Amazon QuickSight 正負に関わらず差分の大きさ(絶対値)でソートする方法

Amazon QuickSight 正負に関わらず差分の大きさ(絶対値)でソートする方法

差分を求めた後に差分が大きい順にソートがしたい。
Clock Icon2024.06.26 10:02

Amazon QuickSight のテーブル表示において、数値の正負に関わらず変化の大きさ順にソートする方法を紹介します。

理想の状態

差分の大きさを絶対値ソートしたい。

サンプルデータ

ホテルの部屋タイプごとの予約数変動を例に、実装手順を説明します。

予約数の変動(差分)計算方法は、以下のブログを参照してください。

実装手順

1. 差分の絶対値を計算

まず、abs関数を使用して差分の絶対値を求めます。差分を求めた計算フィールドをabs()で括るだけです。

「差分絶対値」列を新たにテーブルへ追加し、前々日予約数と前日予約数の差分の絶対値を表示します。

2. 差分絶対値でソート

次に、「差分絶対値」列を基準に降順でソートします。

これにより、予約数の変動が大きいものが上位に表示されます。

3. 表示の最適化

最後に、差分絶対値の列を非表示にして見た目をスッキリさせます。

これにより、差分が絶対値でソートされた状態を維持しつつ、視覚的に分かりやすい表示になります。

おわりに

QuickSight を使用して差分の大きさ順にデータをソートする方法を紹介しました。データの変動を効果的に可視化し、洞察を得ることや傾向分析に役立つのではないでしょうか。

この記事をシェアする

facebook logohatena logotwitter logo

© Classmethod, Inc. All rights reserved.