3D都市モデル「PLATEAU」はどうすごいのか?公式Webアプリで少しだけ体験してみた

2021.12.25

こんにちは、CX事業本部 IoT事業部の若槻です。

今回は、前々から気になっていた3D都市モデル「PLATEAU」について、どのようにすごいのか公式Webアプリで少しだけ体験してみました。

PLATEAUとは

PLATEAUとは、国土交通省が主導する、日本全国の3D都市モデルを整備・活用・オープンデータ化するプロジェクト(Project PLATEAU)のことです。

このProject PLATEAUでは、3D都市モデルのデータフォーマットの国際標準であるCityGMLに則った都市3Dモデルを提供しています。

今回整備する3D都市モデルは、都市空間の形状を単に再現した幾何形状(ジオメトリ)モデルではない。都市空間に存在する建物や街路、橋梁といったオブジェクトを定義し、これに名称や用途、建設年、行政計画といった都市活動情報を付与することで、都市空間の意味を再現したセマンティクス・モデルである。このセマンティクスにより、フィジカル空間とサイバー空間の高度の融合が可能となり、都市計画立案への活用や、都市活動のシミュレーション、分析が可能となる。

要するに、すでにあるGoogle Earthなどでは建物の形状情報を3Dで見ることができますが、それに対してPLATEAUでは、建物だけでなく道路や橋の都市構造物全般に対する3D情報およびその他メタ情報を付与して、活用しようというものです。

PLATEAU VIEWを触ってみる

さてこのPLATEAUですが、その凄さを手軽に体験できるようにPLATEAU VIEWという公式のWebアプリが提供されています。今回はこのWebアプリを少しだけ触ってみようと思います。

アプリを開く

まずアプリを開いてみます。直URLもあるのですが、ちゃんとPLATEAUのトップページからたどって開いてみます。

下記よりPLATEAUのトップページを開きます。

[PLATEAU VIEW]をクリックします。

するとPLATEAU VIEWの紹介ページが開くので、下にスクロールして[Run in Browser]をクリックします。

別タブでPLATEAU VIEWが起動します。ようこそダイアログは✗で閉じます。

データセットを表示する

東京駅周辺の地図が表示されていますが、まだただの平面の衛星写真の状態です。ここに3Dモデルを追加するためには、左側のワークベンチで[Add data]をクリックします。

すると全球データや3Dモデルがすでに用意されている各都道府県のデータセットを選択できます。

今回は[東京都 > 東京都23区 > 千代田区 > 建物モデル]を選択してみます。

すると千代田区の建物の3Dモデルが地図上にロードされました。(すごい…!)

近づいて建物を選択してみると、名称、用途、高さなどの情報が取得できています!

次にテクスチャ設定でテクスチャ付きを選択します。すると東京駅周辺だけですが一部構造物にテクスチャが付与されました!

アップしてみた様子です。

構造物には高さ情報も付与されています。

よって高さによるフィルター表示もできます。

高さごとの色分け表示もできます。

ユースケース

ここまでPLATEAUについて少しだけ触れてきましたが、そのデータセットの活用方法としては次のようなユースケースが紹介されています。

都市活動モニタリング

PLATEAUのデータを他の観測データと組み合わせて3Dモデル上での可視化や監視を行うというユースケースです。

  • カメラ映像の解析による混雑状況の可視化
  • スマートフォンなどが発する電波(Wi-Fiと4G/LTE)を活用した混雑状況モニタリング
  • Wi-Fiパケットセンサーによる地点間移動のモニタリング
  • など

防災

高さ情報を利用したユースケースが多いようです。ハザードマップや避難情報の作成にはとても有用な情報となりそうですね。

  • 時系列浸水シミュレーションデータの3D可視化による防災計画立案・防災意識啓発
  • 垂直避難可能な建築物の可視化等を踏まえた防災計画検討
  • など

まちづくり

その他にもまちづくりを行う上での様々なシミュレーションや計画策定にも利用ができそうです。

  • 自動運転車両の自己位置推定におけるVPS(Visual Positioning System)活用
  • 太陽光発電のポテンシャル推計及び反射シミュレーション

おわりに

3D都市モデル「PLATEAU」について、公式Webアプリで少しだけ体験してみました。

IoT事業部に所属するエンジニアとしては、このPLATEAUを使ってなにか面白いIoTソリューションが作れないかちょっと考えてみたいと思います。

以上