[レポート] DVC203 – AWS 認定資格トレーニングによってクラウド導入を加速する #reinvent

re:Invent 2018 のセッション DVC203 - ProTips for Scaling AWS Training to Accelerate Adoption ( AWS 認定資格トレーニングによってクラウド導入を加速する : 意訳 )のレポートです。
2018.12.31

こんにちは。池田です。本記事は現地時間2018/11/26-30で行われた re:Invent 2018 のセッション DVC203 - ProTips for Scaling AWS Training to Accelerate Adoption ( AWS 認定資格トレーニングによってクラウド導入を加速する : 意訳 )のレポートです。

概要

This session is part of re:Invent Developer Community Day, a series led by AWS enthusiasts who share first-hand, technical insights on trending topics.

動画・資料

セッション資料は以下に公開されています。
動画YouTube

登壇者

Drew Firment - SVP Strategic Partnerships, A Cloud Guru

はじめに

最初はこのセッションタイトルの適切な日本語表現が思いつかなかったのですが、企業における AWS に関する技術( 主に AWS 認定試験 )の教育プログラム導入によるクラウドへの変革を促進する方法に関する内容でしたので、ご紹介したいと思います。

Increasingly we’re focusing on cloud computing and building the underlying capabilities such that product development will be faster and faster and more effective.
Richard Fairbank CEO, Capital One

多くの米国企業 CIO がクラウド戦略を優先している中、企業内の状況は以下のような状況ということです。

We have a strategic imperative for a pretty dramatic transformation of our technology capabilities as a company. The hardest part of that transition is really a talent transformation.
Rob Alexander Capital One, CIO

つまり、企業としての戦略を進めていくにはまだまだ AWS の専門知識を持ったエンジニアが足りていないと感じられているようです。

Is Cloud Training Worth The Effort and Investment?

  • Comprehensively trained organizations are
  • 3.7x more likely to overcome IT governance concerns
  • 3.8x more likely to meet the ROI requirements
    • Return On Investment 投資利益率
  • 4.4x more likely to overcome performance concerns
  • 1.8x more likely to resolve security concerns
  • 14x more likely to overcome operational control concerns

There's no way through this problem other than education, and we have a long way to go.
Marc Andreessen Why Software Is Eating the World

What Can You Do?

  • 1 The power of many
    • Create a common language
    • The power of critical mass
    • Committed change agents
  • 2 The power of one
    • Learning teams
    • Common cadence
    • Outcome-based learning
  • 3 The power of we
    • Pay IT forward
    • Visibility & accountability
    • Diversity & inclusion

The Power of Many

クラウドは文化であり、AWS は共通言語であるとして、Werner Vogels CTO of Amazon の言葉が紹介されています。

You have to be a digital native company if you want to attract digital natives.

AWS 認定の価値について、以下のメリットが挙げられています。

  • Provides a high bar
  • Is a strong indicator of cloud fluency
  • Demonstrates core knowledge
  • Indicates demonstrable level of skills
  • Establishes a common foundation
  • Is highly regarded in the industry

What is an AWS Expert? として上記グラフによる解説がありますが、「私はエキスパートです」と言ってるうちはまだ本当のエキスパートではないよ。本当のエキスパートは「知るべきことがまだ沢山ある」ということを理解している人のことだよ。ということを示していますね。自分がどこに位置するのか謙虚に向き合っておきたいと思います。

真のエキスパートを育成し、企業がクラウド戦略を推進していくにはどうすれば良いのでしょうか。その問いに対する答えの1つが次に紹介されています。

When a committed fraction grows beyond the critical value of 10%
There is a dramatic decrease in the time for the entire population to adopt the committed opinion

2011年に科学者たちによって発見された「転換点」の原理はつまり、真のエキスパートが一定数を超えたころから、企業は急速な成長期を迎える。ということかと思います。

この「転換点 = Chasm 」を超えるべく、Capital One は教育に投資し、結果として米国内で最大級の AWS 認定デベロッパーの1つとなっています。

A full 2 percent of all AWS certified developers work at Capital One

The Power of One

Create a common experience with a common cadence

ここでは同じ歩調で共通の経験を積んでいくために Verizon が作成したブートキャンプの紹介がされています。

Verizon set a goal to have 10% of our engineers certified to position the organization for the transformation.
I am proud to say that as of today, over 2,000 AWS certifications are held by 1600+ of our engineers.
Mahmoud El Assir Verizon, SVP and CTO

Create a growth mindset 「結果ベースでの学習は AWS の学習を進める上で不可欠である」として、いくつかの事例が紹介されています。

AWS IoT ボタンを押すことで愛する娘にメッセージ( A love note )を送信する仕組み。日本人的には少々気恥ずかしいですが、素敵なアイデアだと感じました。他に AWS IoT ボタンによって SOS メッセージを送信する例や Alexa スキルの例もありました。

So much creative, and highly relevant innovate use is happening if there are simple building blocks with no gatekeepers to tell what you can and cannot do. Very cool solution.
Werner Vogels CTO of Amazon

こういった学習経験を通じて技術や知識を深め、本当のエキスパートに近づいていくということかと感じました。

The power of We

When I was standing at a town hall meeting recognizing and rewarding the engineers who had progressed, thanks to certification, one of the sharper sparks in the audience spoke up loudly.
If you believe so passionately in certification, when will you take the exam?
Jonathan Allen Past: Capital One, CTO UK Current: AWS, EMEA Enterprise Strategy

ここでは We 我々に出来ることがいくつか紹介されています。

The Cloud of Fame creates visibility and accountability for committed change agents within your organization

誰かのメンターになること、責任を持つことの他にグループごとに AWS 認定資格取得者の割合をグラフ化するなどの、モチベーションに対する取り組みも紹介されています。

Is Your Cloud of Fame Diverse and Inclusive?

“Welcome to the the re:Invent AWS Certification Lounge! We’re so glad to have another certified woman in the ranks — there are so few of you!”
“I’m not a woman engineer, I’m an engineer.”
Anne-Jeanette Peterson Capital One, Lead Software Engineer

Have Fun!

Anne-Jeanette took a happy-hour break while pushing a machine learning model to train the neural network of her autonomous car
You can drink and autonomously drive

確かに、機会学習などをシステムにさせている間は待ち時間が発生しますし、こんなイベントがあったら参加しないわけにいかないですね(完全に見落としてました。残念...)。

What Can You Do?

You can either be a passive victim of circumstance or you can be the active hero of your own life.
Bradley Whitford Actor

何が出来るか。という問いかけに俳優 Bradley Whitford の言葉とともに次のスライドで本セッションは締めくくられています。

  • The power of many は Engage your community
  • The power of one は Educate at scale
  • The power of we は Evolve a growth mindset

おわりに

試験勉強といえば一人で部屋にこもってやるものというイメージがありますが、組織やチームで取り組む、楽しみながら取り組むといった視点は技術要素を学んでいく上でとても良いアプローチだと改めて感じました。その結果、企業もクラウドの導入戦略が加速できればそこで働くエンジニアも、その企業の顧客もより幸せになれますし。振り返れば、技術コミュニティでの勉強会は確かに楽しみながら知らなかったことを学んだり、理解を深めたりすることが出来る場面が多かったです。クラスメソッドでも AWS 認定試験の取得は、お客様に安心して仕事をお任せいただいたり、より適切、ハイレベルな業務を遂行する上で必要不可欠な要素となっていますが、このセッションで取り上げられた仕組みや環境と同一ではないにしても、先輩や同僚が教えてくれますし時には社内セミナーも開催され、多くのエンジニアが切磋琢磨しています。また、そうして得た知識や技術はどんどんブログでアウトプットしています。

おまけ

AWS をガンガン活用してお客様のビジネスへ貢献したい、もっとどっぷり AWS の世界に飛び込みたい。でも、技術を磨く仲間も欲しい!という方はぜひクラスメソッド会社説明会へお越しください。お待ちしています!

【1/18(金) 東京】クラスメソッドの会社説明会を開催します〜札幌・上越・大阪・福岡・那覇からリモート参加もOK〜