AWS APAC Community Summit 2022参加レポートとタイ現地レポート #AWSCommunityAPAC

タイで行われたAWS APAC Community Summit 2022の参加レポートと、タイの現地レポートです。Community is so important!
2022.09.25

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

こんにちは、臼田です。

みなさん、コミュニティ活動してますか?(挨拶

今回は先日タイはバンコクで行われたAWS APAC Community Summit 2022の参加レポートと、おまけにタイの現地レポートです。

AWS APAC Community Summit 2022イベント概要

AWS APAC Community Summit 2022はAPAC各国のAWSコミュニティに関わる中心メンバーを集めたAWS主催のイベントです。

参加者の種類は主に下記3枠です。

  • AWS Heroes
    • AWS Hero枠の中で特に地域のコミュニティ活動に貢献している方
  • AWS Community Leaders
    • AWSユーザーグループで中心的に活動している方
    • 日本ではJAWS-UGにおけるコアメンバーが多いです
  • AWS Community Builders
    • AWS Community Buildersプログラムに参加し様々なアウトプットを行っている方

私はSecurity-JAWSのAWS Community Leaders枠で参加させていただきました。ちなみに同じSecurity-JAWSのメンバーである吉江さんはAWS Community Heroes枠で参加されていました。

9/15 - 16の2日間、会場はタイのアナンタラ・サイアム・バンコク ホテルで行われました。参加者には旅費・宿泊費・食事代がサポートされ非常に快適に参加できました。

イベントの中ではAWSや各コミュニティのメンバーからセッションやLTがあり、「もっとAWSコミュニティを盛り上げていくぞ!」と高ぶる内容でした。

その中からいくつかピックアップしてレポートします。

イベントレポート

Welcome Note

サミット最初の概要セッション。

  • 2020年から2022年までのAWSコミュニティの活動実績
    • 1500を超えるユーザーグループのイベント
    • 8万を超える開発者へのリーチ
    • 900を超えるコミュニティビルダーの登録
    • 41のHeroes認定
  • 特にこの期間によく活動したコミュニティの名前にSecurity-JAWSが!!!!!

  • 今回は133名のCommunity Leadersが参加している
    • 36名のHeroes
    • 60名のUser Group Leaders
    • 28名のCommunity Builders
    • 9名のDev/Cloud Alliance Members

  • キーワードはLearn. Connect. Celebrate.

Future of AWS Community

AWSコミュニティの未来についてAWSからのセッション。

We are on a multi-year journey to transform AWS into the best ally for builders to build on

Felipe LeMaitre AWS WW Developer Relations Director

  • CommunityはKey
    • セールスじゃなくてパッションを作る

  • 直近行われた大型のコミュニティイベント
    • AWS Serverless Community Day ANZ 2020
    • JAWS PANKRATION 2021
    • AWSKRUG 10th Anniversary
    • Women in tech in India 2022

  • ビルダーコミュニティに対するAWSの信条
    • 数百万にスケール
    • 本物であること
    • 相互接続されたジャーニーを作る
    • 持続的な成長をサポート
    • 認識とインセンティブ
    • コミュニティを信頼する
    • 人と人との交流を育む
  • Community is so important!

Cybersecurity for Developers

開発者のためのサイバーセキュリティに関するセッション。

日本語で同様の内容が下記にあるのでご参照ください。

かんたんに抜粋。

  • セキュリティに対する取り組みを検討するためには要件を具体的にする必要がある
  • 具体化する手法に脅威モデリングがある
  • 脅威のリストやセキュリティのガイドラインの参考リンクあり
  • 実装時にセキュリティチェックを自動化する方法の紹介
  • CI/CD パイプラインへの組み込み方法

みんなで記念撮影

パシャリ。(こちらからサムネイルを拝借しました)

APAC Community Awards 2022

コミュニティに貢献した方たちを表彰する会。

  • ドレスコードで各国のトラディショナルスタイルもOKとのことで日本はこんな感じ

  • 日本からは5人がノミネートされ、うち2人が受賞。すばら!
  • 浜松支部の松井さん

アワード終わりには私の推しであるセキュリティサービスアイコンと記念写真をパシャリ。

他にもいろんなセッションやLTを聞いたりワイワイしたり踊ったりしました。

現地レポート

せっかく初めてのタイだったので現地のレポートもしていきます。

スワンナプーム国際空港について鉄道(ARL)で移動中の風景。最初は水没したところが非常に多く見受けられましたが、だんだん整備されていって、退廃的な風景と高層ビル群が混ざって街が形成されている不思議な風景に変わっていくのは見ていて楽しいです。

ARLから乗り換えてBTSという鉄道へ。ARLはタッチ式のコインで出入りしましたがBTSはカード型で1回使い切りのSuicaみたいな感じ。日本の鉄道と対して変わらないので、乗り換えとかきちんと押さえておけば便利に活用できると感じました。(駅名は見ても分かりづらいのでA1とかS1とか記号で覚えると良さそう)

アナンタラホテルは豪華すぎてやばい。部屋すごく広い。

エントランスの階段やばい(語彙力喪失)

サミット終わりに大型ショッピングモールのICONSIAMへ。

パッタイ美味しいし安い。

マンゴージュースもめちゃくちゃ美味しい(お店による)

こちらにいらしたタオ・ウェスワンとパシャリ。

日付変わってマッサージの本場ワット・ポーへ。いろんな像が点在していました。

ここ曲がるー

なぜかしゃがんで小さく前ならえする人(牛)

ワット・ポーの見どころである特大の涅槃仏。写真じゃ絶対伝わらない。

真ん中からパノラマ撮影するとこんな感じ。

ワット・ポー近くのお店で食べたマッサマンカレー。こいつはBest of Best!スープカレーみたいな形態でココナッツとナッツの風味があり比較的マイルドなカレー。食べだすと止まらない。同じテーブルにいた皆さん口を揃えて「一番うまい!」とバクバク食っていました。一生食いたい。

最後にスワンナプーム国際空港にいらっしゃったマスクのタオ・ウェスワンとお揃いでパシャリ。

ちなみに完全に余談ですが、私の趣味であるラグナロクオンライン(RO)ではタイを元にした「アユタヤ」というマップがあるのですが、以下のようにマップに涅槃仏やタオ・ウェスワンが配置されています。聖地巡礼できた気分で最高でした!

ちなみにタオ・ウェスワンはタムランというモンスターのモチーフにもなっているのですが、アユタヤダンジョンさながらに現地の色んな場所にたくさんタオ・ウェスワンがいてワクワクが止まりませんでした。お土産もこれにしました。

時間がなくいけませんでしたが、もし次回タイに行くなら実際のアユタヤに行きたいです。

その他参考レポート

参考にさせてもらった他の参加者のレポート等も紹介します。

まとめ

イベントのインプットもタイのインプットもどちらも最高でした!

これからもガンガンアウトプットしていきます!