Serverless Framework + StepFunctionsの構成でOutputsを抑制するオプションがリリースされました

serverless-step-functions で大量のステートマシン定義したときにエラーにならないようにするオプションがリリースされました。
2020.04.17

はじめに

好物はインフラとフロントエンドのかじわらゆたかです。

以前自分の記事で紹介した以下の件ですが、この件が解消できるオプションがリリースされたのでそのご紹介です。

Serverless Framework + StepFunctionsの構成でStateMachineを60個以上作ろうとしたらエラーになったので、暫定対応しました。

Release v2.18.0 · serverless-operations/serverless-step-functions

noOutput オプション

当該のオプションはserverless-step-functions プラグインのバージョンが 2.18.0 でリリースされた機能になります。

そのため、使っているバージョンが上記に満たない場合は更新が必要です。

このオプションはStatemachineを定義する箇所に付与することでCloudformationへの出力を抑制することができるオプションになります。

使い方としては README にも書いてあるとおりですが、以下のようになります。

stepFUnctions:
noOutput: true

動作確認をしてみる

前回のエントリで失敗したYaml定義に noOutput オプションを付与して実行をしてみます。

service: serverless-many-statemachine

provider:
  name: aws
  runtime: nodejs12.x
  region: ap-northeast-1

plugins:
  - serverless-step-functions

stepFunctions:
  noOutput: true
  stateMachines:
    StateMachine1:
      name: TestStateMachine1
      definition:
        StartAt: HelloWorld
        States:
          HelloWorld:
            Type: Succeed
    StateMachine2:
      name: TestStateMachine2
      definition:
        StartAt: HelloWorld
        States:
          HelloWorld:
            Type: Succeed
中略
    StateMachine59:
      name: TestStateMachine59
      definition:
        StartAt: HelloWorld
        States:
          HelloWorld:
            Type: Succeed
    StateMachine60:
      name: TestStateMachine60
      definition:
        StartAt: HelloWorld
        States:
          HelloWorld:
            Type: Succeed

今回はオプションのおかげで問題なくデプロイができることになります。

$ sls deploy --aws-profile cm-di-div
Serverless: Packaging service...
Serverless: Creating Stack...
Serverless: Checking Stack create progress...
........
Serverless: Stack create finished...
Serverless: Uploading CloudFormation file to S3...
Serverless: Uploading artifacts...
Serverless: Validating template...
Serverless: Updating Stack...
Serverless: Checking Stack update progress...
.........................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................
Serverless: Stack update finished...
Service Information
service: serverless-many-statemachine
stage: dev
region: ap-northeast-1
stack: serverless-many-statemachine-dev
resources: 100
api keys:
  None
endpoints:
  None
functions:
  None
layers:
  None
Serverless: Run the "serverless" command to setup monitoring, troubleshooting and testing.

謝辞

今回このオプションのプルリクエストを出すにあたって、プラグインの作者である堀家様にご協力いただきました。 こちら心より感謝申し上げます。