AWS CLIでAmazon EC2インスタンスのメタデータを確認してみた

2021.10.03

こんにちは、イムチェジョンです。
今回のブログではEC2インスタンスのメタデータを確認してみました。

アジェンダ

  1. メタデータの機能定義
  2. メタデータを実行
  3. まとめ

1. メタデータの機能定義

インスタンスメタデータ

  • メタデータは実行中のインスタンスの構成及び管理するのに使えるインスタンス関連データ
    • ex) ポスト名、イベント、セキュリティグループなど
  • 実行中のインスタンス内にあるインスタンスメタデータのすべてのカテゴリを見るには、次のURIを使用
  • IPアドレス169.254.169.254はリンクローカルアドレスで、インスタンスからのみ有効
    • ex) http://169.254.169.254/latest/meta-data/

2. メタデータを実行

EC2の構築

まず、以下の設定のようにEC2を構築しました。
AMI:Amazon Linux 2 AMI
インスタンスタイプ:t2.micro
セキュリティグループ:SSH 22
IAM ロール:EC2RoleIAM
キーペア : 既存キーペア及び新しいキーペアの中で選択

メタデータを検索

EC2インスタンスにSSHで接続した後、コマンドを実行し、メタデータを確認してみましょう。

** バージョン **

$ curl http://169.254.169.254
1.0
2007-01-19
2007-03-01
2007-08-29
...
2018-09-24
2019-10-01
2020-10-27
2021-01-03
2021-03-23

** 最新バージョンで検索 **

$ curl http://169.254.169.254/latest/
dynamic
meta-data
user-data

** 最新バージョンのメタデータの一覧 **

$ curl http://169.254.169.254/latest/meta-data/
ami-id
ami-launch-index
ami-manifest-path
block-device-mapping/
events/
hibernation/
hostname
iam/
identity-credentials/
instance-action
instance-id
instance-life-cycle
instance-type
local-hostname
local-ipv4
mac
metrics/
network/
placement/
profile
public-hostname
public-ipv4
public-keys/
reservation-id
security-groups
services/

** インスタンスID検索 **

$ curl http://169.254.169.254/latest/meta-data/instance-id
i-0eb204ac0ae012989

** インスタンスのIPv4検索 **

$ curl http://169.254.169.254/latest/meta-data/local-ipv4
172.31.8.55

** インスタンスのIAMロールの一覧 **

$ curl http://169.254.169.254/latest/meta-data/iam/security-credntials/
EC2RoleIAM

メタデータの一覧で確認できるように上で検索してみた情報以外にもいろんな情報を確認できますが、このブログではここまで検索してみます。
他の情報の確認は省略します。

3. まとめ

今回はEC2のメタデータを確認する方法を実際にやってみました。メタデータを確認することでEC2のいろんな情報を得られるのでいろんなところで使えると思います。