[随時更新] AWS re:Invent 2021 Werner Vogeles Keynote で発表された新サービス・アップデートまとめ #reinvent

2021.12.03

ご機嫌いかがでしょうか?豊崎です。

AWS re:Invent 2021、お待たせしました。Amazon.comのCTO Dr.Werner Vogelsのキーノートが行われています。本ブログでは、このキーノートで発表されたサービス、アップデート情報をまとめていきます。

Compute

Amazon EC2 M1 Mac instance

昨年、発表されたEC2 Mac Instanceは非常に大きな驚きがありましたが、今年は、M1のMac miniで稼働する、Amazon EC2 M1 Mac instanceが公開されました。

Amazon EC2 M1 Mac instanceは現在プレビューで、申請後に利用可能になっています。

Networking

AWS Cloud WAN

グローバルネットワークの構築、管理、監視を支援するWAN(Wide Area Networking)サービスが発表されました。

AWS Cloud WANではセントラルダッシュボードとネットワークポリシーを使って、複数拠点と世界規模のネットワーク構築することが可能です。

Development

AWS Amplify Studio

Web/モバイル開発を行う際に、デザインツールと強力に連携してUI開発を最小限のコーディングで行いつつ、簡単かつ高速にバックエンドを構築/管理する環境を提供する開発環境です。

Scale with Amplify

amplifyのCLIコマンドで新たにOverride,Add,Exportが増え、amplifyでできることの範囲が更に広がりました。

AWS SDKs for Swift Kotlin Rust

Swift, Kotlin, Rust の AWS SDK の Developer Preview が発表されました。

AWS Cloud Development Kit v2

これまでは experimental(実験的なバージョン)として提供されていたAWS CDK V2 が本日よりstable(安定したバージョン)となりました。V2で利用できる機能の中で本番適用したかった機能を、開発環境などでテストした上でリリースできるようになりました。

Construct Hub

クラウド開発を簡素化するためのオープンソースのコンストラクトライブラリのレジストリ。コンストラクトは、クラウド開発キット(CDK)の再利用可能なビルディングブロックです。

Architecture

AWS Well-Architected Sustainability Pillar

AWS Well-Architected Frameworkの新しい柱が発表されました。セキュリティ、コスト、パフォーマンス、信頼性、運用性のバランスと、クラウドワークロードのサステナビリティの成果について、十分な情報に基づいた意思決定を行うことができます。

Community

AWS re:Post

コミュニティ主導の新しい質問応答サービスです。AWS上のワークロードの設計、構築、デプロイ、運用に関連するあらゆる質問をすることができ、AWSのお客様、パートナー、従業員を含むコミュニティのエキスパートから回答を得ることができます。