Cloud Days 札幌 2015「北海道から拓くAWSクラウドの利用法」レポート

2015.06.05

こんにちは、コカコーラ好きの梶です。

Cloud Days 札幌 2015 http://expo.nikkeibp.co.jp/cloud/2015/sapporo/ の「北海道から拓くAWSクラウドの利用法」のセミナーをレポートします。 (セミナー中に、弊社もご紹介頂きました。

北海道から拓くAWSクラウドの利用法

2015/6/4 14:00-14:40

アマゾン データ サービス ジャパン 北海道担当 ストラテジックアカウントマネージャー エクマン ラスムス 氏

エクマンさんは英語で話し始めて会場を驚かし、すぐ「冗談です」と日本語に切り替えて会場を沸かせ流暢な日本語でセミナースタート。

Cloudday-sapporo-2015-IMG_2592

クラウドコンピューティングとは

必要な時に、必要なだけ利用する。

Cloudday-sapporo-2015-IMG_2595 クラウド利用は右肩上がり

Cloudday-sapporo-2015-IMG_2597

クラウドのインパクトを歴史上で例えると

1800年代工場で発電機を持ち、発電し、中央発電所+送電網の出現がパラダイムシフト 同じパラダムシフトがITでも。いつでも、必要なだけ、安価に。

Cloudday-sapporo-2015-IMG_2598

AWSの特徴

1.初期費用が不要 2.実際の使用量のみ 3.継続的な値下げ 4.セルフサービスなインフラ 5.スケールアップ、ダウンが容易 6.市場投入と俊敏性の改善

Cloudday-sapporo-2015-IMG_2599

Cloudday-sapporo-2015-IMG_2602

ITベンダーもクラウドビジネスにシフト

・今まで提供してたものをクラウドで提供 ・新規サービスをクラウドで提供

・カイゼン いままでできていたことをより早く、簡単に、安く実現できる ・イノベーション いままでできなかったことが実現できる

なぜAmazonがクラウドを?

Amazon.com創設者ジェフ・ベゾスが創業間もない頃に、紙ナプキンに書いたとされるAmazonのビジネスモデルを描いたもの。以下のサイトがわかりやすく掲載されています。 http://codezine.jp/article/detail/8757

Cloudday-sapporo-2015-IMG_2603

AWSクラウドの現在

世界に11箇所のデータセンター 190カ国、数十万のお客様 年間450を超える、機能拡張 世界に9000を超えるパートナー・エコシステム 累計45回以上値下げをしてお客様へ提供

AWSは、Amazon.comが売り上げ70億ドル規模だったころの事業を支えるキャパシティを毎日追加

ガートナーの調査結果図 4年連続でリーダーに選定 http://aws.amazon.com/jp/resources/gartner-2015-mq-learn-more/

北海道のお客様の紹介

Cloudday-sapporo-2015-IMG_2606

北海道のシステムインテグレーション会社の紹介

 

Cloudday-sapporo-2015-IMG_2609

弊社も紹介されました。

Cloudday-sapporo-2015-IMG_2611

AWSのサービスについて

各サーバをブロックのように組み合わせて利用する。 使う側の想像力しだい。 AWSインフラサービス VPC、EC2など・・・ AWSマネージドサービス RDS、Redshiftなど

Cloudday-sapporo-2015-IMG_2613

リージョン、アベイラブルゾーン、エッジロケーション

リージョンとエッジロケーション 11ヶ所のリージョン 51ヶ所のエッジロケーション

アベイラビリティーゾーン 各リージョンに複数存在し、地理的・電源的・ネットワーク的に分離されたデータセンター

企業ITのAWS意向を促進した3つの特徴

・VPC:仮想プライベートクラウド構築 ・Direct Connect:専用線接続サービス ・BYOL:商用ライセンスをAWSに移動可能

エンタープライズ企業はどのようにAWSを利用しているのか?

Cloudday-sapporo-2015-IMG_2615

まとめ

Cloudday-sapporo-2015-IMG_2617

展示会ブースの様子

Clouddays-sapporo-2015-IMG_2618

感想

展示会場も多数の出店者と参加者で賑わっていたのですが、撮影し忘れてました。セミナー会場は満席。立ち見が出ていて驚きました。北海道でも年々、クラウドイベントでの参加者数が増加しており、クラウドの意識の高まりを非常に感じられました。 北海道のお客さんともお仕事したいので、ぜひクラスメソッド 札幌オフィスへお問い合わせください。