【2020年】 Microsoft Azureの機械学習系のサービスまとめてみた

2020.05.15

こんにちは、Mr.Moです。

Microsoft Azureには多くの機械学習系のサービスがありますね。この記事では現時点でどのようなサービスがあるのか、また各サービスはどのような状態なのかをまとめていきたいと思います。(全てのサービス網羅を保証するものではありません。ご了承ください)

Microsoft Azureの機械学習系のサービス

Microsoft Azureの機械学習系のサービスは、大きく下記の3つで区別されているようです。

  • Machine Learning
  • AI apps and agents
  • Knowledge Mining

Machine Learning

image.png

機械学習モデルのビルド、トレーニング、デプロイをすばやく簡単に行えます。お好みのツールとフレームワークをロックインなしで使用できます。自動機械学習を使用してモデルを短時間で開発しましょう。クラウドとエッジ全体で、デプロイと管理を簡単に行えます。

いわゆる機械学習の開発環境を提供するサービスですね。最も柔軟に機械学習のタスクを実施できる機能を提供しているサービス群のようです。

Azure Machine Learning

Azure Machine Learning は、従来の ML からディープ ラーニング、教師あり学習と教師なし学習まで、あらゆる種類の機械学習に使用できます。 Python または R のコードを記述するか、またはデザイナーなどのコード不要 (またはローコード) オプションを使用するかにかかわらず、Azure Machine Learning ワークスペースできわめて正確な機械学習およびディープ ラーニング モデルを構築、トレーニング、および追跡できます。 ローカル コンピューターでトレーニングを開始し、その後、クラウドにスケールアウトします。 また、このサービスは、PyTorch、TensorFlow、scikit-learn などの一般的なオープン ソース ツールと連携します。
なお、Azure Machine Learning Studio は Machine Learning Studio (classic) に名前が変更になりました。

Machine Learning Studio (classic)

Microsoft Azure Machine Learning Studio (クラシック) は、データを活用した予測分析ソリューションの構築、テスト、デプロイをドラッグ アンド ドロップで行うことができる、コラボレーションに対応したツールです。 Azure Machine Learning Studio (クラシック) でモデルを Web サービスとして公開すれば、カスタム アプリや BI ツール (Excel など) からそのモデルを簡単に利用することができます。

サービス状況

サービス名 Generally Available(GA) Japan Region Release Date
Azure Machine Learning(Basic) 東日本 Nov 04, 2019
Azure Machine Learning(Enterprise) Preview 東日本
Machine Learning Studio (classic) ? Feb 18, 2015

AI apps and agents

image.png

Cognitive Services とボット サービスを利用して、アプリで画期的なエクスペリエンスを実現しましょう。今日、Office 365、Xbox、Bing などの製品で数百万人のユーザーに使用されている業界最先端の AI モデルにアクセスできます。これらのモデルを独自のデータでカスタマイズして、どこでもデプロイできます。

大きくBotのサービスとCognitive Servicesに分けられているので、それぞれ見ていきましょう。

Azure Bot Service

データの制御を維持できるようにするインテリジェントなエンタープライズ レベルのボットを開発しましょう。Q&A ボットから独自ブランドの仮想アシスタントまで、あらゆる種類のボットを構築できます。オープンソースの SDK とツールを使用して、一般的なチャネルやデバイスにボットを簡単に接続します。Azure Cognitive Services のネイティブ統合により、ユーザーに話しかけ、ユーザーの声を聞き、ユーザーの意図を解釈する機能をボットに追加します。

サービス状況

サービス名 Generally Available(GA) Japan Region Release Date
Azure Bot Service Non-regional Dec 13, 2017

Azure Cognitive Services

機械学習の専門知識がなくても、あらゆる開発者が利用することができます。必要なのは、見る、聞く、話す、検索する、理解する、そして意思決定を加速させるための機能をアプリに埋め込む API 呼び出しです。

事前トレーニング済みのモデルや独自のデータによるモデルのカスタマイズもできるサービスですね。機械学習の機能を導入する上でハードルが低いのが利点としてあげられそうです。下記で分野ごとに見ていきましょう。

Vision分野

写真、動画、デジタル インク コンテンツの認識、識別、キャプションの追加、インデックスの作成、モデレートを行います。

Computer Vision

Computer Vision では、成人向けコンテンツが画像に含まれているかどうかを判断したり、画像内の人物の顔をすべて検出したりすることができます。ネイティブ SDK を通じてアプリケーション内で、または REST API を直接呼び出すことで使用できます。

Custom Vision

Azure Custom Vision は、独自の画像分類器を構築、デプロイ、改良できるようにする認識サービスです。 Computer Vision サービスとは異なり、Custom Vision では適用するラベルを指定できます。

Face

Azure Cognitive Services Face サービスは、画像に含まれている人の顔の検出、認識、分析するアルゴリズムを備えています。シナリオの例として、セキュリティ、自然なユーザー インターフェイス、画像コンテンツの分析と管理、モバイル アプリ、ロボティクスなどがあります。

Form Recognizer

Azure Form Recognizer は、機械学習テクノロジを使用して、フォーム ドキュメントからテキストや、キーと値のペア、テーブル データを識別して抽出する Cognitive Services です。カスタム モデル、あらかじめ構築されたレシート モデル、Layout API から成ります。

Ink Recognizer

手書きの文字、図形、インク ドキュメントのレイアウトなどのデジタル インク コンテンツを認識できる AI サービス。

Video Indexer

ビデオ ファイルやオーディオ ファイルから、話し言葉、文字テキスト、顔、話し手、有名人、感情、トピック、ブランド、シーンなどのメタデータを自動的に抽出します。

サービス状況
サービス名 Generally Available(GA) Japan Region Release Date
Computer Vision Apr 19, 2017
Custom Vision 東日本 Apr 02, 2019
Face Apr 19, 2017
Form Recognizer Preview 東日本
Ink Recognizer Preview Non-regional
Video Indexer 東日本 Sep 25, 2018

Language分野

構築済みスクリプトで自然言語を処理し、センチメントを評価し、ユーザーの求めるものを認識する方法を学習できるようにします。

Immersive Reader

Immersive Reader は、テキストの読解を補助する機能をアプリケーションに埋め込むための Azure コグニティブ サービスです。あらゆる年齢のユーザーやさまざまな読解力のユーザーに、読み上げや言語翻訳のほか、ハイライト表示やその他のデザイン要素によって注意を引き付ける機能が提供されます。

Language Understanding (LUIS)

自然言語を理解する機能をアプリ、ボット、IoT デバイスに構築する、機械学習ベースのサービス。

QnA Maker

QnA Maker は、既存データに基づいて対話型の Q&A レイヤーを作成する、クラウドベースの API サービスです。このサービスを利用して、FAQ、マニュアル、ドキュメントなどの半構造化コンテンツから質問と回答を抽出し、ナレッジ ベースを構築できます。ナレッジ ベースの QnA からベストな回答を選んで、ユーザーの質問に自動的に回答します。

Text Analytics

Text Analytics API は、未加工のテキストに対して高度な自然言語処理を実行できるクラウドベースのサービスであり、主要な機能として感情分析、キー フレーズ抽出、言語検出、名前付きエンティティの認識の 4 つを備えています。

Translator Text API

60 か国語を超える多言語のユーザー エクスペリエンスを追加し、使用しているハードウェア プラットフォームやオペレーティング システムにかかわらず、テキストからテキストへの言語翻訳を実行できます。 Translator Text API は、機械学習と AI のアルゴリズムをクラウドで提供する Azure の Cognitive Services API コレクションの一部です。この API は、開発プロジェクトですぐに利用できます。

Custom Translator

Custom Translatorでは、独自のビジネスや業界で使用される用語を理解する翻訳システムを構築することができます。

サービス状況
サービス名 Generally Available(GA) Japan Region Release Date
Immersive Reader Preview 東日本
Language Understanding (LUIS) Dec 13, 2017
QnA Maker May 07, 2018
Text Analytics Sep 25, 2017
Translator Text API Non-regional May 16, 2017
Custom Translator ? Dec 04, 2018

Speech分野

音声をテキストに変換し、テキストを自然な音声に変換します。 ある言語を別の言語に翻訳し、話者の認証と認識を可能にします。

Speech Translation

Speech Translator API は、クラウドベースの自動翻訳サービスです。この API を使用することで、開発者は、エンドツーエンドでリアルタイムの音声翻訳を自社のアプリケーションやサービスに追加できます。

Speech to Text

Speech to Text を使用して、さまざまなソースから音声をテキストにすばやく変換します。モデルをカスタマイズして、固有のボキャブラリ、話し方、周囲の雑音など、音声認識の一般的な障壁を克服します。

Text to Speech

Text to Speech を使用して、自然に話すアプリやサービスを構築しましょう。幅広い言語で数十種類の音声を使用できるソリューションを実現できます。音声合成テクノロジの画期的な研究に基づいて構築された Neural Text to Speech 機能で本物のような音声が生成されます。モデルをカスタマイズし、ご自分のソリューションやブランドに合わせて独自の音声を作成できます。

Speaker Recognition

Speaker Recognition API は、話者認証および話者識別の高度な AI アルゴリズムを提供するクラウド ベースの API です。 Speaker Recognition は、話者認証と話者識別の 2 つのカテゴリに分類されます。

サービス状況
サービス名 Generally Available(GA) Japan Region Release Date
Speech Translation Sep 24 2018
Speech to Text Sep 24 2018
Text to Speech Sep 24 2018
Speaker Recognition Preview ×

Decision分野

情報に基づく、効率的な意思決定のためのレコメンデーションを提示するアプリを構築します。

Anomaly Detector

Anomaly Detector API では、機械学習を利用することで、時系列データを監視し、その中の異常を検出できます。 Anomaly Detector API では、産業、シナリオ、データ量に関係なく、データに最適なモデルが自動的に特定され、適用されます。 この API では、時系列データを使用し、異常検出の境界、予想される値、異常となるデータ ポイントが判断されます。

Content Moderator

Azure Content Moderator は、テキスト、画像、ビデオのコンテンツに不快感を与える可能性がある内容、リスクのある内容、その他望ましくない可能性のある内容が含まれているかどうかを確認できるコグニティブ サービスです。

Personalizer

Personalizer とは、クラウドベースの API サービスで、クライアント アプリケーションが各ユーザーに示す最適な "コンテンツ" 項目を 1 つ選択する際に役立ちます。 このサービスでは、コンテンツとコンテキストに関して指定したリアルタイム情報の集合に基づき、最適な項目がコンテンツ項目から選択されます。

サービス状況
サービス名 Generally Available(GA) Japan Region Release Date
Anomaly Detector Preview
Content Moderator Apr 19, 2017
Personalizer × Nov 6, 2019

Knowledge Mining

image.png

ドキュメント、画像、メディアなど、すべてのコンテンツから潜在的な分析情報を見つけ出します。AI 機能が組み込まれたクラウド専用の検索サービスを使って、コンテンツの中のパターンやリレーションシップの発見、センチメントの解釈、キー フレーズの抽出などを行います。

Azure Cognitive Search

Azure Cognitive Search は、あらゆる種類の情報を拡充して関連コンテンツを簡単に特定し、大規模に検索する AI 機能が組み込まれた唯一のクラウド検索サービスです。

サービス状況

サービス名 Generally Available(GA) Japan Region Release Date
Azure Cognitive Search ? May 06, 2019

※ 正確な情報は公式のドキュメントをご参照ください

まとめ

まとめてみると、かなり多くのサービスがあることに驚きました。Microsoft Azureの機械学習系のサービスであれば多くのケースに対応可能なのではないでしょうか。本記事の内容は今後も随時Updateしていき、各サービスの詳細は別途記事にしていきたいと思ってます! (ちなみにRegionの情報とRelease Dateは参考程度に見ていただけますと^^;)

参考