R8g(メモリ最適化), AWS Graviton 4を搭載したEC2インスタンスがリリースされました

R8g(メモリ最適化), AWS Graviton 4を搭載したEC2インスタンスがリリースされました

AWS re:Invent 2023で発表され、プレビュー提供だった Graviton4搭載の新メモリ最適化インスタンス「R8g」が4リージョンで利用可能になりました
Clock Icon2024.07.09 20:53

2023年11月、re:Invent2023で発表、最新世代のGraviton4プロセッサーを搭載する、
メモリ最適化インスタンスの「R8g」が、バージニア、オハイオ、オレゴン、フランクフルトの4リージョンで利用可能になりました。

今回、オレゴンリージョンで r8g インスタンスの起動を試す機会がありましたので、紹介させていただきます。

https://aws.amazon.com/jp/ec2/instance-types/r8g/

https://dev.classmethod.jp/articles/graviton4-r8g-instance-preview/

lscpu

Amazon Linux 2023 のAMI を利用して、「r8g.medium」のEC2インスタンスを起動。
lscpuを実行しました。

sh-5.2$ lscpu
Architecture:             aarch64
  CPU op-mode(s):         64-bit
  Byte Order:             Little Endian
CPU(s):                   1
  On-line CPU(s) list:    0
Vendor ID:                ARM
  Model:                  1
  Thread(s) per core:     1
  Core(s) per socket:     1
  Socket(s):              1
  Stepping:               r0p1
  BogoMIPS:               2000.00
  Flags:                  fp asimd evtstrm aes pmull sha1 sha2 crc32 atomics fphp asimdhp cpuid asimdrdm jscvt fcma lrcpc dcpop sha3 asimddp sha512 sve asimdfhm dit uscat ilrcpc flagm ssbs sb paca pacg dcpodp sve2 sveaes sv
                          epmull svebitperm svesha3 flagm2 frint svei8mm svebf16 i8mm bf16 dgh rng bti
Caches (sum of all):
  L1d:                    64 KiB (1 instance)
  L1i:                    64 KiB (1 instance)
  L2:                     2 MiB (1 instance)
  L3:                     36 MiB (1 instance)
NUMA:
  NUMA node(s):           1
  NUMA node0 CPU(s):      0
Vulnerabilities:
  Gather data sampling:   Not affected
  Itlb multihit:          Not affected
  L1tf:                   Not affected
  Mds:                    Not affected
  Meltdown:               Not affected
  Mmio stale data:        Not affected
  Reg file data sampling: Not affected
  Retbleed:               Not affected
  Spec rstack overflow:   Not affected
  Spec store bypass:      Mitigation; Speculative Store Bypass disabled via prctl
  Spectre v1:             Mitigation; __user pointer sanitization
  Spectre v2:             Not affected
  Srbds:                  Not affected
  Tsx async abort:        Not affected
  • Graviton3世代のCPUと比較して、L2 cache が1024K → 2MiB に強化されていました。

料金比較

R8g と、 R7g インスタンスのオンデマンド料金を比較しました。

インスタンスタイプ vCPU メモリ (GiB) ネットワークパフォーマンス オンデマンド料金 インスタンスタイプ オンデマンド料金
r8g.medium 1 8 Up to 12.5 Gigabit $0.0589 r7g.medium $0.0536
r8g.large 2 16 Up to 12.5 Gigabit $0.1178 r7g.large $0.1071
r8g.xlarge 4 32 Up to 12.5 Gigabit $0.2356 r7g.xlarge $0.2142
r8g.2xlarge 8 64 Up to 15 Gigabit $0.4713 r7g.2xlarge $0.4284
r8g.4xlarge 16 128 Up to 15 Gigabit $0.9426 r7g.4xlarge $0.8568
r8g.8xlarge 32 256 15 Gigabit $1.8851 r7g.8xlarge $1.7136
r8g.12xlarge 48 384 22.5 Gigabit $2.8277 r7g.12xlarge $2.5704
r8g.16xlarge 64 512 30 Gigabit $3.7702 r7g.16xlarge $3.4272
r8g.24xlarge 96 768 40 Gigabit $5.6554
r8g.48xlarge 192 1536 50 Gigabit $11.3107
r8g.metal-24xl 96 768 40 Gigabit $5.6554
r8g.metal-48xl 192 1536 50 Gigabit $11.3107

※オンデマンド料金は北米、Linux価格(1時間)

  • 最大スペック は r7g.16xlargeから、 r8g.48xlarge に強化。 CPUコアは最大192、メモリは最大1536GiBまで利用可能になりました。

  • オンデマンド料金、R8gは、同等スペックのR7gと比較して 約10%高額な設定でした。

まとめ

AWSのリリースによると、最新のGraviton4は、Graviton3に比べて最大30%の計算性能が向上し、メモリ帯域の強化され、費用対効果に優れた利用ができるCPUとされています。

より進化を遂げた Graviton4を搭載した R8gインスタンスの性能については、追って確認を試みたいと思いますが、ARMアーキテクチャで稼働可能なワークロードがあれば、ぜひその性能をお確かめください。

この記事をシェアする

facebook logohatena logotwitter logo

© Classmethod, Inc. All rights reserved.