M1 MacBook AirでSSP for Mac Catalinaを試してみた

久しく触っていなかったSSPをM1 MacBook Airで試してみました。
2022.05.11

学生時代にWindowsのデスクトップにてマスコットキャラクターを動作できるアプリケーションを使っていたことがありました。最近はMacを使っていることもあってか疎かったのですが、TwitterにてVtuberの方が当時のデスクトップアクセサリを見つけて驚いていたのを見かけて、「今も更新されてるのならWine辺りで対応したパッケージとか出てるかもしれない」と試してみました。

一応動きました。が、Wineベースなこともあり追加作業が色々と必要です。あれこれやってみたいとは思いつつもまずは基礎設定から始めてみました。

インストール

細かいことを書き出すと大変長くなるため、今回はバンドルパッケージともいえるSSP For Mac 10.15 Catalinaをベースで進めます。

SSP公式サイトで配布されているのはWindows版です。ご注意。

ダウンロードしたアーカイブを開き、アプリケーションフォルダにコピーします。


sspMascatを開くと警告がでるため、「システム環境設定」から「セキュリティとプライバシー」を開き、sspMascatを開きます。


すると、かつて見慣れた光景がデスクトップにでてくるはずです。

問題の対処

最低限必要なこととして以下2点があります。

  • フォントのインストール
  • 音声ライブラリのインストール

これは配布元にて「8.フォントのインストール」以降の項目で触れられているため、それに沿って作業しておきましょう。

あとがき

ブラウザ等はデフォルトのものが利用されるため、基本はInternetExplorerになります。アドオン等の点で気になる人はフォント等と同じくWineskinからfirefoxを導入し、シェルのブラウザ設定にfirefoxのパスを指定しておきましょう。