コンソールで確認できないLambda関数のコードを確認する

2020.05.14

Lambda関数のコードはLambdaのマネジメントコンソールから確認可能です。が、デプロイパッケージが大きすぎると下記のようにコンソールに表示されません。こういった場合のコードの確認方法を弊社岩田に教わったのでシェアします。 (そもそもバカでかいLambda関数を作るんじゃないよとか、なんでローカルにコード残って無いんだよとかいうご指摘は…ごもっともであります…)

解決方法: CLI aws lambda get-function を使う

返り値のCode.LocationにLambda関数のデプロイパッケージがダウンロードできるURLが記載されています。このURLは10分間のみ有効です。

やってみた

aws lambda get-function --function-name awscost_to_slack | jq .Code.Location -r | xargs curl -o code.zip

ダウンロードされたcode.zipを解凍すると中身が確認できます。

追記:マネジメントコンソールからもダウンロード可能でした

CLI使わなくてもコンソールからもダウンロード可能でした。以下のアクション→関数のエクスポートで可能です。 SAMテンプレートもダウンロード可能です。