AMIをはじめてパブリック公開してみた

アカウント共有したことはあったけど、今回、パブリック公開してみました
2020.07.23

こんにちは、崔です。

みなさんは、AMIを作成したあとに、パブリック公開したことがありますか??
そう、検索したらコミュニティAMIに出てくるようになるアレです。
私は他のアカウントに共有したことはあっても、パブリック公開したことはありませんでした。
今回、たまたま公開する機会があったので、手順を紹介します。

AMIの権限を変更する

すでにAMIは作成されている状態です。
まず、AMIのイメージパーミッションをパブリックに変更します。
EC2のコンソールから、AMIの画面を開き、メニューの「アクション」から「イメージパーミッションの変更」を選択します。

次に、「プライベート」から「パブリック」に選択を変更し、保存します。

これだけで、コミュニティAMIに出てくるようになります。
試しに、AMI ID で検索すると、コミュニティAMIのところにしっかりと出てきました。

AMIを公開し続ける

自分のアカウントで公開していたのですが、そのまま公開しておいて、と言われて、アレ?と思いました。
これ、公開している間は、ずっとAMIの料金がかかるのではないだろうか?
それとも、AMIの登録解除をしても、コミュニティAMIとしては残るんだっけ?
と疑問に思いました。

AMIを保持する際にかかる料金は、EBSボリュームのスナップショット料金になります。
東京リージョンですと、1か月1GBあたり0.05USDになります。
わずかな金額ですが、ずっと持っているとなると気になってきます。

AMIを登録解除する

試しに、パブリック公開の状態のまま、AMIの登録解除をやってみました。
メニューの「アクション」から「登録解除」を選択します。

「次へ」をクリックします。ちなみに、これをクリックするとすぐに登録解除されてしまいます。
(「次へ」ではなく、「OK」の意味合いです。)

登録解除後は、コミュニティAMIにしばらく残っていたのですが、30分ほど経つと検索しても出てこなくなりました。
ドキュメントにも記載がありました。

また、AMI を非公開にした場合も、[Community AMIs] から削除されるまでにしばらく時間がかかることがあります。

ということで、登録解除するとコミュニティAMIから消えてしまうので、AMIは別アカウントで再度作成してもらって公開してもらうことになりました。

まとめ

AMIはイメージパーミッションをパブリックにすれば、コミュニティAMIに公開できる。
公開中はAMI(EBSスナップショット)の料金がかかる。
AMIを登録解除したら、コミュニティAMIからも消えてしまう。