DevelopersIO Thailand を開催しました(イベントレポート)

少し遅れてしまったのですが、DevelopersIO Thailand のイベントレポートとなぜ開催したかというところを書いてみたいと思います。
2021.12.26

概要

2021年12月21日に、DevelopersIO Thailand というイベントをオンラインで開催をしました。

開催概要は、こちらのページになります。(タイ語)

きっかけ

グループ会社のClassmethod Koreaで、 DevelopersIO Korea を開催して多くのユーザーが集まったという話を聞いていて、いつか DevelopersIO Thailand を開催したいと思っていました。また、日本のマーケティングチームの方から、 DevelopersIO イベントについての話は色々と聞いていたので、いつかはやってやろうと思っていたというのもあります。

それをどうにか2021年のうちにやろうということで、私がタイオフィス内で号令をかけて年末に開催したという形になります。

イベント自体の目標や意義など

頼めそうな社外の方への依頼と、社内としてイベントネタとして出せるものということで、タイのマーケティング会議の中で話をしながら、以下の内容でまとめました。

まず、絶対にやりたかったこととしてはタイ語のイベントとすること。現状、日本に比べるとタイでのクラウド(パブリッククラウド)の利用状況は低く、またAWSを使えるエンジニアの数も少ないという状況があります。こういう状況に対してタイ語でAWSを中心とした事例や技術紹介のイベントを行うこと自体に意味があると考えていました。

私自身のClassmethod (Thailand)のミッションとしては、タイでのAWSの普及に貢献すること、その普及過程の中でビジネスとしての成功を導き出すことと定義しています。タイ語でのAWSの良質な情報を発信すること自体が、会社の存在目的の1つとして位置づけています。 そのためのイベントとして、DevelopersIO Thailand を定義づけしました。

タイムテーブルと登壇者について

依頼しやすさもあって、社外では以下の方に登壇をお願いしました。

  • AWS Thailandさん AWSの概要をテーマにお話をいただく
  • a2network(Thailand)さん 弊社でお手伝いしているAWSの利活用を、事例として紹介いただく
  • 社内としては、できそうなネタとして以下があるだということで、以下のセッションを行おうということになりました。

  • 三並 Classmethod (Thailand) の今後について
  • Chawishさん 過去に開催したEC2セミナーの抜粋セッション、過去に開催したWordPressセミナーの抜粋セッション
  • TInnakornさん MackerelでEC2のモニタリングを設定するデモのセッション
  • 三並 QuickSightのデモセッション
  • ということで以下のようなタイムテーブルを作りました。

    タイトル 時間 登壇者 所属
    タイでのクラウドビジネスと未来展望 10.00 - 10.30 Packapong Suksanit AWS Thailand
    タイでのAWSパートナーとしてのクラスメソッド 10.30 - 11.00 Keisuke Minami Classmethod (Thailand) Co.,Ltd.
    a2networkさまでのAWSを使った事例の紹介 11.00 - 11.30 Eiji Shioya a2network (Thailand) Co., Ltd.
    昼休み 12.00 - 13.00
    EC2を使ったWebSite作成方法デモ 13.00 - 13.40 Chawish Tilakul Classmethod (Thailand) Co.,Ltd.
    MackerelでEC2を関しと自動障害通知デモ 14.00 - 14.40 Tinnakorn Maneewong Classmethod (Thailand) Co.,Ltd.
    QuickSightのデモ 15.00 - 15.40 15.00 - 15.40 Keisuke Minami | Classmethod (Thailand) Co.,Ltd.
    WordPress構築デモ 16.00 - 16.40 16.00 - 16.40 Chawish Tilakul | Classmethod (Thailand) Co.,Ltd.

    実際の開催日の状況などのレポート

    当日は、一番最初からトラブルで始まりました。AWS Thailandの方が機材トラブルがあり、Zoomに入れないという自体が発生し、10時直前までZoomにログインができませんした。急遽タイムテーブルを変更し、私のセッションと入れ替えを行いました。

    私のセッション自体は、クラスメソッド(日本)の紹介と、AWS Partnerとしての日本における立ち位置、ブログ等での技術情報発信について話をし、そのあとクラスメソッドタイランドとしてなぜ情報発信を行うのか、AWSをどのようにタイで普及したいのかなどのお話をさせていただきました。ここは私が日本語で話して、それをタイ人スタッフのJirapornさんに通訳してもらうという形を取りました。JirapornさんにはMCも担当してもらい各セッション感のMCも担当してもらいました。 AWSさんと私のセッションを入れ替えたこともあったので、私の方はセッションを少し早めに10:20くらいで終わらせておきました。

    このあとAWS Thailandさんに話をいただきました。AWS Thailandさんは、AWS自体のビジネス的な技術的な概要を話しをしていただきました。順番入れ替えもあったので、10:20くらいからAWS Thailandさんのお話が始まったのですが、11:00を少し越す感じでかなりのボリューム感でお話しいただきました。

    a2networkさんは、a2networkさんご自身のビジネス概要から始まり、具体的なAWSを使ってのシステム設計や、どのサービスを使っているかなどのシステム情報。最後にAWSを使ってのメリットデメリットと、そのデメリット部分を解決するための手段ということでお話しいただき、ユーザー企業視点でのAWSがどういう特徴があるのかを明確にお話しいただけた感じです。

    午後は、13:00からEC2の構築デモを弊社Chawishから行いました。セミナーでのデモを繰り返しやっているので安定感のあるセミナーでした。

    14:00からMackerelでEC2をモニタリングから、LINEでアラートを飛ばすところまでのデモを行いました。彼は今回セミナー登壇初めてだったのでかなり緊張していたようですが、無事やりきってくれました。

    15:00から私がQuickSightのデモを行いました。私自身は今回始めてタイ語でのセミナー登壇をやりました(日本語で話したものを通訳してもらうスタイルは何回も経験あるのですが)。途中少しトラブルもありかなり緊張しました。あとで自分の動画を見ましたが、タイ語の発音汚いなーと感じましたが、社員に言わせると十分に伝わる発音だということだったので、いいとします。

    最後、16:00からWordPress環境構築をEC2上に行う構築デモを弊社Chawishから行いました。セミナーの安定感があり非常に助かる感じです。

    そして、無事に17:00に完了という感じです。

    打ち上げ

    最後に、打ち上げをしました。タイのしゃぶしゃぶ食べ放題です。オーストラリア産和牛が美味しかった。 「オーストラリア産和牛」って言葉がおかしいとは思うのですが、そう書いてあるので、そのまま記載しました。これっておかしいですよね?(笑)

    まとめ

    オンラインとはいえ丸1日のイベント開催は気も使うし、結構疲れましたが、楽しかったです。今後も年に1回位はこういうイベントやっていきたいと思います。 次は2022年の末にまた開催したいです。