありがとうございます!

Volleyが公開された2013年、OkHttp 2.0が公開された2014年、そしてHTTP/2がRFCとなりAndroid Framework組み込みのApache HTTP Clientがdeprecatedとされた2015年と、AndroidにおけるHTTP clientのトレンドは目まぐるしく変わります。2015年のいま、Web API Clientを設計をするにあたり、HTTP clientの機能をどのように評価・検証すればいいかを論じます。

Android Clean Architectureことはじめ

今井 智章 氏

android_allstars_sp_6

Android設計の基本はMVCアーキテクチャに沿っています。しかし,ライフサイクルやAndroidフレームワークなど独特の仕様があるために、設計が複雑になったり、密結合な実装になりがちです。発表では既存のMVCアーキテクチャから、"Clean(キレイ)"な実装にするための設計方法やノウハウについて話したいと思います。キレイな実装を書いてみたい方はぜひ参考にしてみてください。


コードで見るMaterial Design

小西 裕介 氏

android_allstars_sp_7

Material Designが発表されて1年以上経ち、先日のGoogle I/OでDesignSupportLibraryも追加され、よりMaterial Designを意識したアプリを実装しやすくなりました。Material Designガイドラインのコンセプトをどう実装すればいいのか、またLolipop未満ではどこまで実装すべきなのかあたりをコードメインで話します。

gradleでビルドするAndroid NDKアプリ

菊間 英行 氏

android_allstars_sp_8

Gradle plugin for AndroidでNDKビルドがサポートされgradleでもNDKを使用したアプリのビルドができるようになってからかなり時間が経ち、Android Studio 1.3 BETAではC/C++がIDEとしてサポートされるようになりNDKを利用するアプリの開発がしやすくなってきています。しかし、今のところ利用者が少ないのか、やりたいことは調べれば解決できるという状態にはありません。このセッションでは、実際に現場で使ってみて困ったことや、どのようにして解決したかのTipsを共有します。


Deep Inside Android Hacks

Keishin Yokomaku 氏

android_allstars_sp_9

Android の API をフル活用するために、いかに Android をハックするかという方法論と、そして実際にどんなハックができるのかを紹介しようと思います。

FireSide Chat

登壇者全員が集合し、ツイッターで流れている話題やお話いただいた内容についてフリートークがありました。
みなさんざっくばらんに技術話を繰り広げてくれました。特に印象に残ったのは、アーキテクテャのお話でした。この話題については決まったやり方や、広く普及しているフレームワークはないので、それぞれの方々がどのようなことを考えているのかが聞けて非常に刺激を受けました。

android_allstars_firesidechat

懇親会の様子

android_allstars_konshinkai

最後に

さすが、オールスターズ!といった感じの非常に充実した大満足の内容でした!
Android 開発における Web API との関わり方や付き合い方、アーキテクテャ、マテリアルデザイン、アプリのパフォーマンス、NDKそしてAndroid をハックする!みたいなお話もあり、一つのイベントにまるっと Android 開発のノウハウが詰まっていました。 Android オールスターズに参加して、改めて Android にワクワクさせられました!

Android 開発楽しみましょう!