【書評】3月末まで無料公開!「スラスラ読める Pythonふりがなプログラミング」でPythonの基礎を学びました!

2020.03.17

Pythonがなんとなく読めるような……レベルのたぬき( @tanuki_tzp )です。

いつまでもなんとなくでいるわけにはいかないので、「スラスラ読める Pythonふりがなプログラミング」を読んでしっかり勉強しました!

https://book.impress.co.jp/books/1117101140

なんとこの「スラスラ読める Pythonふりがなプログラミング」、3/10~3/31まで無料で全文公開されています。

インプレスさん( インプレス ブックス )に大感謝です!

他の『ふりがなプログラミングシリーズ』も期間限定で全文公開されているので、要チェックです!

https://book.impress.co.jp/items/tameshiyomi

概要

Pythonとは?からライブラリの使い方まで、Pythonの基礎が一通り説明されています。

コードにふりがなが振られているため、一行ずつ意味を確認しながら勉強することができます。

おすすめしたい人

本書をおすすめしたいのは以下のような方です。

  • Python未経験~初心者
  • とりあえず何かしらのプログラミング言語を勉強してみたい

目次

Chapter 1 Python最初の一歩

Chapter 2 条件によって分かれる文を学ぼう

Chapter 3 繰り返し文を学ぼう

Chapter 4 関数を作ろう

Chapter 5 ライブラリを使ってみよう

内容

Chapter 1 Python最初の一歩

章タイトル通り、Pythonの基礎の基礎が丁寧にまとめられています。

環境構築から変数、メソッド、変数で発生しやすいエラーメッセージの読み方を学べます。

Chapter 2 条件によって分かれる文を学ぼう

if文の書き方と、if文で発生しやすいエラーについてまとめられています。

コードだけだとただ書いて流してしまいそうですが、読み下し文があるのでコード内容をしっかり読みつつ進むことができました。

Chapter 3 繰り返し文を学ぼう

リストとfor文、while文のループ処理についてまとめられています。

個人的に、(無限ループの止め方を)「忘れちゃったらシェルウィンドウ閉じちゃえばいいよ」という荒業が好きです。

Chapter 4 関数を作ろう

作成した関数でオリジナルのモジュールを作成します。

Chapter3までの内容をフルに使うので、ここまでの総復習という気持ちで取り組みました。

ここでも、関数で発生しやすいエラーについてまとめられています。

Chapter 5 ライブラリを使ってみよう

この章では標準ライブラリの使い方について学ぶことができます。

日付一覧の作成や、テキストファイルの加工・操作をモジュールを使用して実施します。

Chapter4で関数を自作しているので、改めて標準ライブラリって便利だなーと思いました。

おわりに

コードにふりがなが振ってあることで、ただ手を動かすだけではなく、全体的に意味をしっかり理解しながら学習することができました。

特に、今まではエラーメッセージについて、エラー出てから調べて潰す…というやり方しかしていなかったので、エラーメッセージを段階的に勉強することで理解度が深まってよかったです。

さくっと学べるボリューム感なので、この機会に学んでみてはいかがでしょうか。


以上、Python初心者に進化したたぬきでした。