【新機能】Amazon Inspectorでエージェントの状態を確認できるようになりました

2017.12.18

こんにちは、臼田です。

Amazon Inspectorでインスタンス上でエージェントが動作しているか確認することができるようになりました。

マネジメントコンソールから確認

早速マネジメントコンソールから確認します。

なお、エージェントのインストールなどの事前作業は省略します。インストール方法などは下記を参考にして下さい。

Amazon Inspectorで脆弱性を検知させる

今回確認する環境では既に評価ターゲットが作成済みの状態です。

「Preview Target」からターゲットの一覧が確認できます。

以前はただインスタンスの一覧が表示されるだけでしたが、現在はエージェントの状態が確認できます。

「Agent Status: HEALTH」となっています。また、IP Address等も合わせて確認することができます。

エージェントを落とすと、「UNKNOWN」というステータスになりました。※反映までには少しタイムラグが有りました

まとめ

これまでは、Inspectorの状態を確認するためにはsudo /opt/aws/awsagent/bin/awsagent statusコマンドで内部から確認する必要性がありましたが、マネジメントコンソールから状態を確認できるようになって便利になりました。

より使いやすくなったInspectorで、引き続き快適な脆弱性マネジメントライフを満喫しましょう!