ColdFusion 9でPPTをPDFに変換してみる

2011.08.09

今回は久々にColdFusionであまり使った事ないタグを使ってみることにしました。

ColdFusion 9からOfficeドキュメントをPDFにできるということで実際に試してみました。

※ColdFusion 9の環境はWindows 7 64Bit版を使用しています。

※ColdFusion 9 Standard Editionを使用しています。

事前準備として、http://download.openoffice.org/から OpenOfficeをダウンロードしてインストールします。

インストール後はColdFusion Administratorの画面を開いてOpenOfficeのインストールパス指定します。

1.ColdFusion Administrator にログインします。

2.[サーバーの設定]-[ドキュメント] に移動して、OpenOffice のディレクトリを入力します。

3.ColdFusion サーバーを再起動します。

これで準備ができました。さっそくサンプルコードを試してみます。

使うサンプルPPTは以下のファイルです。

以下のサンプルコードを記述します。

<cfdocument format="pdf"
    srcfile="c:\work\sample.pptx"
    filename="c:\work\sample.pdf">
</cfdocument>

書き出されたsample.pdfを開いてみると

出来上がり。