AWSローカルゾーンのグローバルな利用可能性

2022.03.01

前回の ローカルゾーンに関するブログでは、ほとんどのユースケースに対して「ローカルゾーン」の数が足りないと言いましたが、Amazonがローカルゾーンの世界展開を発表し、およそ32サイトが追加されたことで、その状況は変わりつつあります。

AWSは、米国で最初の16のLocal Zoneの完成と、世界26カ国32都市でのLocal Zoneのグローバル展開の計画を発表しました。

その前に、ローカルゾーンについて、詳しくはこちらでご確認ください。

今、ゲームチェンジャーになっているのか?

Netflix、Supercell、Ubitus、Mindbody、FOX Corporationなど、すでに1000社以上の顧客がおり、業界のゲームチェンジャーになりつつあると思います。26カ国が追加されたということは、何十億もの新しいユーザーがLocal Zoneの恩恵を受けられるようになったということです。

アメリカではすでに数千のお客様が、それぞれの業界やお客様のユースケースに合わせて設計した低遅延アプリケーションを最適化するために、アメリカベースのLocal Zoneを利用しています。アメリカでの成功を受け、多くのテク企業がLocal Zoneの利用可能地域をどんどん増やしていくことでしょう。

今後のローカルゾーン

今後2年間で、AWSは以下の地域でLocal Zoneを立ち上げる予定です。 アムステルダム、アテネ、オークランド、バンコク、ベンガルール、ベルリン、ボゴタ、ブリスベン、ブリュッセル、ブエノスアイレス、チェンナイ、コペンハーゲン、デリー、ハノイ、ヘルシンキ、ヨハネスブルグ、コルカタ、リマ、リスボン、マニラ、ミュンヘン、ナイロビ、オスロ、パース、プラハ、ケレタロ、リオデジャネイロ、サンティアゴ、トロント、バンクーバー、ウィーン、およびワルシャワ。

また、追加のロケーションの興味をリクエストすることもできます。

リファレンス