Datadog のAWS監視にIAMロールを利用してみた

Datadog アイキャッチ

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

はじめに

AWSチームのすずきです。

監視SaaSとして知られるDatadog、AWSのCloudwatch、CloudTrailの監視を行う AWS Integrationは、IAMロールを利用して監視対象の情報を取得します。

今回、DatadogのAWSアカウントをクロスアカウントアクセスの許可先としたIAMロールを作成し、 Datadog のAWS Integration (Role Delegation)を実施する設定について、紹介させて頂きます。

※ AWS Integration は、中国とGovCloudを除き、IAMロールの設定が必須となりました。(2017年5月追記)

設定

Datadogの公式ドキュメントに準じ、AWS Integration、CloudTrail Integration の設定を行います。

外部IDの発行

  • Datadog AWS Integration の設定画面を開きます。

datadog-iam-role-01

  • AWSアカウントの設定画面を開き、AWS External IDを確認します。

datadog-iam-role-02

IAMロールの作成

  • AWS コンソール、IAMロール画面より「新しいロールの作成」を実行します

datadog-iam-role-03

  • ロール名は、公式ドキュメントに準じ「DatadogAWSIntegrationRole」とします

datadog-iam-role-04

  • ロールタイプの選択としてクロスアカウントアクセスのロールを指定し、「サードパーティの AWS アカウントの IAM ユーザーに、アカウントへのアクセスを許可します。」を選択します。

datadog-iam-role-05

  • 信頼性の確立で、DatadogのAWSアカウント(464622532012)を記入します。
  • 外部IDは、DatadogのAWS Integration画面で確認したAWS External IDを記入します
  • MFAが必要のオプションはチェックしません。

datadog-iam-role-06

  • 詳細なポリシーを後ほど作成して利用するので、管理ポリシーのアタッチは実施せず、次に進みます。

datadog-iam-role-07

  • 作成したIAMロール「DatadogAWSIntegrationRole」の変更画面を開きます。
  • Datadogが必要とするIAM権限、インラインポリシーで反映します。

datadog-iam-role-08

  • カスタムポリシーを指定し、PolicyEditorの使用を選択します

datadog-iam-role-09

  • ポリシー名は「DatadogAWSIntegrationPolicy」
  • ポリシードキュメントには 公式ドキュメント記載のJSONを反映します。

datadog-iam-role-10

  • DatadogAWSIntegrationPolicy (2017/5時点)
{
  "Version": "2012-10-17",
  "Statement": [
    {
      "Action": [
        "autoscaling:Describe*",
        "budgets:ViewBudget",
        "cloudtrail:DescribeTrails",
        "cloudtrail:GetTrailStatus",
        "cloudwatch:Describe*",
        "cloudwatch:Get*",
        "cloudwatch:List*",
        "dynamodb:list*",
        "dynamodb:describe*",
        "ec2:Describe*",
        "ec2:Get*",
        "ecs:Describe*",
        "ecs:List*",
        "elasticache:Describe*",
        "elasticache:List*",
        "elasticloadbalancing:Describe*",
        "elasticmapreduce:List*",
        "elasticmapreduce:Describe*",
        "es:ListTags",
        "es:ListDomainNames",
        "es:DescribeElasticsearchDomains",
        "kinesis:List*",
        "kinesis:Describe*",
        "logs:Get*",
        "logs:Describe*",
        "logs:FilterLogEvents",
        "logs:TestMetricFilter",
        "rds:Describe*",
        "rds:List*",
        "route53:List*",
        "s3:GetBucketTagging",
        "s3:ListAllMyBuckets",
        "ses:Get*",
        "sns:List*",
        "sns:Publish",
        "sqs:ListQueues",
        "support:*"
      ],
      "Effect": "Allow",
      "Resource": "*"
    }
  ]
}
  • CloudTrail Integrationを利用するため、S3に保管されているログを参照するためのポリシーを、DatadogAWSIntegrationRoleに付与します。

  • CloudTrailのログ保管先のS3バケット「cloudtrail-<リージョン>-<アカウントID>」、「cloudtrail-*」にcloudtrail用途以外のバケットは無いものとして設定しました。可能であればログ保管先のS3バケット名は明示し、Datadogが参照可能なS3を限定して利用される事をお勧めします。

  • DatadogAWSCloudTrailReadOnlyAccessPolicy

{ "Statement": [
  {
    "Action": [
      "s3:ListBucket",
      "s3:GetBucketLocation",
      "s3:GetObject"
    ],
    "Effect": "Allow",
    "Resource": [
      "arn:aws:s3:::cloudtrail-*"
    ]
  } ]
}

datadog-iam-role-11

  • ロールARNの確認
  • アカウントIDと、ロール名を確認します。

datadog-iam-role-13

Datadog アカウント設定

  • AWS Account ID と、ロール名を記入します。
  • ロール情報入力後、「Account credentials are valid」と有効性が確認出来ない場合には、記入情報を見直します

datadog-iam-role-12

  • External IDが変更となった場合、IAMロール(DatadogAWSIntegrationRole)の信頼関係の編集で、Condition→StringEquals→sts:ExternalIdの値を差し替えます。

datadog-iam-role-14

  • Datadogを監視対象台数に応じた有償ライセンスで利用する場合、「Optionally limit metrics collection」→ 「To hosts with tag:」を設定し、監視対象のEC2インスタンスを限定する事をお薦めします。

datadog-iamrole-2017-01

  • 「To hosts with tag: datadog-enable:true」とする事で、EC2のタグとして「キー:datadog-enable、値: true」と明示したインスタンスのみが、EC2監視の対象となります。

datadog-iamrole-2017-02

動作確認

  • AWS Integrationの設定後、30分〜1時間後位をめどに確認を実施します。

AWS Integrationのメトリック

  • DatadogのMetrics→Summary画面より「aws」、AWS Integrationのメトリックを確認します

datadog-iam-role-15

  • ロールを追加したアカウントに該当する項目をタグなどで選択し、グラフ表示を確認します。

datadog-iam-role-16

監視ホスト数

  • Datadogの課金、監視対象となったEC2台数に応じて発生します。(Proの場合、1台月額18$)
  • Datadogの管理画面より、「Usage」を開き、監視対象のホスト数が意図した台数であるか確認します。

datadog-iamrole-2017-03

datadog-iamrole-2017-04

アクセスキーの撤去

  • 過去にDatadogで利用していたアクセスキーが存在する場合、意図せぬ利用を回避するためアクセスキーの撤去、無効化をお薦めします。
  • アクセスキーを発行したIAMユーザを選択し、アクセスキーの管理を開きます。

datadog-iam-role-18

  • ステータス欄が「Active」なキーを「無効化」、または「削除」します。

datadog-iam-role-19

  • Datadog専用のIAMユーザを作成されていた場合には、IAMユーザごとの撤去がお勧めです。

まとめ

IAMアクセスキーを利用する場合、アクセスキー、シークレットキーが悪意をもった第三者に漏れた場合の対策を 常に意識することが必要でした。

適切なクロスアカウントアクセス設定を施したIAMロールの利用により、キーが不正利用されるリスクを大きく軽減でき、 シークレットキーの隠匿や、定期的なアクセスキー、シークレットキーの更新運用などからも開放されます。

今回、DatadogのAWS IntegrationでもIAMロールの利用が可能となりました。 新規導入の環境だけでなく、従来のアクセスキーを登録されている環境も、 IAMロールによる認証 (Role Delegation) へ切り替える事をおすすめします。

参考

CloudFormation

  • Datadog用のIAMロールを作成するテンプレートを用意しました。
  • Datadogが示す「AWS External ID」を、CloudFormationのパラメータとして指定する事で、Datadog用のロールを作成する事が可能です。
  • Datadogに反映する設定値(ロール名)は、CreateStack実行後、Outputsで確認可能です

datadog-iam-role-17

  • YAML版
AWSTemplateFormatVersion: '2010-09-09'
Parameters:
  DatadogExternalID:
    Default: ExternalID
    Description: Datadog AWS External ID
    Type: String
Resources:
  DatadogAWSIntegrationRole:
    Type: AWS::IAM::Role
    Properties:
      AssumeRolePolicyDocument:
        Version: '2012-10-17'
        Statement:
        - Action: sts:AssumeRole
          Effect: Allow
          Condition:
            StringEquals:
              sts:ExternalId: !Ref 'DatadogExternalID'
          Principal:
            AWS: arn:aws:iam::464622532012:root
      Path: /
  DatadogAWSIntegrationPolicy:
    Type: AWS::IAM::Policy
    Properties:
      PolicyName: DatadogAWSIntegration
      PolicyDocument:
        Version: '2012-10-17'
        Statement:
        - Action:
          - autoscaling:Describe*
          - budgets:ViewBudget
          - cloudtrail:DescribeTrails
          - cloudtrail:GetTrailStatus
          - cloudwatch:Describe*
          - cloudwatch:Get*
          - cloudwatch:List*
          - dynamodb:list*
          - dynamodb:describe*
          - ec2:Describe*
          - ec2:Get*
          - ecs:Describe*
          - ecs:List*
          - elasticache:Describe*
          - elasticache:List*
          - elasticloadbalancing:Describe*
          - elasticmapreduce:List*
          - elasticmapreduce:Describe*
          - es:ListTags
          - es:ListDomainNames
          - es:DescribeElasticsearchDomains
          - kinesis:List*
          - kinesis:Describe*
          - logs:Get*
          - logs:Describe*
          - logs:FilterLogEvents
          - logs:TestMetricFilter
          - rds:Describe*
          - rds:List*
          - route53:List*
          - s3:GetBucketTagging
          - s3:ListAllMyBuckets
          - ses:Get*
          - sns:List*
          - sns:Publish
          - sqs:ListQueues
          - support:*
          Effect: Allow
          Resource: '*'
      Roles:
      - !Ref 'DatadogAWSIntegrationRole'
  DatadogAWSCloudTrailReadOnlyAccessPolicy:
    Type: AWS::IAM::Policy
    Properties:
      PolicyName: DatadogAWSCloudTrailReadOnlyAccess
      PolicyDocument:
        Version: '2012-10-17'
        Statement:
        - Action:
          - s3:ListBucket
          - s3:GetBucketLocation
          Effect: Allow
          Resource: '*'
        - Action:
          - s3:GetObject
          Effect: Allow
          Resource: arn:aws:s3:::cloudtrail-*
      Roles:
      - !Ref 'DatadogAWSIntegrationRole'
Outputs:
  RoleName:
    Description: The IAM Role to share with Datadog (Name)
    Value: !Ref 'DatadogAWSIntegrationRole'
  RoleArn:
    Description: The IAM Role to share with Datadog (ARN)
    Value: !GetAtt 'DatadogAWSIntegrationRole.Arn'
  DatadogExternalID:
    Description: Datadog AWS External ID
    Value: !Ref 'DatadogExternalID'
  AwsAccoutID:
    Description: AWS Account ID
    Value: !Ref 'AWS::AccountId'

AWS Cloud Roadshow 2017 福岡