クラスメソッド入社1年目を振り返って。

2022.01.04

AWS コンサルティング部のアダーシュです!

1年前の12月、私はクラスメソッドに入社しました。初めての仕事だったので、何をするのか、どうなるのか不安でしたし、最悪なことにYouTubeで日本の労働文化についての動画を見てしまい、さらに怖くなりました。 しかし、この1年はとても興味深く、楽しいものでした。日本の労働文化について聞いたり考えたりしていたこととは正反対で、毎日残業で長時間労働というイメージでしたが、クラスメソッドで働くことで日本や労働文化についての考え方が一変しました。

この日、クラスメソッド・ジャパンに就職が決まりました。

はじめに

私は2020年12月に入社したのですが、入社してすぐに「Classmethod Leadership Principle(CLP)」を学びました。 CLPとは、クラスメソッドで働くすべての人が、地位や階級に関係なく守るべきルール・ガイドラインの集合体です。CLPは、クラスメソッドで働くすべての人が、平等かつ敬意を持って扱われることを保証するものです。

クラスメソッドでの初めてのクリスマスパーティーは、オンラインとはいえ素晴らしいもので、特に聡 横田さんのクリスマス音楽が好きでした。 音楽: ジングルベル

その後すぐに、コンサルティング部、データ分析部、オペレーション部、CX事業部など、さまざまな分野の研修が始まりました。この研修では、各部門がどのように運営されているかを学び、クラスメソッドのメンバー全員から素晴らしいサポートを受けることができました。多くの分野、部門の方々と出会い、多くのことを教えていただきました。

選択

そうなんですよ! 研修終了後、希望する部署を選択することができました。コンサルティング部門は、研修で一番気に入った部門であり、自分にぴったりだと思ったので、迷わず選びました。

私の仕事

コンサル1年目は、日本語の勉強、小さなプロジェクト、DeveloperIOにブログを書く 、AWSの認定と、盛りだくさんです。認定やブログは遅いですが、だんだん早くなってきています。

なぜクラスメソッド

クラスメソッドは、私が最初に応募した日本企業ですが、その理由は2つあります。日本」と「クラウドコンピューティング」。私はインドで働くつもりはなく、どこか別の場所で一生を過ごしたいと思っていました。フランス、イタリア(料理がすごい)、日本などを考えましたが、幸いなことに日本からキャンパスプレイスメントを受けることができました。Covid-19があるのでまだ日本には来ていませんが、"クラスメソッド2年目 "を書く前には来ているでしょうね。

私は誰なのか?

今まで書き忘れていましたが、私は朝6時に起きて、いつもお腹を空かせている2匹の猫に餌をあげる人(私と同じ)であり、猫と美味しいものを食べて過ごすことが好きな人であり、猫を2匹飼っていて、猫を可愛がっています。

まとめ

入会して1年が経ちましたが、Covid-19の影響でまだ日本に行くことができません。しかし、私の熱意は日に日に高まっているので、早く日本に行ってクラスメソッドのみんなに会いたいと思っています。周りの人たちのおかげで、この1年でたくさんのことを学ぶことができましたし、これからもクラスメソッドでそうしていきたいと思っています。