EC2 インスタンスに割り当てているパブリックIPの変更方法

EIP を用いたEC2 インスタンスのパブリックIPの変更方法
2021.06.11

テクニカルサポートチームの丸屋 正志(Maruya Masashi)です。

1. 困っていた内容

EC2 インスタンスの【パブリック IP】 を再起動せずに変更をしたいですが、どうしたら良いでしょうか?
ただし、該当 EC2 インスタンスの停止(Stop)→開始(Start)を実施してはいけません。

結論

EIP を用いて、アタッチ/デタッチで EC2 インスタンスの【パブリック IP】 を変更することができます。
そのため、EIP を取得できる状態であることが前提条件となります。

2. 現状確認

  • AMI : Amazon Linux2
  • パブリック IP を利用されている
  • EIP が付与されていない状態

Image from Gyazo

3. どう対応すればいいの?

再起動をせずに、EC2 インスタンスのパブリックIP を変更するには、次の手順を実行します。

  1. EIP を発行
  2. EC2 インスタンスに対して EIP をアタッチ
  3. EC2 インスタンスから EIP をデタッチ

3.1. EIP の発行とアタッチ

はじめに EIP を一時的に発行いたします。

Image from Gyazo

EIP の発行が完了致しましたら、パブリックIP を変更させたいインスタンスに関連付けしていきます。

Image from Gyazo

3.2. EIP の確認

該当 EC2 インスタンスで EIP がアタッチされていることを確認します。

Image from Gyazo

3.3. EIP のデタッチ

EC2 にアタッチされている EIP を選択して頂き、【アクション】から【Elastic IP アドレスの関連付けの解除】を選択します。

Image from Gyazo

3.4. 確認

EIP をデタッチ後に該当インスタンスを確認すると パブリック IP が切り替わっていることが出来ます。

Image from Gyazo

4. EIP について