Cloud Oneのログインの仕組みが変わったので確認してみた

2021.09.16

こんにちは、コンサル部@大阪オフィスのTodaです。

トレンドマイクロ社が提供しているCloud Oneでログインの仕組みが変わりましたので内容を確認してみました。

Cloud Oneとは?

Cloud Oneはトレンドマイクロ社が提供するソリューションでサーバ保護に必要な機能を提供するクラウド型総合サーバーセキュリティサービスです。

■ Cloud One
https://www.trendmicro.com/ja_jp/business/products/hybrid-cloud/cloud-one.html

■ 提供されている機能

  • Workload Security
  • Container Security
  • File Storage Security
  • Application Security
  • Network Security
  • Conformity

変更内容の確認

8月4日以降に新規契約されたCloud Oneからは「メールアドレス・パスワード」を利用したログイン方法に変更になります。
合わせて、ユーザに対して複数のCloud One アカウントを関連付けする事ができるようになっているため1ユーザでアカウント切換を利用することで複数の環境監視が可能になります。

ログインの比較

8月3日以前にご登録のユーザ様について

現在、Cloud Oneでは「メールアドレス・パスワード」の新ログイン方式と「アカウント・ユーザ名・パスワード」による旧ログイン方式両方をご利用頂くことができます。
トレンドマイクロ社のサイト上では「後日移行される」と表記がございますので事前通知の上、切り替えの手続きが出来るようになると考えます。
切り替えの内容は発表があり次第ブログに掲載いたします。

■ Changes to Trend Micro Cloud One accounts   https://cloudone.trendmicro.com/docs/account-and-user-management/c1-accounts-about/

Customers who created their accounts prior to the release will continue to use the legacy account and sign-in, and will be transitioned at a later date.

変更箇所の確認

ログインの仕組みが変わったことでユーザに関係する項目や機能が変更されている。
各項目を確認してみました。

新規アカウント開設

新規アカウント開設は下記の入力内容に変更されています。
始めにユーザの作成をおこない、CloudOneの環境がない場合は、環境作成をおこないます。

・ユーザの作成
 ログインに必要なユーザ情報を入力して登録をします。

ユーザの作成

・登録メールアドレスの確認
 登録したメールアドレスにURLが添付されますのでリンクをクリックします。
 再度ログインをすることでユーザの作成が完了します。

登録メールアドレスの確認

・アカウントの作成
 CloudOne管理する環境のアカウントを作成します。

アカウントの作成

作成が完了する事で各Cloud Oneのサービスがご利用いただきます。

アカウントの追加

別のプロジェクト等でCloud Oneを利用する場合、環境の分離が必要になります。   CloudOneではアカウントにて環境を分けていますのでサイト上部にある[アカウント名] > [新規アカウントの作成]から作成をおこないます。

アカウントの追加

アカウントの作成画面が表示されたら新しい環境のエイリアスを指定して作成をおこないます。  

アカウントの作成

上記にて、アカウントの追加が完了します。

アカウントの切換

複数アカウントを管理しているユーザはサイト上部の[アカウント名] > [アカウントの切り替え]にて切換が可能です。
切換をおこなうとタブ等でCloudOne環境の画面を開いている場合、全画面に影響がでますので注意が必要です。

アカウントの切換

選択画面では切り替えるアカウントを選択して[移動]ボタンをクリックします。

アカウントの切換選択

上記で切換が完了になります。

アカウントへのユーザ招待

アカウントに追加ユーザを招待したい場合は、[ユーザ管理]にて招待をすることで追加が可能です。 メールアドレスにて照会がおこなわれて、未登録のユーザは新規ユーザ作成後に登録がおこなわれます。 別のアカウントにて既にユーザをお持ちの場合はユーザの招待にて対象アカウントに関連付けがおこなわれます。

Cloud Oneのトップ画面から[ユーザの管理]をクリックします。

ユーザの管理

ユーザの一覧情報から[ユーザをアカウントに招待]をクリックします。

ユーザをアカウントに招待

招待をするメールアドレスとユーザの権限を指定して[招待の送信]をおこないます。

招待の送信

上記にてユーザの招待が完了になります。

アカウントへのユーザ削除

上記「アカウントへのユーザ招待」にて利用した[ユーザの管理]にて削除操作が可能です。
対象のユーザを一覧で選択をおこない[アカウントからユーザを削除]をクリックする事でアカウントの関連付けを解除する事ができます。

さいごに

今回はCloud Oneのログインの仕組みが変わっていたので確認をしてみました。
現時点では8月3日以前に登録をした利用者様へのアカウント移行の情報はございませんのでウォッチして動きがあった場合はブログで紹介したいと思います。
少しでもお客様の参考になればと考えております。