D3.jsとRuby on Railsで棒グラフを表示してみる

Ruby

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

はじめに

タイトル通り、D3.jsとRuby on Railsを使い
棒グラフを表示する簡単なサンプルアプリケーションを作成してみました。 スクリーンショット 2014-04-18 11.17.37

D3.jsについては、弊社の以下のブログ等を参考にしてください。
D3.jsで始めるData-Drivenなページ作成

アプリケーションの構成は、上記の弊社ブログ記事内の「Bar Chart」をサンプルとして
・サーバ側(Railsのコントローラ)は、JSON形式でデータをクライアントに渡す
・クライアント側(D3.js)は、受け取ったJSONを棒グラフとして表示する
という形としました。

以下に、実装する上でのポイントとなる箇所を記述していきます。
尚、ソースコードは以下のGitHubに置いてあるので、全ソースを見たい方は参考にしてください。
d3_barchart_sample

実装について

1.ルーティング

今回は「Frequency」コントローラを作成し
・初期表示にはindexアクションを
・JSONデータの返却にはlistアクションを
それぞれ使用することにしました。

これらを実現するためのルーティングを、routes.rbに以下のように定義します。

config\routes.rb
  root 'frequency#index'
  get 'frequency/list'

2.D3.jsの参照

D3.jsを参照するよう、application.html.erbに以下のコードを追加します。

app\views\layouts\application.html.erb
<%= javascript_include_tag "http://d3js.org/d3.v3.min.js" %>

3.コントローラ

上記1.でも書いたように、初期表示をするindexアクションと、JSONデータを返却するlistアクションを記述します。
実際の案件では、データベースからデータを取得するケースが多いとは思いますが、今回はサンプルなので
JSONデータをベタ書きしています。
(※listアクションはデータ数が多いので、中略します。)

app\controllers\frequency_controller.rb
class FrequencyController < ApplicationController
  def index
  end
  
  def list
    data = [
      {
        "letter" => "A",
        "frequency" => ".08167"
      },
      {
        "letter" => "B",
        "frequency" => ".01492"
      },
      (中略)
      {
        "letter" => "Z",
        "frequency" => ".00074"
      }
    ]
    render :json => data
  end
end

4.リストの表示

リストを表示するD3.jsの処理を、今回はRailsのビューに記述しました。
(JavaScript用のファイルの書くべきかもしれません)

ソースはサンプルとほぼ同じですが、30行目で
・d3.json()を使用して、JSON形式のデータを取得している
・取得元として、上記3.で書いたlistアクションを指定している
ことが異なっています。

app\views\frequency\index.html.erb
<script>

var margin = {top: 20, right: 20, bottom: 30, left: 40},
    width = 960 - margin.left - margin.right,
    height = 500 - margin.top - margin.bottom;

var formatPercent = d3.format(".0%");

var x = d3.scale.ordinal()
    .rangeRoundBands([0, width], .1);

var y = d3.scale.linear()
    .range([height, 0]);

var xAxis = d3.svg.axis()
    .scale(x)
    .orient("bottom");

var yAxis = d3.svg.axis()
    .scale(y)
    .orient("left")
    .tickFormat(formatPercent);

var svg = d3.select("body").append("svg")
    .attr("width", width + margin.left + margin.right)
    .attr("height", height + margin.top + margin.bottom)
  .append("g")
    .attr("transform", "translate(" + margin.left + "," + margin.top + ")");

d3.json("frequency/list", function(error, data) {
  data.forEach(function(d) {
    d.frequency = +d.frequency;
  });
  
  x.domain(data.map(function(d) { return d.letter; }));
  y.domain([0, d3.max(data, function(d) { return d.frequency; })]);

  svg.append("g")
      .attr("class", "x axis")
      .attr("transform", "translate(0," + height + ")")
      .call(xAxis);

  svg.append("g")
      .attr("class", "y axis")
      .call(yAxis)
    .append("text")
      .attr("transform", "rotate(-90)")
      .attr("y", 6)
      .attr("dy", ".71em")
      .style("text-anchor", "end")
      .text("Frequency");

  svg.selectAll(".bar")
      .data(data)
    .enter().append("rect")
      .attr("class", "bar")
      .attr("x", function(d) { return x(d.letter); })
      .attr("width", x.rangeBand())
      .attr("y", function(d) { return y(d.frequency); })
      .attr("height", function(d) { return height - y(d.frequency); });

});

</script>

5.CSS

CSSについては、サンプルそのままです。
Railsのstylesheetsフォルダ内に、.cssファイルとして記述します。

app\assets\stylesheets\frequency.css
body {
  font: 10px sans-serif;
}

.axis path,
.axis line {
  fill: none;
  stroke: #000;
  shape-rendering: crispEdges;
}

.bar {
  fill: steelblue;
}

.x.axis path {
  display: none;
}

まとめ


今回はD3.jsのサンプルを、そのままRuby on Railsに適用してみましたが
css、JavaScriptを適切な箇所に配置することで、簡単にグラフを表示することができました。

AWS Cloud Roadshow 2017 福岡