話題の記事

新サービスAWS App Runnerがローンチされたので試してみた

2021.05.19

はい、どーも!CX事業本部の吉田です。

新サービスApp Runner

新サービスApp Runnerがローンチされましたね。

App Runnerはざっくり言うと、コンテナ化したWebアプリを簡単にデプロイできるサービス。ロードバランサやAuto Scaling、果てはソースコードリポジトリと連携したパイプラインの仕組みまで、フルマネージドで提供するサービスだそうです!

早速やってみる

それでは早速やってみましょう。簡単に試してみるためECRのパブリックリポジトリにあるnginx公式のイメージをデプロイしてみます。

AWS管理コンソールからApp Runnerに行き、Create serviceボタンからサービスを作成します。そして、以下のように設定します。

ProviderはAmazon ECR Publicを選択し、Container image URIにはnginxのイメージのURIを指定しておきます。

因みに、ここにはコンテナイメージからだけではなく、ソースコードからデプロイする方法もあるようです。 興味ある方はこちらの記事が参考になりそうです。

Nextボタンで次のページに行きましょう。

Service nameには任意のサービス名を設定できるので、わかりやすいようnginxを指定。 Portには80番ポートを指定します。因みにこのポートはヘルスチェックでも使用されるようですね。

下の方にはAuto Scalingの設定などがあるようです。

そしてNextボタンを押し、次のページでCreate&deployボタンでサービスをデプロイします!

サービスが起動するまで2~3分程度かかりますが、以下のようにStatusがRunningになっていればサービスが正しく起動しています。

さっそく上記のDefault domainにアクセスしてみましょう。以下のようにnginxのwelcomeページが表示されれば、成功です!

まとめ

通常のWebサービスなどであればVPCなどのリソースを作成したりする必要がありますが、App Runnerではそれを意識する必要がないというのも、重要なポイントではないかと思います!

実際にWebサービスなどを運用する場合でも、十分に使えそうな感じがしますね。

ぜひ、実戦投入してみたいです!