RDS for Oracle 18c の End of Support Timeline が発表されました

RDS for Oracle 18c のサポートが 2021/6/8 で終了します。現在、利用しているユーザはどういった対応をする必要があるのか、まとめてみました。
2020.06.29

こんにちは、崔です。

先日、RDS for Oracle 11g のサポート終了 についてお知らせしましたが、18cについても、2020/6/28に AWS Forums でアナウンスがありましたので、まとめてみました。

Amazon RDS for Oracle - End of Support Timeline for 18c Major Versions

TL;DR

  • サポート終了日 2021/6/8 までに手動でアップグレードする
  • 期間内に手動アップグレードしない場合、サポート終了後のメンテナンスウィンドウ内で自動アップグレードされる
  • サポート終了後は、18cのスナップショットからリストアしても19cにアップグレードされる
  • サポート終了の前後3か月で、スナップショットをメジャーバージョンアップグレード可能

サポート終了について

まず、現在の Oracle Database のリリーススケジュールは下記リンクから確認可能です。

各バージョンのサポート終了日は次のとおりです。こちらは前回と変わりありません。

メジャーバージョン プレミアサポートもしくは
延長サポート終了日
11.2.0.4 2020/12/31
12.1.0.2 2022/7/31
12.2.0.1 2022/3/31(限定的なエラー修正)
18c 2021/6/8
19c 2027/4/30

RDS for Oracle 18c は、2021/6/8でサポートが終了され、19cへのアップグレードが必要となります。
(どうしても 19c にアップグレードできない場合は、DMSもしくは論理レプリケーションを行い、18cよりもサポート期間の長い 12.1.0.2 もしくは、 12.2.0.1 にダウングレードすることも検討して下さい。)
では、サポートが終了する場合、どのような対応が必要か、AWS Forumsで案内された内容をベースに、確認していきます。

RDS for Oracle 18c について

インスタンスについて

RDS for Oracle 18c は、2021/6/8 でサポート終了となります。
2021/3/1以降、RDS for Oracle 18c では、License Include(以下、LI)のSE2、BYOL のSE2 , EE 共に新規のRDSインスタンスの作成が出来なくなります。

バージョン サポート終了日 新規作成不可
18c 2021/6/8 2021/3/1 〜

また、既存のインスタンスは、サポートが終了するまでに手動でアップグレードする必要があります。
期間内にアップグレードしなかった場合は、それ以降の期間のメンテナンスウィンドウ内で、自動で 19c にアップグレードされます。
18c SE2は19c SE2に、18c EEは19c EEにアップグレードされます。

バージョン 手動アップグレード期間 自動アップグレード期間
18c 〜 2021/6/7 2021/6/8 〜

スナップショットについて

次に、スナップショットの取り扱いを確認します。
サポート終了日以降に、スナップショットまたはPITRからリストアした場合、自動的に19cにアップグレードされます。
サポート終了から約3か月経過となる2021/9/1からは、スナップショットからは戻せなくなります。

また、サポート終了の前後3か月間で、取得済みのスナップショットのメジャーバージョンをアップグレード可能となるようです。

サポート終了日 スナップショットからリストア後に
19cへ自動アップグレードされる期間
スナップショット自体のメジャー
バージョンアップグレード期間
2021/6/8 2021/6/8 〜 2021/8/31 2021/3/1 〜 2021/8/31

さいごに

サポート終了すると、稼働しているインスタンスはメンテナンスウィンドウ内でアップグレードされます。
また、スナップショットからのリストアも自動アップグレードされます。
可能な限り、事前にテストを実施して、手動アップグレードでの対応をおすすめします。

また、18cから19cへのアップグレードの場合は、11gからアップグレードする場合のように、Standard Edition 内で違いがある(SE1/SE/SE2)ということが無いため、非常にシンプルです。
稼働可能なインスタンスがアップグレード前後で違うということも、同一エディションでアップグレードされるため、気にする必要がありません。
時間に余裕のあるうちに、移行計画を立てていきましょう。