【AWS勉強会】CM re:Growth Developers.IO Meetup 01を開催します(ビアバッシュ形式会費制)

130件のシェア(ちょっぴり話題の記事)
AWS re:Growth Developers.IO Meetup 01

00 00 00 00
DAYS HOURS MINUTES SECONDS

この度、Developers.IO Meetup「CM re:Growth」という勉強会を開催することになりました。
AWS re:InventをリスペクトしてCM re:Growthという名前にしています。とは言ってもre:Inventの報告会ではなく、弊社のAWSチームメンバーそれぞれがAWSに関するネタを話すビアバッシュ形式(会費有)の緩い勉強会です。

イベント概要

開催日程 2013年12月10日(火)
開場と開始時間 開場:18:15(受付開始)
開始:18:30
募集締切日時 2013年12月09日(月) 18:00
参加費 1,000円(受付にて会費をいただきます)
形式 ビアバッシュ
主催 クラスメソッド株式会社 Developers.IO
会場 SAPジャパン株式会社 本社
〒102-8022
東京都千代田区麹町 1-6-4 SAPジャパンビル 11F(提供:SAPジャパン株式会社)
定員 150名(増員しました)
申込み方法 こちらよりお申し込みください
多くの方に参加いただくため、キャンセルは可能な限り早めに行ってください。
ハッシュタグ #cmdevio

定員を150名に増員しました。

受付について

受付の際にconnpassから発行される受付票をご提示ください。合わせて会費1,000円をいただきます。

タイムテーブル

クラスメソッドAWSチームによる10のセッションを用意しております。

時間 登壇者 タイトル
18:30 - 案内・挨拶、乾杯
18:35 しんや Tableau x SAP HANA Oneで始めるリアルタイムBI (仮)
18:55 武川 努 re:Invent報告
19:15 能登 愉 EMR with the MapRは何がうれしいの(仮)
19:35 植木 和樹 運用担当者からみた、AWSへシステム移行する際に気にしてほしい5つのこと
19:55 - 休憩・席移動
20:05 横田 慎介 CloudWatchで出来ること
20:25 大瀧 隆太 Storage Gateway仮想テープライブラリによるバックアップ戦略
20:45 福田 寅成 AWS SDK for .NETを利用したExcelによるAWS環境定義書自動生成
21:05 望月 政夫 CloudFormationとSerfで作る全自動インフラ
21:25 - 休憩、席移動
21:35 都元 ダイスケ Infrastructure as CodeからFull Reproducible Infrastructureへ
21:55 横田 聡 Amazon DynamoDBによるセッション永続化とフェイルオーバー
22:15 - 終了の挨拶

プログラムは予告なく変更される場合がございます。

ビアバッシュについて

はじめの挨拶と同時に乾杯を行います。
飲み物はビール、サワー・カクテル、ソフトドリンク、軽食にサンドイッチを用意いたします。 4時間弱と長いイベントとなるため、おつまみ等をお持ち寄りください。

会場へのアクセス

SAPジャパン株式会社 本社
〒102-8022
東京都千代田区麹町 1-6-4 SAPジャパンビル 11F

http://global.sap.com/japan/about/company/corporate_profile/hanzomon.htm

  • 半蔵門駅 3B番出口直結(半蔵門線)
  • 麹町駅 3番出口徒歩6分(有楽町線)
  • 四ツ谷駅 麹町口徒歩14分(JR線・丸ノ内線・南北線)

お申し込みについて

お申し込みにはconnpassへのサインアップが必要です。

当勉強会へはこちらからお申し込みいただけます。皆さんお誘い合わせの上、奮ってご参加ください。

CM re:Growthへのお申し込みはこちら