クラウドマイグレーションについて

2021.06.14

本連載では、クラウドへの移行に関するベストプラクティス、メリット、デメリットを中心に、どのクラウドサービスプロバイダーを選択すべきか、その理由についても触れていきます。

まず、クラウドマイグレーションとは何かについて説明します。

データ、アプリケーション、サービス、ワークロードなどのローカル資産をクラウドコンピューティングインフラに移動させるプロセスがクラウド移行です。最も一般的な移行の1つは、ローカルに保存されたデータをクラウドに移行することです。

一般的に、クラウド移行は古いインフラ(オンプレミス)からクラウドへの移行ですが、あるクラウドサービスプロバイダーから別のクラウドサービスプロバイダーへの移行の場合もあります。クラウドへの移行は、すべての資産をクラウドに移すことを意味するのではなく、一部の資産を移し、残りの資産をオンプレミスに残すことも可能です。

なぜクラウドなのか?

簡単に言えば、クラウドを利用すれば、オンプレミスと比較してわずかな費用で無限のコンピュータリソースを利用できるということです。

その理由は、スケーラビリティ、信頼性、そして企業にとっての高いアクセスモデルといった本質的な特徴にあります。現在、クラウド・コンピューティングは非常に需要の高いテクノロジーです。

クラウド移行のメリット。

コスト効率の高いソリューション。

ハードウェア、ソフトウェア、メンテナンス、ダウンタイム、人件費、減価償却費など、オンサイトでのコストと比較して、クラウドへのデータ移行は費用対効果の高い選択肢です。企業にとっては、クラウドサービスプロバイダーを主要なインフラリソースとして利用しながら、コアビジネスに集中できるという点で、価格は最大のメリットの一つと言えるでしょう。

信頼性。

積極的なアプローチとして、クラウドストレージ技術は、バックアップやリカバリーなどの事業継続計画における稼働時間の確保に重要な役割を果たします。ほとんどの企業、特に金融機関では、ソフトウェアやシステムの監視や更新だけを目的としたダウンタイムは許されません。

セキュリティ。

データはどの企業にとっても不可欠なものであり、クラウド事業者は、今日のダイナミックな市場環境に不可欠な情報の重要な整合性と信頼性を考慮しなければなりません。クラウドベンダの義務は、自社のインフラ、顧客のデータやアプリケーションが安定していることを保証することです。クラウド・サービス・プロバイダーは、暗号化メカニズムを使用してデータの機密性を検証し、高レベルのセキュリティ・プロトコルを維持します。

クラウドへの移行にはいくつかのメリットがあります。クラウドプロバイダーのデータセンターは、データの暗号化、鍵の管理、厳格なアクセスコントロール、定期的なセキュリティ監査など、多層的なセキュリティメカニズムによって保護されています。

スケーラビリティ。

クラウドサービスプロバイダーは、スケーラブルなITリソースを提供することで、企業のビジネスニーズに合わせて現在のリソースを増やしたり、調整したりすることができます。お客様によっては、ITリソースを迅速に調整する必要があるかもしれません。その場合、現在のインフラにコストのかかる変更を加えることなく、ビジネスの成長をサポートすることができます。また、アプリケーションのトラフィックが増加した場合、従来のコンピューティング環境ではリソースの需要を増やすことが難しいのに対し、クラウドサービスでは需要の管理を容易に行うことができます。

この他にも、あなたのビジネスを飛躍的に成長させることができる多くのメリットがあります。

クラウドへの移行をお考えですか。

これらの重要な質問を考えてみてください。

クラウドへの移行を計画する前に、IT 組織が管理者や同僚、同業者に尋ねるべき重要な質問がいくつかあります。

  1. あなたのIT組織では、クラウド移行計画が実施されていますか。。
  2. 誰がクラウドの利用状況やコストを把握するのか、またIT部門には大規模なクラウドの利用を最小限のミスで行うためのプラットフォームが用意されているのか。
  3. IT部門は、短期的および長期的なクラウド支出をどのように計画していますか。
  4. IT部門は、リザーブドインスタンスやその複雑な仕組みなど、主要なクラウドベンダーの割引をどのように追跡し、最適化しますか。

これらの質問を一人で考えることもできますし、ビジネスに集中してClassmethodに上記のすべてを任せることもできます。

クラウド導入をトータルにサポートする認定コンサルティングチームにご相談ください。 https://classmethod.jp/services/members/aws-consulting/

Classmethodのサービス、割引、プランの課金サービスを確認します。 https://classmethod.jp/services/members/invoice/

その他、お客様の成長に役立つサービスについては、以下のリンクをご覧ください。 https://classmethod.jp/services/