呑み助SEがプリサー部のPMを目指した経緯

2018.12.03

はじめに

文章で食べて行きたいです。」

「尊敬する人は、行きつけのバーのマスターです。」

これは、とある会社の入社面談の際に受験者が発した言葉です。

あれ?ライターの面談か?

なんだ?飲食店の面談か?

いいえ、これはクラスメソッドの入社面談でさけが発した言葉です。

応募の流れは、以下となっております。

AIスピーカーに興味があり、元々Alexaサロンに参加していたさけ。
↓
AIスピーカーの開発を業務でしたいな…
↓
クラスメソッド受けてみた!

因みに、文章で食べて〜という発言はライターもやっていたためです。

業界経験について

WEB業界に入ったのは20代後半からで、10年未満。

同年代の方よりも開発経験は少ないです。

php、phpのフレームワーク、js、html、css等を使います。

サーバーサイドエンジニア+フロントエンジニア(ちょっぴり)+PMが業界経験です。

その中で、自分が開発は好きだけれど人と話したり調整する方が好きだし向いてると思いはじめました。

そして、なんちゃってプレイングマネージャーから、プロジェクトマネージャーになりました!

趣味など

アイコンの写真は私のデイリーボトルのスコッチです。

空の具合が私の酒量を表していますね☆

成人してからの人生の三分の一は酒で出来ています。肝臓は元気です。

何でも飲めると思われがちですが、赤ワインと焼酎(古酒も)とジンとテキーラは飲めません

これからのこと

エンジニアとしてお客様に喜ばれるサービスを提供するために、また仲間の皆さんとワクワク働ける環境を目指して頑張ります!