2021年に備えてリモートワーク下固定費見直しを検討した結果MoneyForwardでんきに申し込んでみた

リモートワーク下での固定費削減を検討し、電気代の料金プランについて比較した結果MoneyForwardでんきに変更してみました。ただし、電気代そのものというよりはMoneyForwardのプレミアムプラン費削減が主になります。
2020.12.28

はじめに

年末年始ということで、家計簿を振り返りながら無駄な固定費が発生していないか、安く抑えても問題のない支出はないかと確認している日々です。今年はコロナ禍によるリモートワーク特化ということもあって、特に電気代については年中気になっていました。

そんな中、今年11月辺りにMoneyFormardから固定費削減を狙って「MoneyForward でんき」が登場しました。一般的な利用費(従量電灯B)から3%オフしつつのMoneyForwardプレミアム会員費無料ということで、電気自由化に無頓着だった私ですら「これは費用が抑えられそう」と実感。電気代というよりもMoneyForwardのプラン料金が主ではありますが。

申し込み後、手続きが完了してクーポンも届きました。検討している人が恐らく気になる、実際の手続きや掛かった日数についてまとめてみました。

注意事項

前提として、一括受電の環境では申込みできません。戸数の多いマンションにお住まいの場合は該当する可能性があります。

MoneyForwardでんきへの申し込み

手続きはスマートフォン上で完結させることができます。事前に検針票クレジットカードを用意しておきましょう。ペーパーレスでのWeb検針票にしている場合は別タブ等で開いておきます。

  1. フォームから申し込みを行う
  2. シン・エナジーの仮登録完了及び申込み手続きメールが届く
  3. シン・エナジー低圧電気申し込み受け付けの自動送信メールが届く
  4. シン・エナジー低圧電気申し込み受け付け確認メールが届く
  5. シン・エナジー低圧電気契約成立メールが届く
  6. クーポンコードのメールが届く

シン・エナジーのメールはregist_per@symenergy.co.jpから届きます。仮登録完了後の申し込み手続き期限は2週間です。クーポン送付までの日数は以下の通り。年末年始などを除くと大体10日で完了する流れのようです。

過程 日数
申し込み 即日
申し込み確認 2日
契約成立 7日
クーポンコード送付 1日

既にプレミアムプランが有効な場合は、プラン期間終了後にクーポンコードを利用します。クーポンコードの入力は以下のフォームから行います。

プラン期間中は以下の表示がでて、コード入力は出来なくなっています。

あとがき

URLに電気代を入れるために辞書を引いてみたところ、electric bill。英語圏で生活していないこともあり聞き慣れない感じがあります。

電気のプランには、単純にポイントが沢山発行されるものから、MoneyForwardやSony Interactive Entertainmentのように提供サービスが無料になるタイプのプランが存在します。

この一年に支払った電気代を振り返ってみて、特典も合わせてよりお得になる形で固定費の検討を行うのも手かもしれません。

参考リンク