EC2 スポットインスタンスに関するロードマップが公開されました

ロードマップって見てるだけでワクワクするやん。
2020.07.15

今朝より、EC2 スポットインスタンスについてのロードマップが Github で公開されているようです。

こんな感じです!

ロードマップとは

ロードマップは各種サービスにおいて、まだ検討段階のものを含めて今後のリリース予定をまとめた情報です。

以下、ロードマップの Introduction を機械翻訳にて引用すると

これは、オープンソースのソフトウェアやフレームワークとAmazon EC2 Spot Instancesを統合するための実験的な公開ロードマップです。今後のプロジェクトや優先順位を知ることで、お客様が計画を立てるのに役立ちます。このリポジトリには、私たちが取り組んでいることに関する情報が含まれており、すべてのAWSのお客様が直接フィードバックをすることができます。

EC2 スポットインスタンスそのもののロードマップというよりも、integrations roadmap とのリポジトリ名のとおり、各種 OSS やフレームワークと EC2 スポットインスタンスの統合に関するロードマップとして公開されているようですね。

その他のロードマップ

その他にも AWS サービスで公開されているロードマップがいくつかあります。

ちょっと見てみる

すでに着手されている(We're working on it)内容を見てみましょう。引用文は機械翻訳したものを記載しています。

kops での EC2 スポットインスタンスサポートの改善

AWSでKubernetesを実行するときにEC2スポットインスタンスのベストプラクティスを利用して、顧客がすばやく稼働できるように設計されたkops「ワンクリックEC2スポットインスタンスセットアップ」に取り組んでいます。

K8 の Spark で EC2 スポットインスタンスのベストプラクティスをサポート

AWS上のKubernetes上でSparkを実行しながら、EC2 スポットインスタンスのベストプラクティスをサポートするプロジェクトに取り組んでいます。

EKSCTL での EC2 スポットインスタンスのサポートを改善

最近、ノードグループのインスタンス配布設定で spotAllocationStrategy フィールドのサポートを追加しました。これにより、スポット構成で最低価格(指定されていない場合は API でデフォルト)または容量最適化を使用するかを選択できるようになりました。capacity-optimized 戦略は、指定されたインスタンスタイプから最も深いキャパシティプールを選択します。
さらに、Amazon EC2 Instance SelectorをEKSCTLに統合し、EC2 Spot Instancesのベストプラクティスのサポートを改善する作業を行っています。

Slurm Workload Manager での EC2 スポットインスタンスのサポートが改善

AWS上でSlurm Workload Managerを実行する際にEC2 スポットインスタンスのベストプラクティスを活用して、お客様が迅速に稼働できるように、Slurm Workload ManagerのEC2 スポットインスタンス統合の改善に取り組んでいます。

全体的に Kubernetes 色が強いぞ!という印象ではありますが、まだまだ公開されたばかりです。今後、その他の製品との統合についても期待しましょう!

さいごに

ユーザーが見えるかたちでロードマップを公開していただけるのは非常に嬉しいですね。必ずしも約束されている機能追加ではないと思いますが、エンジニアとしてはロードマップを見るだけでワクワクしてしまいます。

機能追加、改善要望がある場合は 「Please open an issue!」とあるので、どんどんユーザーの声を届けると良いでしょう!

今後、その他のサービスについてもロードマップ公開されることを期待したいですね!

以上!大阪オフィスの丸毛(@marumo1981)でした!