FSx for NetApp ONTAP 超初心者がマウントでつまづいた話

2023.05.23

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

こんにちは。アノテーションの中村 (誠) です。
先日 FSx for NetApp ONTAP の検証で初めてボリュームのマウントを実施した際につまづいた話を紹介します。

つまづいたこと

  • ファイルシステムの作成完了前にマウントしようとしてエラーになった
  • ファイルシステムの管理エンドポイントの IP アドレスとストレージ仮想マシン (SVM) の管理 IP アドレスを間違えた
  • 初期パスワードの設定方法がわからなかった

ファイルシステムの作成完了前にマウントしようとしてエラーになった

初歩的なことですが、ファイルシステムの作成には時間がかかります。

Amazon FSx for NetApp ONTAPを起動する場合、45分程度時間がかかります。
Single-AZの場合は25分程度でデプロイできる

EC2 が起動できてファイルシステムのマウントコマンドも表示されたので、さっそくマウントしようと思ったら以下のエラーが発生しました。

sh-5.2$ sudo mount -t nfs svm-028b3569606383334.fs-02511dd3f0accbc92.fsx.ap-northeast-1.amazonaws.com:/vol1 /fsx
mount.nfs: Failed to resolve server svm-028b3569606383334.fs-02511dd3f0accbc92.fsx.ap-northeast-1.amazonaws.com: Name or service not known

検索してもよくわからず途方に暮れていましたが、ふとコンソールを見てファイルシステムの作成中であることに気づきました。 ファイルシステムの作成完了後に再度マウントコマンドを実行したらマウントできました。

ファイルシステムの管理エンドポイントの IP アドレスとストレージ仮想マシン (SVM) の管理 IP アドレスを間違えた

EC2 からボリュームをマウントできたのでいざ管理エンドポイントにログインしようと思ったのですが、エンドポイントの IP アドレスを勘違いしてログインに失敗しました。
失敗したパターンではストレージ仮想マシン (SVM) の管理 IP アドレスを指定していました。

そもそも管理 IP アドレスがファイルシステムとストレージ仮想マシンそれぞれに存在することを知りませんでした。

失敗したパターン

sh-5.2$ ssh fsxadmin@<ストレージ仮想マシンの管理 IP アドレス>

成功したパターン

sh-5.2$ ssh fsxadmin@<ファイルシステムの管理エンドポイント IP アドレス>

初期パスワードの設定方法がわからなかった

ファイルシステムの管理エンドポイント IP アドレスで無事ログインと思ったら、パスワードを求められました。
ファイルシステム作成時にパスワードを設定した覚えはなかったので、コンソールを探したところ、ファイルシステムの管理タブに「ONTAP 管理者パスワード」という項目がありました。
とりあえず「更新」で新しいパスワードを設定したらログインできたので、パスワードの設定はできたと思いますが、これが正規の手順なのかはまだよくわかっていません。

とりえあずログインできてボリューム内でコマンドを実行する検証はできたのでよしとします。

参考にしたブログ

手順については以下の弊社ブログがわかりやすかったです。

まとめ

今回は FSx for NetApp ONTAP 超初心者がマウントでつまづいた話を紹介しました。
初歩的な内容ですがどなたかの参考になれば幸いです。

参考資料

アノテーション株式会社について

アノテーション株式会社は、クラスメソッド社のグループ企業として「オペレーション・エクセレンス」を担える企業を目指してチャレンジを続けています。「らしく働く、らしく生きる」のスローガンを掲げ、様々な背景をもつ多様なメンバーが自由度の高い働き方を通してお客様へサービスを提供し続けてきました。現在当社では一緒に会社を盛り上げていただけるメンバーを募集中です。少しでもご興味あれば、アノテーション株式会社 WEB サイトをご覧ください。