「クラスメソッドのReact事情大公開スペシャル#3」を開催・登壇しました!

「クラスメソッドのReact事情大公開スペシャル#3」を開催・登壇しました!

クラスメソッドのReact事情大公開スペシャル#3を開催し、Reactの`use()`って何なん?というタイトルで登壇しました。
Clock Icon2024.06.03 06:31

みなさんこんにちは、CX事業本部のmorimorikochanです。

5月31日にクラスメソッドのReact事情大公開スペシャル#3をシン大阪オフィスで開催いたしました。
私も登壇しましたので、勉強会の開催記録と合わせて登壇内容についても以下に掲載したいと思います!

イベント概要

イベント名 クラスメソッドのReact事情大公開スペシャル#3
日時 2024/05/31 19:00〜
場所 クラスメソッド シン大阪オフィス
当日参加者 39名

3回目となる今回は、過去最多の39名の方にご参加いただきました(前回は20名前後)。
また、イベントでは4名の方に以下のような感じで登壇していただきました。

イベントの開催風景です

1.高速案件立ち上げで使われるマッハテンプレートのフロントエンド技術選定

弊社の西田さんが発表されました。
マッハチームで利用されている高速開発のためのマッハテンプレートに含まれるフロントエンドのスタックについて説明いただきました。

実は私も西田さんと同じマッハチームなのですがフロントエンドの技術選定を全て理解できているわけではなかったので背景含めて大変参考になりました。

2.Reactへの刷新の取り組みと恩恵

サイボウズ株式会社に所属する ryounasso さんに登壇いただきました。
kintoneアーキテクチャ刷新PJの取り組み内容やClojureからReactに変更することによる恩恵などについてお話しいただきました。

3.ReactにSWRがあるとき🤣 ないとき😭

Kanonさんに登壇いただきました。
SWRがあるとき、ないときでどのように変化するか、丁寧に発表いただきました。
私が発表するuse()にも関係しそうな内容なので興味深く聞いていました。

4.Reactのuse()って何なん?

最後に、私も10分間だけですが発表しました!
今回は参加者が過去最多なので緊張しっぱなしでしたが、なんとか上手く話せて安堵しています。

懇親会

発表後に1時間ほど懇親会を開催しました🍻 ほとんどの参加者の方に残っていただき、お酒を片手にワイワイ話をすることができました。
懇親会にも過去最多人数でご参加いただき、参加者同士の交流がとても賑わっていました。
色々な方と話しましたが、フロントエンドエンジニアの方やフリーランスで働かれている方も多くいらっしゃった印象を受けました。
また、「リモート勤務でフロントエンドの話をする機会がなかったのでとても嬉しい」という声もいくつか聞きましたので、そのような方にとっては楽しい時間になったんじゃないかなぁと考えています。 実は前回#2の開催時に福井県から参加された方がいらっしゃって当時泣くほど嬉しかったのですが、今回もその方にご参加いただいてめちゃくちゃ嬉しかったです。
福井県から大阪まで高速使っても2時間半ぐらいだと思いますがその分の価値は提供できてると思うと嬉しいですね...!
次に遠くからいらっしゃったのは姫路の方ですかね。遠いところからもきていただけるよう引き続き頑張っていきます💪

LT募集

今回から外部の方に登壇のお願いをしており、結果2名の方に登壇いただきなんとか開催まで漕ぎ着けることができました..!
次回開催するためには外部登壇者が必須なので、クロージング時にこんな感じで呼びかけましたが誰も手が上がらず、正直今回で終了かなぁと思ってました...🙄 登壇者募集のスライド ですが、懇親会が始まると何人もの方から「LTやりたいです」と立候補いただきました。本当に感謝しています。
もし次回開催の目処が立てば、立候補していただいた方々にご連絡差し上げたいと思います📩

感想・まとめ

新しいオフィスでの開催だったため運営上荒削りなところが多かったですが、参加者は過去最高の39名で大成功だったと感じています。
お手伝いいただいた皆様および今回登壇を引き受けていただいたryounassoさん・Kanonさんのおかげで無事に開催することができました。本当にありがとうございました。

この記事をシェアする

facebook logohatena logotwitter logo

© Classmethod, Inc. All rights reserved.