AWS Systems Manager ランコマンドの出力を AWS CLI で直接確認するためにはひと工夫が必要

AWS Systems Manager ランコマンドの出力を AWS CLI で直接確認するためにはひと工夫が必要

Clock Icon2022.12.28

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

ランコマンドの結果を AWS CLI で取得したい

コンバンハ、千葉(幸)です。

AWS Systems Manager ランコマンドを用いると複数のインスタンスを対象にコマンドを実行できます。

例えば以下の画像では 20 台のインスタンスに対して同一の処理を一括で行なっています。具体的にはインスタンスにインストール済みの CloudWatch エージェントのバージョンを確認する、というコマンドを実行しています。

AWS_Systems_Manager_-_Run_Command_windows_CloudWatch_agent-1197940

これらの実行結果をコンソールから確認したいとなった場合、「コマンドの実行結果画面からターゲットのインスタンスを選択」→「インスタンスの詳細画面で出力を確認」という操作をターゲットごとに行う必要があります。

img

台数が多くなければそこまで手間ではありませんが、せっかくなら AWS CLI でササっと確認したいという思いを抱きました。検討を進めていく中で少し詰まった部分があるのでご紹介します。

まとめ

  • AWS CLI でランコマンドの結果を確認できるコマンドは以下がある
    1. list-command-invocations — AWS CLI 2.9.10 Command Reference
    2. get-command-invocation — AWS CLI 2.9.10 Command Reference
  • 両者ともに出力を確認できるのはPluginによるものである
    • 1.list-コマンドで Plugin の詳細を表示するためには--detailsオプションの付与が必要
    • 2.get-コマンドではデフォルトで Plugin が表示されるが、1.list-コマンドに比べ対応しているドキュメントが少ない?
    • 1.list-コマンドの Plugin のOutputでは標準出力と標準エラー出力が区別されない
  • 2.get-コマンドではコマンド ID に加えてインスタンス ID の指定が必須
  • 両者ともに「S3 バケットへの書き込み」を有効化していた場合、標準出力、標準エラー出力の S3 オブジェクト URL が記録される
    • パス形式の URL なのでちょっと取り回しがしづらい

もろもろ鑑みて、1.list-コマンドの方が使いやすいと感じました。その上で、--detailsオプションを付与しないと詳細が表示されない、というのが躓きポイントでした。

使用した AWS CLI のバージョン

今回のエントリの内容は以下バージョンの AWS CLI で試行した内容に基づいています。

% aws --version
aws-cli/2.9.1 Python/3.9.11 Darwin/22.1.0 exe/x86_64 prompt/off

AWS SSM ランコマンドの実行例

AWS CLI コマンドの詳細を見ていく前に、例としてランコマンドを実行しておきます。

Systems Manager コンソールから「Run Command(左ペイン)」→「Run Command(ボタン)」と進みます。

今回はドキュメントとしてAWS-RunShellScriptを使用します。ターゲットとなるインスタンスで実行させる内容を、パラメータCommandsに指定します。

ここでは以下のようにメタデータから自身のプライベート IP アドレスを取得する処理を指定しました。




#!/bin/bash
curl http://169.254.169.254/latest/meta-data/local-ipv4

ターゲットを指定します。今回は環境に 3 台のマネージドノードが存在するため、それぞれ手動で選択します。なお、すべて Linux のインスタンスです。

AWS_Systems_Manager_-_Run_Command_excute

出力オプションとして S3 バケットへの書き込みを有効化します。このオプションを使用する場合、ターゲットインスタンスが対象の S3 バケットに書き込み権限を持っている必要があることに注意してください。

AWS_Systems_Manager_-_Run_Command_s3_output

その他のオプションはデフォルトのまま画面下部に進んでいくと、今回指定した内容を AWS CLI で実行する際のコマンドを記述してくれています。

AWS_Systems_Manager_-_Run_Command_CLI_Command

テキストにするとこんな感じ。似たようなコマンドを実行する際の参考にできそうです。

aws ssm send-command --document-name "AWS-RunShellScript" --document-version "1" --targets '[{"Key":"InstanceIds","Values":["i-02148b21728321265","i-04f6c32b1d9c46916","i-0b14c40e0479d0009"]}]' --parameters '{"workingDirectory":[""],"executionTimeout":["3600"],"commands":["#!/bin/bash","curl http://169.254.169.254/latest/meta-data/local-ipv4"]}' --timeout-seconds 600 --max-concurrency "50" --max-errors "0" --output-s3-bucket-name "chiba-ssm-log" --output-s3-key-prefix "hogehoge" --region ap-northeast-1

コンソール上でコマンド実行を行います。以下のように実行結果が表示されました。

AWS_Systems_Manager_-_Run_Command_result

ターゲットの詳細を確認してみるとこのような感じ。Output(標準出力)には意図どおりプライベート IP アドレスが記述されています。

AWS_Systems_Manager_-_Run_Command_output_error

↑あまり意識していなかったのですが、Error(標準エラー出力)には進捗メーターが表示されています。このエラー出力を抑止したいという場合は以下のような工夫が必要です。

# curlの-sオプションでエラー出力を抑止
curl -s http://169.254.169.254/latest/meta-data/local-ipv4

# 標準エラー出力を/dev/nullに捨てる
curl http://169.254.169.254/latest/meta-data/local-ipv4 2> /dev/null

aws ssm list-command-invocations

上記のコマンド実行結果をaws ssm list-command-invocationsで確認してみます。

以下のように結果が得られます。ここでCommandPluginsの内容が空になっており、「もしかして都度 S3 からダウンロードして確認しないといけない?」と試行錯誤をしていました。

% COMMAND_ID=5431f2a8-1fc2-47b5-aca0-3abc55cac49d
% aws ssm list-command-invocations --command-id $COMMAND_ID
{
    "CommandInvocations": [
        {
            "CommandId": "2ca57e61-f070-4803-b008-3050f8c15a5c",
            "InstanceId": "i-0b14c40e0479d0009",
            "InstanceName": "ip-172-31-38-78.ap-northeast-1.compute.internal",
            "Comment": "",
            "DocumentName": "AWS-RunShellScript",
            "DocumentVersion": "1",
            "RequestedDateTime": "2022-12-28T03:18:14.983000+09:00",
            "Status": "Success",
            "StatusDetails": "Success",
            "StandardOutputUrl": "https://s3.ap-northeast-1.amazonaws.com/chiba-ssm-log/hogehoge/2ca57e61-f070-4803-b008-3050f8c15a5c/i-0b14c40e0479d0009/awsrunShellScript/0.awsrunShellScript/stdout",
            "StandardErrorUrl": "https://s3.ap-northeast-1.amazonaws.com/chiba-ssm-log/hogehoge/2ca57e61-f070-4803-b008-3050f8c15a5c/i-0b14c40e0479d0009/awsrunShellScript/0.awsrunShellScript/stderr",
            "CommandPlugins": [],
            "ServiceRole": "",
            "NotificationConfig": {
                "NotificationArn": "",
                "NotificationEvents": [],
                "NotificationType": ""
            },
            "CloudWatchOutputConfig": {
                "CloudWatchLogGroupName": "",
                "CloudWatchOutputEnabled": false
            }
        },
        {
        ...2台目の実行結果...
        },
        {
        ...3台目の実行結果...
        }
    ]
}

--details オプションを付与する

リファレンスを見ると以下の記述があります。アウトプットの詳細を見るためには--detailsオプションの明示的な指定が必要なようです。

--details | --no-details (boolean)

(Optional) If set this returns the response of the command executions and any command output. The default value is false .

オプションを指定して実行した場合の結果が以下の通り。CommandPluginsの詳細が記録されており、Outputとして出力が記録されています。

% COMMAND_ID=2ca57e61-f070-4803-b008-3050f8c15a5c
% aws ssm list-command-invocations --command-id $COMMAND_ID\
 --details
{
    "CommandInvocations": [
        {
            "CommandId": "2ca57e61-f070-4803-b008-3050f8c15a5c",
            "InstanceId": "i-0b14c40e0479d0009",
            "InstanceName": "ip-172-31-38-78.ap-northeast-1.compute.internal",
            "Comment": "",
            "DocumentName": "AWS-RunShellScript",
            "DocumentVersion": "1",
            "RequestedDateTime": "2022-12-28T03:18:14.983000+09:00",
            "Status": "Success",
            "StatusDetails": "Success",
            "StandardOutputUrl": "https://s3.ap-northeast-1.amazonaws.com/chiba-ssm-log/hogehoge/2ca57e61-f070-4803-b008-3050f8c15a5c/i-0b14c40e0479d0009/awsrunShellScript/0.awsrunShellScript/stdout",
            "StandardErrorUrl": "https://s3.ap-northeast-1.amazonaws.com/chiba-ssm-log/hogehoge/2ca57e61-f070-4803-b008-3050f8c15a5c/i-0b14c40e0479d0009/awsrunShellScript/0.awsrunShellScript/stderr",
            "CommandPlugins": [
                {
                    "Name": "aws:runShellScript",
                    "Status": "Success",
                    "StatusDetails": "Success",
                    "ResponseCode": 0,
                    "ResponseStartDateTime": "2022-12-28T03:18:15.183000+09:00",
                    "ResponseFinishDateTime": "2022-12-28T03:18:15.499000+09:00",
                    "Output": "172.31.38.78\n----------ERROR-------\n  % Total    % Received % Xferd  Average Speed   Time    Time     Time  Current\n                                 Dload  Upload   Total   Spent    Left  Speed\n\r  0     0    0     0    0     0      0      0 --:--:-- --:--:-- --:--:--     0\r100    12  100    12    0     0   8510      0 --:--:-- --:--:-- --:--:-- 12000\n",
                    "StandardOutputUrl": "https://s3.ap-northeast-1.amazonaws.com/chiba-ssm-log/hogehoge/2ca57e61-f070-4803-b008-3050f8c15a5c/i-0b14c40e0479d0009/awsrunShellScript/0.awsrunShellScript/stdout",
                    "StandardErrorUrl": "https://s3.ap-northeast-1.amazonaws.com/chiba-ssm-log/hogehoge/2ca57e61-f070-4803-b008-3050f8c15a5c/i-0b14c40e0479d0009/awsrunShellScript/0.awsrunShellScript/stderr",
                    "OutputS3Region": "ap-northeast-1",
                    "OutputS3BucketName": "chiba-ssm-log",
                    "OutputS3KeyPrefix": "hogehoge/2ca57e61-f070-4803-b008-3050f8c15a5c/i-0b14c40e0479d0009/awsrunShellScript"
                }
            ],
            "ServiceRole": "",
            "NotificationConfig": {
                "NotificationArn": "",
                "NotificationEvents": [],
                "NotificationType": ""
            },
            "CloudWatchOutputConfig": {
                "CloudWatchLogGroupName": "",
                "CloudWatchOutputEnabled": false
            }
        },
        {
        ...2台目の実行結果...
        },
        {
        ...3台目の実行結果...
        }
    ]
}

Outputでは「標準出力」と「標準エラー出力」が分かれておらず、\n----------ERROR-------\nで両者をつないで出力するようです。

標準出力の結果だけ欲しい、という場合は先ほど見たように標準エラー出力を抑止するようにするとよさそうです。

標準出力、標準エラー出力の S3 オブジェクトの URL

上記の実行結果には標準出力、標準エラー出力が記録された S3 オブジェクトの URL が記述されています。

StandardOutputUrlを例にとると以下の URL です。

https://s3.ap-northeast-1.amazonaws.com/chiba-ssm-log/hogehoge/2ca57e61-f070-4803-b008-3050f8c15a5c/i-0b14c40e0479d0009/awsrunShellScript/0.awsrunShellScript/stdout

これは以下の構成のようです。

https://s3.{リージョン}.amazonaws.com/{バケット名}/{プレフィックス}/{コマンドID}/{インスタンスID}/{ランタイムコンフィグ?}/{ランタイムID?}/stdout

ランタイムうんぬんと言っているのはドキュメントAWS-RunShellScriptのコンテンツの以下の部分です。

{
  "schemaVersion": "1.2",
  "description": "Run a shell script or specify the commands to run.",
  "parameters": {
    "commands": {
      "type": "StringList",
      "description": "(Required) Specify a shell script or a command to run.",
      "minItems": 1,
      "displayType": "textarea"
    },
    "workingDirectory": {
      "type": "String",
      "default": "",
      "description": "(Optional) The path to the working directory on your instance.",
      "maxChars": 4096
    },
    "executionTimeout": {
      "type": "String",
      "default": "3600",
      "description": "(Optional) The time in seconds for a command to complete before it is considered to have failed. Default is 3600 (1 hour). Maximum is 172800 (48 hours).",
      "allowedPattern": "([1-9][0-9]{0,4})|(1[0-6][0-9]{4})|(17[0-1][0-9]{3})|(172[0-7][0-9]{2})|(172800)"
    }
  },
  "runtimeConfig": {
    "aws:runShellScript": {
      "properties": [
        {
          "id": "0.aws:runShellScript",
          "runCommand": "{{ commands }}",
          "workingDirectory": "{{ workingDirectory }}",
          "timeoutSeconds": "{{ executionTimeout }}"
        }
      ]
    }
  }
}

一度は非推奨化とアナウンスのあったパス形式の URL が使われているのがなんとも言えないところです。

S3 URL 形式に変換して aws s3 cp でストリーミングダウンロードする、というのは以下コマンドで実現できました。

% URL=https://s3.ap-northeast-1.amazonaws.com/chiba-ssm-log/hogehoge/2ca57e61-f070-4803-b008-3050f8c15a5c/i-0b14c40e0479d0009/awsrunShellScript/0.awsrunShellScript/stdout
% echo $URL | sed -e 's/s3.*.com\///' -e 's/https/s3/' | read s3uri; aws s3 cp $s3uri -
172.31.38.78%

完全な余談ですが、仮に今後この URL が仮想ホスト形式で返って来るようになった場合には以下のような形で変換することになるかと思います。

% URL2=https://chiba-ssm-log.s3.ap-northeast-1.amazonaws.com/hogehoge/2ca57e61-f070-4803-b008-3050f8c15a5c/i-0b14c40e0479d0009/awsrunShellScript/0.awsrunShellScript/stdout
% echo $URL2 | sed -e 's/.s3.*.com//' -e 's/https/s3/'
s3://chiba-ssm-log/hogehoge/2ca57e61-f070-4803-b008-3050f8c15a5c/i-0b14c40e0479d0009/awsrunShellScript/0.awsrunShellScript/stdout

aws ssm get-command-invocation

同じランコマンドの結果を対象にaws ssm get-command-invocationコマンドを実行してみます。

aws ssm get-command-invocationではaws ssm list-command-invocationsと異なりインスタンス ID の指定が必須です。

% COMMAND_ID=2ca57e61-f070-4803-b008-3050f8c15a5c
% INSTANCE_ID=i-0b14c40e0479d0009
% aws ssm get-command-invocation --command-id $COMMAND_ID --instance-id $INSTANCE_ID
{
    "CommandId": "2ca57e61-f070-4803-b008-3050f8c15a5c",
    "InstanceId": "i-0b14c40e0479d0009",
    "Comment": "",
    "DocumentName": "AWS-RunShellScript",
    "DocumentVersion": "1",
    "PluginName": "aws:runShellScript",
    "ResponseCode": 0,
    "ExecutionStartDateTime": "2022-12-27T18:18:15.183Z",
    "ExecutionElapsedTime": "PT0.316S",
    "ExecutionEndDateTime": "2022-12-27T18:18:15.183Z",
    "Status": "Success",
    "StatusDetails": "Success",
    "StandardOutputContent": "172.31.38.78",
    "StandardOutputUrl": "https://s3.ap-northeast-1.amazonaws.com/chiba-ssm-log/hogehoge/2ca57e61-f070-4803-b008-3050f8c15a5c/i-0b14c40e0479d0009/awsrunShellScript/0.awsrunShellScript/stdout",
    "StandardErrorContent": "  % Total    % Received % Xferd  Average Speed   Time    Time     Time  Current\n                                 Dload  Upload   Total   Spent    Left  Speed\n\r  0     0    0     0    0     0      0      0 --:--:-- --:--:-- --:--:--     0\r100    12  100    12    0     0   8510      0 --:--:-- --:--:-- --:--:-- 12000\n",
    "StandardErrorUrl": "https://s3.ap-northeast-1.amazonaws.com/chiba-ssm-log/hogehoge/2ca57e61-f070-4803-b008-3050f8c15a5c/i-0b14c40e0479d0009/awsrunShellScript/0.awsrunShellScript/stderr",
    "CloudWatchOutputConfig": {
        "CloudWatchLogGroupName": "",
        "CloudWatchOutputEnabled": false
    }
}

大まかにはaws ssm list-command-invocationsと同じであるものの、細部で項目の差異があります。また、標準出力と標準エラー出力が項目として分かれているのが大きな特徴かと思います。

さらに詳細な情報を出力する、というオプションはないようでした。インスタンス ID の指定が必要なところが取り回しがしづらい部分かなという印象です。

CommandPlugins は特定のドキュメント限定?

aws ssm list-command-invocationsでは--detailsオプションを付与することでCommandPluginsの中身を出力することができました。

CommandPluginsについて、リファレンスに気になる記述があります。

Name -> (string)

The name of the plugin. Must be one of the following: aws:updateAgent , aws:domainjoin , aws:applications , aws:runPowerShellScript , aws:psmodule , aws:cloudWatch , aws:runShellScript , or aws:updateSSMAgent .

特定の名称のプラグインしかここには含まれない、と書いてありそうです。また、このプラグインはランコマンドドキュメント名とある程度相関性がありそうです。

上記のプラグイン名に関連しなさそうなAWS-ConfigureAWSPackageドキュメントを実行してその結果を確認してみることにします。

以下を指定し、実行します。

  • コマンドのパラメータ:NameAmazonCloudWatchAgent
  • ターゲット:インスタンス 2 台
  • S3 バケットへの書き込み:有効化(chiba-ssm-log/cwagent

AWS_Systems_Manager_-_Run_Command_CloudWatch_egent

aws ssm list-command-invocations の --details なし

--detailsなしだとCommandPluginsの中身が出力されないのは想定通りです。

% COMMAND_ID=1b85a43b-65f8-4f98-94e9-0489c9092a69
% aws ssm list-command-invocations --command-id $COMMAND_ID
{
    "CommandInvocations": [
        {
            "CommandId": "1b85a43b-65f8-4f98-94e9-0489c9092a69",
            "InstanceId": "i-0a9960e6e67d81a58",
            "InstanceName": "ip-172-31-32-131.ap-northeast-1.compute.internal",
            "Comment": "",
            "DocumentName": "AWS-ConfigureAWSPackage",
            "DocumentVersion": "1",
            "RequestedDateTime": "2022-12-28T04:37:46.562000+09:00",
            "Status": "Success",
            "StatusDetails": "Success",
            "StandardOutputUrl": "",
            "StandardErrorUrl": "",
            "CommandPlugins": [],
            "ServiceRole": "",
            "NotificationConfig": {
                "NotificationArn": "",
                "NotificationEvents": [],
                "NotificationType": ""
            },
            "CloudWatchOutputConfig": {
                "CloudWatchLogGroupName": "",
                "CloudWatchOutputEnabled": false
            }
        },
        {
        ...略...
        }
    ]
}

気になるのは S3 バケットへの書き込みを有効化しているのにStandardOutputUrlStandardErrorUrlがブランクである点です。

aws ssm list-command-invocations の --details あり

--detailsオプションを付与することでCommandPluginsの中身が出力されます。ドキュメントのステップごとにプラグインが分かれているようです。

% COMMAND_ID=1b85a43b-65f8-4f98-94e9-0489c9092a69
% aws ssm list-command-invocations --command-id $COMMAND_ID\
 --details
{
    "CommandInvocations": [
        {
            "CommandId": "1b85a43b-65f8-4f98-94e9-0489c9092a69",
            "InstanceId": "i-0a9960e6e67d81a58",
            "InstanceName": "ip-172-31-32-131.ap-northeast-1.compute.internal",
            "Comment": "",
            "DocumentName": "AWS-ConfigureAWSPackage",
            "DocumentVersion": "1",
            "RequestedDateTime": "2022-12-28T04:37:46.562000+09:00",
            "Status": "Success",
            "StatusDetails": "Success",
            "StandardOutputUrl": "",
            "StandardErrorUrl": "",
            "CommandPlugins": [
                {
                    "Name": "configurePackage",
                    "Status": "Success",
                    "StatusDetails": "Success",
                    "ResponseCode": 0,
                    "ResponseStartDateTime": "2022-12-28T04:37:46.703000+09:00",
                    "ResponseFinishDateTime": "2022-12-28T04:37:54.796000+09:00",
                    "Output": "Initiating arn:aws:ssm:::package/AmazonCloudWatchAgent 1.247357.0b252275 install\nPlugin aws:runShellScript ResultStatus Success\ninstall output: Running sh install.sh\ncreate group cwagent, result: 0\ncreate user cwagent, result: 0\n\nSuccessfully installed arn:aws:ssm:::package/AmazonCloudWatchAgent 1.247357.0b252275\n",
                    "StandardOutputUrl": "https://s3.ap-northeast-1.amazonaws.com/chiba-ssm-log/cwagent/1b85a43b-65f8-4f98-94e9-0489c9092a69/i-0a9960e6e67d81a58/awsconfigurePackage/configurePackage/stdout",
                    "StandardErrorUrl": "https://s3.ap-northeast-1.amazonaws.com/chiba-ssm-log/cwagent/1b85a43b-65f8-4f98-94e9-0489c9092a69/i-0a9960e6e67d81a58/awsconfigurePackage/configurePackage/stderr",
                    "OutputS3Region": "ap-northeast-1",
                    "OutputS3BucketName": "chiba-ssm-log",
                    "OutputS3KeyPrefix": "cwagent/1b85a43b-65f8-4f98-94e9-0489c9092a69/i-0a9960e6e67d81a58/awsconfigurePackage"
                },
                {
                    "Name": "createDownloadFolder",
                    "Status": "Success",
                    "StatusDetails": "Success",
                    "ResponseCode": 0,
                    "ResponseStartDateTime": "2022-12-28T04:37:46.703000+09:00",
                    "ResponseFinishDateTime": "2022-12-28T04:37:46.703000+09:00",
                    "Output": "Step execution skipped due to unsatisfied preconditions: '\"StringEquals\": [platformType, Windows]'. Step name: createDownloadFolder",
                    "StandardOutputUrl": "https://s3.ap-northeast-1.amazonaws.com/chiba-ssm-log/cwagent/1b85a43b-65f8-4f98-94e9-0489c9092a69/i-0a9960e6e67d81a58/awsrunPowerShellScript/0.createDownloadFolder/stdout",
                    "StandardErrorUrl": "https://s3.ap-northeast-1.amazonaws.com/chiba-ssm-log/cwagent/1b85a43b-65f8-4f98-94e9-0489c9092a69/i-0a9960e6e67d81a58/awsrunPowerShellScript/0.createDownloadFolder/stderr",
                    "OutputS3Region": "ap-northeast-1",
                    "OutputS3BucketName": "chiba-ssm-log",
                    "OutputS3KeyPrefix": "cwagent/1b85a43b-65f8-4f98-94e9-0489c9092a69/i-0a9960e6e67d81a58/awsrunPowerShellScript"
                }
            ],
            "ServiceRole": "",
            "NotificationConfig": {
                "NotificationArn": "",
                "NotificationEvents": [],
                "NotificationType": ""
            },
            "CloudWatchOutputConfig": {
                "CloudWatchLogGroupName": "",
                "CloudWatchOutputEnabled": false
            }
        },
        {
        ...略...
        }
    ]
}

それぞれのプラグインごとに出力や出力先 URL が用意されています。

プラグインの名称は以下に該当しないものなので、このメッセージは何を意味するのか図りかねています。

Name -> (string)

The name of the plugin. Must be one of the following: aws:updateAgent , aws:domainjoin , aws:applications , aws:runPowerShellScript , aws:psmodule , aws:cloudWatch , aws:runShellScript , or aws:updateSSMAgent .

aws ssm get-command-invocation

aws ssm get-command-invocationで確認すると、AWS-RunShellScriptドキュメントを実行したときの結果とは異なり、各種アウトプットに関する情報が出力されていません。

コマンドの出力そのものはもちろん、それらの S3 オブジェクトの URL も含まれていないようです。

% COMMAND_ID=1b85a43b-65f8-4f98-94e9-0489c9092a69
% INSTANCE_ID=i-0a9960e6e67d81a58
% aws ssm get-command-invocation --command-id $COMMAND_ID --instance-id $INSTANCE_ID
{
    "CommandId": "1b85a43b-65f8-4f98-94e9-0489c9092a69",
    "InstanceId": "i-0a9960e6e67d81a58",
    "Comment": "",
    "DocumentName": "AWS-ConfigureAWSPackage",
    "DocumentVersion": "1",
    "ResponseCode": 0,
    "ExecutionEndDateTime": "",
    "Status": "Success",
    "StatusDetails": "Success",
    "CloudWatchOutputConfig": {
        "CloudWatchLogGroupName": "",
        "CloudWatchOutputEnabled": false
    }
}

このあたりの線引きについて詳細は詰めきれなかったのですが、「使用するドキュメントによってはaws ssm get-command-invocationで出力結果が得られない」と覚えておくとよさそうです。

終わりに

AWS Systems Manager ランコマンドの実行結果を AWS CLI で取得したい、という内容でした。

冒頭のまとめの繰り返しになりますが、以下のあたりを意識しておくとよさそうです。

  • AWS CLI でランコマンドの結果を確認できるコマンドは以下がある
    1. list-command-invocations — AWS CLI 2.9.10 Command Reference
    2. get-command-invocation — AWS CLI 2.9.10 Command Reference
  • 両者ともに出力を確認できるのはPluginによるものである
    • 1.list-コマンドで Pluginの詳細を表示するためには--detailsオプションの付与が必要
    • 2.get-コマンドではデフォルトで Plugin が表示されるが、1.list-コマンドに比べ対応しているドキュメントが少ない?
    • 1.list-コマンドの Plugin のOutputでは標準出力と標準エラー出力が区別されない
  • 2.get-コマンドではコマンド ID に加えてインスタンス ID の指定が必須

実行結果を一覧でサッと出力するのであればaws ssm list-command-invocationsを軸に考えるのがよさそうです。具体的にどうするんだ、というのはまた別の話にしたいと思います。

以上、 チバユキ (@batchicchi) がお送りしました。

追記

一括で取得する際のコマンド例を以下にまとめました。

この記事をシェアする

facebook logohatena logotwitter logo

© Classmethod, Inc. All rights reserved.