【登壇資料】 Amplify Meetup で LT登壇しました!

2020.08.01

こんにちは!コンサル部のテウです。

2020年7月31日にAWS Japanさんより、日本初のAmplify Meetupが開催されました!(パチパチパチ)

私は普段 AWS Amplify が好きで、AWS Amplify を使ったいろんな開発パターンや、さらに効率よく開発できるパターンを考えていたため、今回のAmplify Meetupで、LT登壇を申し込みさせて頂きました。

本記事はそのLT登壇資料を公開する記事となります。

登壇資料

登壇のため作成したブログシリーズ

今回のLT登壇のため、いくつかのブログを書きました。

【AWS Amplify ノウハウ】 1. バックエンドとフロントエンドは分離しましょう!

Amplify プロジェクトを初期化する際に、バックエンドプロジェクトとフロントエンドプロジェクトを分離することで、どのようなメリットがあるか説明します。

【AWS Amplify ノウハウ】 2. enumタイプは Search APIで使用できません

@searchable をつけて生成された Search API を使う場合, 現時点では enum タイプが検索条件として使えないという点を共有し, 回避策を共有します。

【AWS Amplify ノウハウ】 3. GraphQL Schemaの type に @model を付けなかった時の注意すべきこと

@model ディレクティブの動作方式について詳しく説明し、@model ディレクティブをどういった場合につけるか、もしくは、つけないのかについての選択基準を提示します。

【AWS Amplify ノウハウ】 4. amplify codegen 時に depth 設定に関する注意点

amplify codegen 時に depth 設定について必ず知っておくべき点を共有します。

【AWS Amplify ノウハウ】 5. List API は DynamoDB で, Search API は Elasticsearch で!

List API と Search API のデータソースによる制約について説明します。

【AWS Amplify ノウハウ】 6. Amplify DataStore の導入は慎重に!

Amplify DataStore について簡単に紹介し、現時点での Amplify DataStore の制約事項について説明します。

【AWS Amplify ノウハウ】 7. Custom Resolver も積極的に活用しましょう!

Custom Resolver を作成方法について説明します。

最後に

一応登壇者として参加したんですが、他の登壇者の方々のセッションを聴きながら、非常に勉強になりました! Amplify に興味がある方々は是非他の方の登壇資料を参考にして頂ければと思います。

以上、コンサル部のテウでした!