【初心者向け】わたしが入社時に読んでよかった3冊

これから IT 業界に転職を考えている文系事務職、非エンジニアの方にぜひ読んでしてほしい3冊を紹介します。
2022.02.23

こんにちは、chiccaです。

2019年2月にクラスメソッドへ入社して、早いもので3年経ちました。

異業種から転職したわたしは IT 知識ほぼゼロからスタートしました。

そんな状況で IT 知識のボトムアップにつながった本を3冊を紹介します。

IT用語図鑑 ビジネスで使える厳選キーワード256

まったく IT 知識がない人むけに IT 用語を解説している本です。用語を一言で説明した「概要」と「イラスト」でとても意味がつかみやすくなってます。

社内で飛び交う用語がわからず、Web で検索したら情報がたくさんでてきてどれを参考にしたらいいかわからなかったときに購入しました。

今でも資格の勉強をするときに使っています。

イラスト図解式 この一冊で全部わかるクラウドの基本

クラウドが登場した背景からサービスと技術、活用事例まで体系的に学べる一冊です。

この本を読むまで「クラウド」=「icloud」= 写真保存用フォルダだと思ってました。

そのせいか「クラウドコンピューティング」の「コンピューティング」が理解できなかったのですが

それを解決することができた本です。

AWSクラウドの基本と仕組み

クラウドコンピューティングと AWS の基礎知識を理解できる一冊です。付録で AWS の主要なサービスが簡潔な解説つきで提供されています。

AWS はサービスの種類と公式ドキュメントが充実しています。一方で、初心者には「どれから読みはじめたらいいか?」悩ましくもあります。

非エンジニアがはじめて AWS に触れる時に読んでおきたい本です。クラウドプラクティショナーの勉強にもおすすめです。

さいごに

入社した年にこの3冊の本に出会い、基礎知識を身に着けることができたおかげで

3年間がんばってこれたと感じています。

今回のブログがこれから IT 業界で働きはじめる誰かの参考になれば幸いです。